「goo」の広報ブログ「gooの音」

「goo」広報担当が、みなさんにとっておき情報をお伝えしていきます!

★goo 16周年記念★『goo』なグッズプレゼントキャンペーン

2013-03-27 | NEW!gooのとっておき情報

今日は、gooの16回目の誕生日です


これまで激励や温かい言葉をいただきまして、ありがとうございました
gooのスタッフ一同、心より感謝の気持ちでいっぱいです


そこで、この感謝の気持ちを少しでもgooを支えてくれた皆さまに届けたく、
gooオリジナルグッズのプレゼンキャンペーンを開催します

その名も、
『goo』なグッズプレゼントキャンペーン↓↓
http://www.goo.ne.jp/16th/


プレゼント商品の『goo』なグッズは、
今年2月に開催した「あなたがほしい『goo』なグッズを作ります」キャンペーン
でFacebookやTwitterでユーザの皆様から応募いただいたものです

人気商品上位3位までと
いただいたアイデアの中から3つを
『goo』なグッズとしてつくってみました

 

gooファンの方はもとより、気になる方は是非応募してください

キャンペーンの詳細は、コチラをご覧ください↓↓
http://www.goo.ne.jp/16th/


いままでもgoo、これからもgoo
gooを応援していただけると嬉しいです


※応募にはgooIDへの登録、ログインが必要となります。
※プレゼントはgooIDに登録の住所宛てにお送りします。
   gooID基本情報にお名前、郵便番号、住所、電話番号、連絡先メールアドレスが正しく登録されていることをご確認ください。


  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

「教えて!goo」花粉症のお悩みQ&Aランキング ~つらい花粉症に関するQ&Aは?~

2013-03-15 | ★gooからのお知らせ
 NTTレゾナント株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:若井 昌宏)は、 質問総数約650万件を保有する
Q&Aサービス「教えて!goo」(http://oshiete.goo.ne.jp/)の花粉症のお悩みQ&Aランキングを発表します。
 
花粉症のお悩みQ&Aランキング (集計期間:2013年3月1日~11日)
順位
質問
1位
2位
3位
4位
5位
6位
7位
8位
9位
10位

 この時期つらい花粉症のお悩みQ&Aランキングでは、1位「花粉症 よく効く薬は?」の薬に関する質問をはじめ、
2位「花粉症と肌の痒みは関係がありますか?」や、5位の「微熱とダルさ。色の付いた鼻水に咳。花粉症か?」などの
症状に関する質問がランクイン。また、気になるPM2.5に関する「PM2.5を除去できる空気清浄機ありますか?」が
7位にランクインしました。今後はマスクなどの対策に注目が出そうです。

花粉症関連コラム(教えて!ウォッチャーより抜粋)
 
「犬や猫も花粉症になる?」
 
春の訪れは心躍りますが、同時に花粉も激しく躍ります。目に見えない微細な粒が空気中に蔓延し、
各所で花粉症に苦しむ人が見かけられるようになりますが、花粉症って、人だけでなく、犬や猫もなるのでしょうか?
教えて!gooにこんな質問が投稿されました。
 
 
 

  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

goo presents 「杉村太蔵の『スマホ時代、電話ってどうよ。ニコ生大会議』」を開催

2013-03-15 | ★gooからのお知らせ

スマホ&電話の新常識が分かる

goo presents 「杉村太蔵の『スマホ時代、電話ってどうよ。ニコ生大会議』」

3月17日(日)21時30分よりニコニコ生放送で番組放送します

 

goo presents 「杉村太蔵の『スマホ時代、電話ってどうよ。ニコ生大会議』」は、

杉村太蔵氏やアプリソムリエ®の石井寛子氏をホストに迎え、

小島よしお氏、田中涼子氏などと一緒に

スマートフォンの電話としての利用実態を話し合う、

ユーザ参加型のエンターテイメントです

 

ふるってご参加ください

 

 

------------------------

■放送日

2013年3月17日(日)21:30~

 

■ニコニコ生放送URL

 http://live.nicovideo.jp/watch/lv126990699

※視聴にはニコニコ動画のアカウントIDが必要です。

 

出演者(順不同、敬称略)

・杉村太蔵

・石井寛子

・小島よしお

・田中涼子

・gooスマホ部 部員 Orange

 

■アクセス方法

ニコニコ生放送(http://live.nicovideo.jp/)より番組名、goo presents「杉村太蔵の 『スマホ時代、電話ってどうよ。ニコ生大会議』」を検索。


  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

ポータルサイト「goo」での復興支援に向けた取り組みについて

2013-03-11 | ★gooからのお知らせ

311を忘れない、これからの支援のあり方」

ポータルサイト「goo」での復興支援に向けた取り組みについて

URL:http://311.goo.ne.jp/

 

 ポータルサイト「goo」を運営するNTTレゾナント株式会社は、「3・11を忘れない、これからの支援のあり方」特集において、各サービスより提供している東日本大震災関連の写真やニュース映像など現地の現状を伝えると共に、「緑のgoo」を通じた復興支援や、被災地の「今」を伝える写真展「大槌の宝箱」の紹介など、東日本大震災の復興支援に向けた取り組みを引き続き行ってまいります。

 

1.「311を忘れない、これからの支援のあり方」特集の概要

 ポータルサイト「goo」において、「3・11を忘れない、これからの支援のあり方」特集を開設し、東日本大震災の復興支援に向けた様々な取組みを紹介します。

 

■アクセス方法

「goo」トップページ(http://www.goo.ne.jp/)から左側の東日本大震災特集枠「これからの支援のあり方」をクリック。URL(http://311.goo.ne.jp/)から直接ご覧いただくことも可能です。

 

2.その他復興支援に向けた取組み(一例)

(1)緑のgoo

緑のgooが寄付した支援金は、被災地域緑化、海岸林の再生、被災地自立支援を柱として様々な支援事業の展開に活用されています。被災地域の木材を活用した支援については、国連補助事業で進められる新たな事業創出に向けた動きと連動しつつ、シンボリックな取り組みとして「奇跡の一本松」をデザインしたピンバッジ等を利用し、地元雇用の一つとしての新しい就業の形を支援しています。

【緑のgoo】 http://www.goo.ne.jp/green/

「緑のgoo」では、ユーザーが「緑のgoo」を利用することで得られた収益の一部を環境貢献活動を行なっているNPO、NGO団体に寄付するという仕組みを、2007年8月より提供しています。これまで延べ83の環境保護団体と連携し、「緑のgoo」を利用してもらうことで、多くのユーザーに環境問題や環境保護活動について考える機会や、参加できる機会を提供してきました。利用するユーザー自身の貢献度を「木」の成長で表し「貢献度の見える化」を行うことで、環境貢献へのさらなる参加促進を図っています。

 

(2) J-anpi安否情報まとめて検索

 今後の大規模な災害に備え、PCやスマートフォン、携帯電話などから、検索条件として「電話番号」または「氏名」をブラウザで入力することで、通信キャリア各社が提供する「災害用伝言板」および報道機関、各企業・団体が提供する「安否情報」を一括で検索し、まとめて確認することができるサイト「J-anpi」をサービスを2012年10月から開始しました。現在、「goo」では引き続き認知度拡大のための取り組みを継続して実施しています。

【J-anpi安否情報まとめて検索】 http://anpi.jp/

大規模災害時に様々な企業・団体が保有する各種安否情報を、まとめて検索・確認できるWeb共同サイトです。通信キャリア各社が提供する災害用伝言板の安否情報に加え、報道機関や各企業・団体が収集した安否情報を横断的に一括で検索できます。

 

(3)写真展「大槌の宝箱」

大槌みらい新聞により本年3月1日から3月20日までのあいだ大槌町、東京、横浜にて順次開催されている、岩手県大槌町の住民による写真展「大槌の宝箱」の詳細を、「goo」で紹介します。

 

 

(4)PinQA

 「東北応援」のタグがついた情報をまとめて閲覧できるようにすることで、魅力ある東北の認知拡大に寄与します。

【PinQA】 http://pinqa.com/home

「PinQA」は、写真のアップ、地図への位置情報のマッピングやコメントを挿入することで、特定のテーマに沿ったスポットのまとめやスポットに順序をつけルートガイドを作成することができるサービスです。スマートフォンが搭載しているGPS機能を利用してユーザーの現在位置からの検索も可能です。

 

3.今後について

NTTレゾナントでは、今後もインターネットでの情報発信を通じて、様々な形で被災地への復興支援につながる取組みを行ってまいります。

 

以上

 

 

 

コメント (1)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする