「goo」の広報ブログ「gooの音」

「goo」広報担当が、みなさんにとっておき情報をお伝えしていきます!

【社員紹介企画Vol.16】NTTレゾナント“心おどる仕事人”を紹介します!

2016-06-21 | ★gooの中の人、紹介します

NTTレゾナント 広報担当の小倉です。

心おどる未来へ向けて活躍する、NTTレゾナント社員を紹介する企画、第16回目をお届けします!

 

【社員インタビュー企画 心おどる仕事人 vol.16】

メディア事業部 広告営業部門 
事業計画担当 新宅真妃

 

周りの「愛」に支えられていることを感謝しながら 
今できることを 私らしく取り組んでいきたい

 

~経歴~ 

1996年NTT(現在のNTT東日本)入社
神奈川支店法人営業部SE担当にて、社内外サーバ構築、新規ビジネスの立ち上げに携わる。

2001年にNTT-BB(レゾナントの前身)に転籍
動画配信サービスBROBAの立ち上げを経て、メディア事業部コマース部門、広告営業部門の事業計画に携わる。

 

Q.仕事の内容、心がけていることやモットーを教えてください。

インターネット広告営業の事業計画や戦略立案、総括としての業務をおこなっています。

gooのサイト上に掲載する広告は、gooに訪れたユーザーのPV数に応じて広告リクエスト数
(インプレッション数)が決まり広告収入が入る仕組みなので、広告収入は全社サービスに
関連すると言っても過言ではありません。
営業販売手法や商材別など、収益形態ごとに数字を可視化し、60種類以上あるサービスに
振り分ける業務を担当しています。

数字を可視化するとき、いかに正確に、どういう指標で表せば受け取り側にわかりやすく
届けられるかに重きを置いています。経営者には全体を俯瞰でみられるようなマクロ的な数字を、
各サービス側へ報告する実績はよりミクロな数字に落とし込むように心がけています。
分析結果によって広告営業部隊はお客様へのより良い提案創りに、サービス担当はユーザーに
より楽しんでもらえるコンテンツ創りに役立てもらえることがやりがいにもつながります。

 

Q.チームの雰囲気やメンバーはどんな人たちですか?

人の懐にスッと入っていけるような、とても明るいメンバーばかりです。
いろんな経験値をもってレゾに転職してきた方も多いので、営業のプロとして意識が高いです。
私が所属しているチームは、バックヤード業務を全部まとめたチームで新しい広告開発や
広告配信技術などそれぞれの道のプロ。「知」のプロの集合体です。
営業のプロと、バックヤードのプロ集団がうまくコントロールしている集団です!

 

Q. 今まで取り組んできた仕事の中で特に大変だったことはどんなことですか?

現在の広告営業部門に異動した当初はとても大変でした。
以前の部門とはビジネスモデルがまったく違うので、まず会議にでてもアルファベット3文字の
意味すらわからず会話についていけませんでした・・・。ちょうど長女の中学受験も重なるタイミング
だったので“仕事と家庭の両立”という意味でも「しんどいな・・・」と思ってしまうこともありましたが、
家族(特に旦那さん)の支えや職場の理解があって乗り越えてこられたと思っています。

自分もそうなのですが、特に女性は100%を求めすぎるところがある気がします。

誰から見ても、仕事と家庭の2つをやっていることはあきらかなので、両方で100%以上の
力が発揮している自分を素直に認めてあげないと両立はできないと思っています。
人によって考え方は違うので全ての人に認めてもらうことはできませんが、
せめて自分自身には褒めてあげたいと思っています。

 

Q.これから実現してみたいことは何ですか?

女性のライフワークについて悩んでいる人に、自分の経験が少しでも役に立てられたらと
思っています。結婚、出産、産休、復職など漠然とした不安を抱えている人がいるのであれば、
それを取り除けられる役割になれたらと思います。
私は、産休から復帰するとき、とりあえず今できることをやってみようと思って復帰しました。
「ずっと続けられるか、仕事と家庭の両立はできるか・・・などと身構えなくても大丈夫だよ」と
見せられるような人になりたいです。

 

Q.休日の過ごし方、趣味や今はまっているものを教えてください

最近の週末は、もっぱら中学受験を控えた息子の勉強を見ることが多いです。
解けなかった問題を付箋に書いてペタペタ貼ってくれているので、帰宅後や週末に解いて教えています。
受験前は家族みんなスポーツが趣味なので家族4人でテニスやゴルフをしによく出かけていました。
旅行先でも国内・国外問わず家族でスポーツをするので、落ち着いたらまたみんなで汗を流したいと思っています!

 


  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

「gooアンバサダー 教えて!goo QA NIGHT」を開催しました!

2016-06-10 | ★gooからのお知らせ

昨日6月9日に、「gooアンバサダー 教えて!goo QA NIGHT」を開催しました

 

「gooアンバサダー」の中で「教えて!goo」に興味はあるけれどまだ利用したことがないという方を中心にお招きし、
実際に「教えて!goo」のQAを体験していただくイベントです


会場は、東京芝浦にあります「Shibaura House」。
四方の壁がガラス張りになっており、近未来的な雰囲気です。

 

 

時間は19時となり、いよいよ「gooアンバサダー 教えて!goo QA NIGHT」の開始です
20名を超える参加者の方々にお集まりいただきました!
会の冒頭では「gooアンバサダープログラム」担当の山崎俊一よりご挨拶を行ったあと、
「教えて!goo」担当の豊野雄より、「教えて!goo」のサービスの紹介や実際に質問を
する際のコツなどについてご説明です。

 

説明と合わせて、参加者の皆さんもご自分が用意してきた質問をそれぞれ「教えて!goo」に投稿
戸惑われている参加者の方は、「教えて!goo」のスタッフが全力でサポートします!

自分の質問に多く回答がしてもらえるといいですね! と願いつつ、
回答してもらえるのを待ちながら参加者の皆さんとスタッフとの交流タイムに突入!

会場には軽食や、特製マカロンも並べられ、歓談に花を添えます。
特製マカロンは、「教えて!goo」のロゴと、スタンプキャラクターの「Q次郎」と
「お平さん」のデザインです! この日のために特別に用意しました

歓談の和やかな雰囲気のまま、プログラムは次のグループディスカッションに。
参加者の皆さんは、先ほど自分はどのような投稿をしたか、それに対してどんな答えが
寄せられているかをグループ内で発表していただきました。

グループ内での共有をした後は、各グループで代表者の方を決めて、全体に対して発表
「駅のトイレの入り口にはなぜ上り階段が数段あるの?」といった日常の中の疑問を
質問したところ早速2件の回答があったなど、「教えて!goo」で質問すると、スグ回答が
つくことを皆さん実感し、驚かれていたようです

【動画】 アプリ紹介編(抜粋版)
gooアンバサダー 教えて!goo QA NIGHT アプリ紹介編

 

その後、「教えて!goo」マネージャーの河村智司より「教えて!goo」の最近の取り組みについて、4点ほどご紹介させていただきました。

 

①専門家回答
一般ユーザーさんと合わせて、その道の専門家の方にも回答いただけます。
→ 「教えて!goo 専門家回答」 http://oshiete.goo.ne.jp/professional/

②QAメディア
「教えて!goo ウォッチ」では、話題の出来事のQAに関した読み物などを数多く揃え、
他のポータルサイトなどにも提供しています。
→ 「教えて!goo ウォッチ」 http://oshiete.goo.ne.jp/watch

③AI
「教えて!goo」では、夏に、AIを活用した恋愛アドバイスサービスの提供を予定しています。
→ 「NTTレゾナント プレスリリース」 http://pr.goo.ne.jp/goo/2016/15674/

④訪日
3月より、訪日中国人向けQAサービス「故説(参考発音:グー スォー)」の提供を開始しています。
→ 「故説」http://cn.oshiete.goo.ne.jp/

【動画】最近の取り組み紹介編(抜粋版)
gooアンバサダー 教えて!goo QA NIGHT 最近の取り組み

 

 

会の最後には、「gooアンバサダープログラム」や「教えて!goo」を
統括しております部門長の槇山啓朗よりお礼のご挨拶をお伝えしたあと、参加者の皆さんとスタッフとで記念写真
終始和やかな雰囲気のまま、会は終了となりました

 

 

お時間が許す方は、そのまま懇親会に・・・。

 

ご参加いただきました「gooアンバサダー」の皆様、どうもありがとうございました

ご参加の皆様の記事は、下記にてご紹介しております。
ぜひ合わせてご覧ください

「gooアンバサダー 教えて!goo QA NIGHT開催レポート」

http://blog.goo.ne.jp/ambassadors/e/f83efae1b8216d7faa8bc6c9e180ea72

 

【動画】 プレゼン全体編(より詳しい説明をご覧いただけます)
gooアンバサダー 教えて!goo QA NIGHT プレゼン全体編


  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする