「goo」の広報ブログ「gooの音」

「goo」広報担当が、みなさんにとっておき情報をお伝えしていきます!

【社員紹介企画Vol.11】NTTレゾナント“心おどる仕事人”を紹介します!

2016-02-18 | ★gooの中の人、紹介します

NTTレゾナント 広報担当の小倉です。
心おどる未来へ向けて活躍する、NTTレゾナント社員を紹介する企画、第11回目をお届けします!

【社員インタビュー企画 心おどる仕事人 vol.11

スマートナビゲーション事業部 サービスイノベーション部門 武田 透摩


何事にも臆することなく積極的に取り組み、Only Oneのイノベーションを手掛けたい

 

~経歴~ 

2012年 NTTコミュニケーションズに入社。
8月からNTTレゾナント サーチ事業部(現スマートナビゲーション事業部)にて新規事業開拓に携わる。
2012年末からDevelopers AppKitBoxの企画・営業・運用を担当。
2014年からは主にスマートフォンのWeb・ネイティブアプリのソフトウェアテスト関連調査・開発の提案企画・PM業務を担当。

 

Q.仕事の内容、心がけていることやモットーを教えてください。
NTT研究所をはじめとしたNTTグループと協同での調査・開発を担当する他、自社の開発も行っており、
それらのプロジェクトマネージメントやサービス企画を担当しています。
プロジェクトマネージャとして相手の本心やニーズをきちんと汲み取ることを心がけています。
みんながより快適に効率よく業務ができるチーム編成を考えた時、どれだけチームのこと、
一人ひとりのことを分かっているかがとても重要になると思うので、日頃のコミュニケーションを大切にしています。

 

Q.今までやってきた仕事の中で苦労したことはどんなことですか?
海外の展示会にRemote TestKitを出展するためサンフランシスコに出張しました。
スムーズに準備を終え、展示会当日の朝会場入りすると完成していたはずのブースが壊れていました。
どうやら僕たちのブースがあることによって隣のブースが見えづらくなっていたようで、全て撤去されてしまったのです。
現地スタッフの協力を仰ぎながら主催者側と調整したり、隣のブースに迷惑がかからないような導線を組み直し、
なんとか開場時間に間に合わせることが出来ましたが、この時、不安よりも「この展示を成功させる」事だけを考え
行動したことが結果的に良かったのだと思います。
日頃から上司に言われていた「何かあったら責任を持つから、自由にやれ」という心強い言葉が背中を押してくれたと思っています。
初めての海外出張は、言葉の壁、文化・習慣の違いを痛感した一方で、チーム力や精神的な支えを改めて感じました。 

 

Q.チームの雰囲気や「ここがNo.1!」を教えてください。
大学の研究所みたいです!年次はバラバラですが、フラットな雰囲気なので、自然体でいられます。
メンバーそれぞれにクロールやレコメンド技術など得意分野があり、高い技術力をもった人が多く、
常に最新技術や情報をキャッチすることに重きを置いているところはチームの強みだと感じます。
僕らが取り組んでいる技術はどう役立つかどうかが分かりづらい部分だからこそ、自分たちの技術を
使ってサービスを世に出すことが“結果を出す”ということであり、僕らの本来の役割だと思っています。
ユーザがどう使うのかなど“ユーザ接点”を見つけることに、ユーザに近い僕らの付加価値があることを
念頭に置きながらの仕事を心がけています。 

 

Q.これから実現してみたいことは何ですか?
現在取り組んでいる研究や開発、技術を世の中に出していきたいです。仮説の下に研究していることが、
世の中にどう受け止められるのかを確かめたいです。
研究技術をよりオープンにして、社会とのイノベーションに取り組みたいと思っています。
また、社内外の勉強会等に積極的に参加して知識とコネクションを広げていきたいです。
何事にも臆することなく積極性を持って取り組むことがモチベーションになり、より高い
フィールドへの近道だと思っています。何事にもチャレンジさせてくれる社風と心強い
チームワークの支えを糧にオンリーワンなイノベーションを増やしたいと思っています。

 

◆休日の過ごし方、趣味を教えてください◆
中学時代に始めた合唱を今でも続けています。今は30人ほどの社会人サークルに所属し
週に1〜2回集まって歌っています。近年だと国際コンクールで賞をいただいたときは本当に嬉しかったです。
演奏会や全国大会が近づくと練習時間も多くなり、その度に仕事の調整をさせて頂くのですが、理解あるチームメンバーの
おかげで続けられています。いい結果をいただけることもありますが、本当に周りの方に支えられてのものだと思っています。


  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする