「goo」の広報ブログ「gooの音」

「goo」広報担当が、みなさんにとっておき情報をお伝えしていきます!

【社員紹介企画Vol.30】NTTレゾナント“心おどる仕事人”を紹介します!

2017-06-29 | ★gooの中の人、紹介します

NTTレゾナント 広報担当の小倉です。

心おどる未来へ向けて活躍する、NTTレゾナント社員を紹介する企画、第30回目をお届けします!

 

メディア事業部 ポータルサービス部門モバイルマーケティング担当 佐藤 貴之

「知る」ことで想いや“愛”着は深くなる

~経歴~ 

2010年にNTTコミュニケーションズに入社 
西日本営業本部(大阪)にて法人営業として金融系やメーカーに対し音声やNWを販売
2012年にNTTレゾナントに転籍
ディストリ担当として検索をはじめとしたgoo顧客接点拡大営業に携わる
2015年モバイルマーケティング担当としてNTTコムモバイルサービスの営業支援を実施
2017年シムセラーチームに配属となりシムセラーサイトの店舗運営業務を担当 

Q.仕事内容を教えてください。

gooSimsellerの店舗運営業務を担当しています。

具体的にはスマホなど端末の仕入れから、各店舗(本店楽天店yahoo!店Amazon店)のユーザーにあったスペック、価格や発売日などを企画し、販売までの実店舗の運営です。私は主にAmazon店をメインで担当しています。

---店舗によって客層、品揃えなどの違いはあるのですか?

違いはありますね。価格調整やセール時期などもそれぞれの店舗によってチューニングしていますが、大前提はこれまでのユーザーの傾向を分析しながら“人気がでるか”という予測を立てることです。

4月は多くのメーカーから提案を受けたので、そこからどのメーカーを採用するか、何の機種をどの時期にリリースするかを検討するのがとても大変ですが、毎日が刺激的です!充実しています。

Q.仕事をする上で心かげていることはなんですか?

これまでは法人営業を担当していたので、目の前にいるお客さまの要望を第一に考えてきました。しかし今はお客さまとさらにその先のエンドユーザーを意識することになりました。

もっと言えば、この端末を売ったら、この企画を打ち出したら世間一般がどう思うだろうかと考えるようになりました。自社の利益や、お客さまのその先を頭に置きながら、メーカーと交渉したり動いたりするようになりましたね。そういった意味では、見るべきもの、視野が広がってきたと思います。

Q.今まで取り組んできた仕事の中で特に大変だったことはどんなことですか?

メーカーから提案されてから仕入数、価格、リリース日、リリースキャンペーンなど、いろいろ検討しながら無事にリリースできたときはやりがいを感じましたね。ひとつひとつの要素が関係してくるので、それが合致したときは面白さを感じます。

HUAWEI P10 lite」のリリースでは、メディアにも取り上げていただき手応えを感じました。
4月から新担当となり、これまでとは違う“スピード感”を日々実感しています。
法人営業だと、1案件にじっくり、しっかり提案しますが、C向けになると「今すぐこれを変えよう!」「急いで500個発注かけて!」など秒単位で変わる日常にびっくりしています。Amazon店の売れ行きも好調で、すぐ在庫切れになってしまったり、逆に手を加えないとずっと動きがないまま止まってしまったりと、Amazonというサービスの動きが早すぎて必死に食らいついている感じです。

Q.ご自身の強み、弱み(長所・短所)を教えてください

昔から「行動力」は意識しています。何かあったときにすぐ動き、アクションを起こすことは意識しています。逆にこれからの課題は「交渉力」だと感じています。

Q.これから実現してみたいこと、さらに取り組んでいきたいと考えていることはどんなことですか?

gooSimsellerを日本一のセラーにすることです!
これまでの店舗運営でノウハウは蓄積してきているので、さらに強化し「格安スマホを買うならgooSimseller」って言われるくらい“gooSimseller”のブランドを確立させたいです。 

Q.休日の過ごし方、趣味や今はまっているものを教えてください

結婚してからは引越しや生活用品の買出しなどで妻と買い物にでかけることが多いですね。来月は子どもも生まれるので出産準備でバタバタしています。

学生時代は小・中・高校と剣道を、大学でバレーボールサークルに入部していました。今でもたまに集まってバレーボールをやっています。また、観戦で言えば高校野球を見るのが好きですね。甲子園球場まで行って応援しています。あの雰囲気、熱い試合や数々のドラマなど、応援したくなりますね!

Q.お仕事以外の「実は○○やってます!」を教えてください

山形県出身なので、「花笠まつり」に参加して、山形民謡の花笠音頭を踊ります!
小学校時代の恩師に誘われて、女優の渡辺えりさんが作ったチームに入らせてもらったことがきっかけで、これまで4回ほどパレードに参加しました。山形市のメインストリートを舞台に練り歩くと気持ちいいですよ。

-------

「心おどる仕事人」ではレゾナントビジョン“私たちは、心おどる未来をクリエイトするネット企業、日本代表となる。”を体現する社員を紹介しています。


  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

Twitterキャンペーンスタート!

2017-06-19 | ★gooからのお知らせ

みなさん、こんにちは!NTTレゾナント広報担当小倉です。

goo公式Twitterでは本日より『フォロー&RT(リツイート)キャンペーン』を実施します

 

 

gooサンクスチームをフォローして、対象ツイートをRT(リツイート)してくださった方の中から抽選で10名様に「gooオリジナルスープジャー」をプレゼントいたします。

 

キャンペーン期間

2017年6月19日(月)~6月25日(日)

応募方法

1. @goo_thanksをフォロー

2. 対象ツイートをRT

詳しくはこちらをご確認ください。

これから暑い夏の時期に、キンキンに冷えたお出汁や麺つゆをスープジャーに入れれば、オフィスや外出先でも美味しい冷やし中華やツルッとしたどごしの良いおそばが食べられます!

クーラーで冷えた身体には夏野菜たっぷりの温スープも合いますね
かわいいメグたんデザインのスープジャーをぜひゲットしてください。ご参加お待ちしています

 

 


  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

【社員紹介企画Vol.29】NTTレゾナント“心おどる仕事人”を紹介します!

2017-06-15 | ★gooの中の人、紹介します

NTTレゾナント 広報担当の小倉です。

心おどる未来へ向けて活躍する、NTTレゾナント社員を紹介する企画、第29回目をお届けします!

メディア事業部 ポータルサービス部門モバイルマーケティング担当 山岸貴道

“創り”だすためには 情報の質と量が重要

 

~経歴~ 
1997年 日本電信電話株式会社に入社

2000年 NTT-Xイーキューブカンパニーに異動しeラーニング事業のセールスマーケティング担当
2004年 NTTレゾナントで人材コンサルティング事業の立ち上げ、サービス企画担当
2011年 NTTラーニングシステムズに出向、営業企画、自社の営業改革に従事
2016年 NTTレゾナントメディア事業部ポータルサービス部門モバイルマーケティング担当(現職)

 

Q.仕事内容を教えてください。また仕事をする上で心がけていることはなんですか?
NTT Comモバイルサービス(SIM)の営業支援です。具体的には、中堅中小マーケットでの「IoT」や「M2M」向けのマーケティング及び新規開拓のサポートをしております。ターゲット選定から始まりマーケティング、アポイント、そして実際に訪問してSIMを提案しています。ただSIMの話だけをするのではなく、例えばクラウドや端末の話など、あらゆる切り口からお客様の課題やニーズを汲み取り、販売につなぐことが私の任務です。

 

そしてもうひとつは、そこで接点があるお客さまとレゾナントの各サービスをつなげることです。たとえばgooのスマホやIoTチームと連携して企画提案などを行っています。

 

----一番多いアポイント方法って、テレアポですか?
いろいろ試した結果、今はウェブサイトの問合せフォームからアポイントをとることが一番効果的です。問合せの文面が変わるだけでアポイント獲得数が大きく変わってきます。「この文章で○○件アポイントとれたよ」などチームのみんなで情報共有しています。ファーストコンタクトでどれだけ気を引いてもらえるかが重要になってきます。今年はターゲットの業界に合わせたセミナー開催にもチャレンジしたいと考えています。

 

Q.仕事をする上で心かげていることはなんですか?
“仕事”である以上は“結果をだす”こと。成果をだすことは常に意識しています。
そして何よりも“メンバーと一体感のある仕事で成果を出す”ことを心がけています。一体感があるとたくさんの楽しさ、より高いやりがいを感じることができます。ひとりでは成し得ることができないこともメンバーと一緒なら出来る気がします。

 

また、創りだすことも重要だと考えています。創ることをあきらめたら何事も衰退するだけですから。
営業目線の「創」は、「お客さまと会う」ことです。外部の人と直接会って話しを聞くことから始まります。いくら机上で考えていてもいざ会って話したら予想外の展開になることなんてたくさんありますからね。創りだすためには情報の“質と量”が重要になると思います。

 

Q.今まで取り組んできた仕事の中で特に大変だったことはどんなことですか?
やはりお客さまのアポイントを取ることですね、新規開拓営業なので。

これまでの営業経験から自分なりの“法則”はあるのですが、それが当たらないときは不安になりますね。しかし、そういったときだからこそ“課題解決”が大切になると思っています。「何が悪かったのか」「どうしてアポイントが取れないのか」など課題をしっかり見極めて次の策を考えるようにしています。また、心強いチームメンバーの助けにも救われています。

 

Q.ご自身の強み、弱み(長所・短所)を教えてください
強みは「提案力」でしょうか。特に経験が長い法人営業は強みだと思います。

これまでの営業スタイルを例えるなら、20代は“戦闘”です。若さもあり、いろんなところに出向き開拓する力を鍛えました。30代になるとチームリーダーとしての役割も担うので“戦術”面を磨いてきました。そして40代になった今はこれまでの経験を生かした“戦略”や“企画”を強化しています。ですので、短所はこれからもっと強化していきたい“戦略”と“企画力”です。

 

Q.休日の過ごし方、趣味や今はまっているものを教えてください
パパ業です!先月下の子が生まれたばかりなので妻が赤ちゃんに付いているときは私が小1になった息子をプールに連れていったり、公園で遊ばせたりしています。

最近自転車が乗れるようになったので、少しだけ遠くまでお散歩できるようになりましたね。子供と共通の趣味を持ちたいなと思っていて、ロードバイクなんかがいいかなぁって考えています。 

 

Q.座右の銘、好きな言葉を教えてください
大隈重信の人生訓である「長生五カ条」に“望みを将来に置け”という名言があります。
結果がでないとき、うまくいかないときなどにこの言葉を思い出します。やり続けて前に進めばいずれ突破できるという強さを感じる言葉です。

もうひとつ、ファーストリテイリング社長柳井正氏が「一勝九敗」という本を出版しています。
一勝九敗だからこそ、ひとつの成功に深みがあり、次につながる大きなパワーが生まれるという思いが込められているそうです。ここ一番の成功は、これまでの失敗の上にあるということであり、それを励みにしています。

 

------- 

「心おどる仕事人」ではレゾナントビジョン“私たちは、心おどる未来をクリエイトするネット企業、日本代表となる。”を体現する社員を紹介しています。



  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする