「goo」の広報ブログ「gooの音」

「goo」広報担当が、みなさんにとっておき情報をお伝えしていきます!

【イベントレポート】7/27 「Developers Summit 2018 Summer」で語った「教えて!goo」のAIオシエルの裏側

2018-09-12 | ★イベント情報

こんにちは。広報担当の佐藤です。
今日は、NTTレゾナントの社員が登壇したイベントのレポートをお送りします。

 

エンジニアの祭典!翔泳社主催の「デブサミ」で「教えて!goo」のAIオシエルの技術解説をしました!

Codezineなどで知られる株式会社翔泳社が主催する、エンジニアのためのイベント「Developers Summit 2018 Summer(以下デブサミ)」に当社AI担当課長 中辻が登壇しました。
今回のイベントのテーマは、「データが拡張する人や社会、これからのエンジニアの道標」。このテーマに関連する事例として、AIによる恋愛相談「教えて!goo」のAIオシエルをご紹介しました。

 

広々とした会場はほぼ満員に・・!              登壇したAI担当課長の中辻     

 

「教えて!goo」のAIオシエルとは?

 

「教えて!goo」のAIオシエルとは、QAコミュニティ「教えて!goo」上で恋愛相談に回答者の一人として参加するAIサービスです。2016年9月に提供開始しました。

オシエルの最大の特長は、「文脈を理解し、長文回答を生成」すること。「教えて!goo」の約3000万件のQAデータを活用し、複数の回答から文脈に沿った文を抽出し組み合わせることで、「共感」「結論」「理由」「励まし」のシナリオに沿った〝人間らしい“回答をユーザーに返答します。

 

 

既存手法QA-LSTMと、レゾナント手法の回答生成のプロセスの違い

 

オシエルの回答実績は、累計30,000件を超えました。そのうち、ユーザーからの評価に当たる「good」と「ベストアンサー」を他の回答者の人間と同程度の水準で獲得するなど、サービス開始以来活躍を続けています。オシエル、なかなかやります。

オシエルの実際の回答はこちらからご覧いただけます!

 

映画の主人公になりきって「オシエル」に恋愛相談をしてみた

イベント参加者の多くが技術者ということで、オシエルの「頭の中身」とも言える技術の解説を中心に講演は進みましたが、やはり専門的な内容となると会場のムードも真剣なものに・・・その空気を和らげたのが、とあるデモの実演です。

イベント当日の7/27(金)は、株式会社NTTドコモの「my daiz(マイデイズ)※」にてチャットボット版のオシエルがリリースされた日でした。チャットボット版オシエルの特徴は「パーソナライズ化」。ユーザーから寄せられる恋愛相談に対し、チャット形式のコミュニケーションを通じて、ユーザー一人ひとりににフィットした回答を返します。今回のイベントではこのデモを初公開しました!

ある映画に登場した恋する主人公(中学生女子)がもしオシエルに恋愛相談したら・・・という設定でオシエルとの対話デモがスタート。「相手はどんな人?」「相手からどんなお誘いがありますか?」などのオシエルからの質問に対して、映画のストーリーやキャラ設定に沿って回答。すると、映画の特殊な設定にもかかわらず、「勇気を出して恋活に挑戦したんですね」などの相づちを挟んだりと、なかなか上手にオシエルが返答しました。

数回のやり取りを経て、最終的にオシエルが恋愛スコアを算出するのですが、映画ではハッピーエンドを迎えた主人公の恋愛に対して、オシエルの判定は45点という辛口な回答。これには、会場から笑い声が起こりました。

 

「my daiz」のチャットボット版オシエルのデモ。文脈をしっかり理解し、アドバイスをはさみつつ恋愛スコアを出してくれます。
今回は辛口な結果に・・

 

チャットボット版オシエルは、まだまだリリースしたての成長段階。たくさん話しかけていただくことで、精度も上がっていきますので、ぜひ使ってみてください!

 

――

こうして、およそ45分の講演は無事終了しました。AIの技術に関する専門性の高い内容でしたが、おかげさまで参加した方々から好評の声をいただきました。当日お越しくださった皆様、本当にありがとうございました!

 

※「my daiz」アプリをダウンロード後、メニュー欄「メンバーを探す」より「恋愛相談AIオシエル」を選択してください。
サービス詳細・アプリダウンロードはこちらから→ my daizプロモーションサイト「my daiz navi」

 


  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

【イベント出展】 第22回「震災対策技術展」横浜 出展のお知らせ

2018-02-06 | ★イベント情報

 

こんにちは!広報担当の佐藤です。
今日はイベント出展のお知らせです。


2018年2月8日(木)・9日(金)にパシフィコ横浜で開催される
第22回「震災対策技術展」横浜に、NTTレゾナントブースを出展します

イベント当日は、企業ブースと災害アプリ体験コーナーの2ヶ所でサービスを展示予定です。
NTTレゾナントがご提案する様々な防災ソリューションを、まとめて体験できる機会となっています。

以下、詳細です。

 
【出展概要】

 展示会名:第22回「震災対策技術展」横浜( https://www.shinsaiexpo.com/yokohama/ )

 出展日時:2018年2月8日(木)~9日(金) 10:00-17:00

 会場    :パシフィコ横浜  Dホール

 入場料   :無料

 
【出展サービス】

1. 企業ブース

2017年8月に提供を開始した「災害対策マネジメントソリューション」を中心に、
有事の際に迅速かつ的確なアクションを可能にするアプリやWebサイトを用いたソリューションをご紹介します。

  (1) 災害対策マネジメントソリューション ( http://advance.bousai.goo.ne.jp/bcp.html )

  (2) 防災アプリソリューション ( http://advance.bousai.goo.ne.jp/apps/ )

 

2. 災害アプリ体験コーナー

災害時に必要な情報を集約した総合防災アプリ「goo防災アプリ」と、
それを企業・自治体様ごとのニーズに併せてカスタマイズした「オリジナル防災アプリ」を展示します。
「オリジナル防災アプリ」では、大阪市様を例にご紹介予定です。

  (1) goo防災アプリ ( http://advance.bousai.goo.ne.jp/web/ )

  (2) オリジナル防災アプリ (大阪市様事例をご紹介予定)

 

当日のご来場をお待ちしています


  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

文部科学省主催の「ぎゅっとぼうさい博!2018」へ出展のお知らせ

2018-01-22 | ★イベント情報

 こんにちは、広報担当の佐藤です!
 先週に続き、防災イベント出展のお知らせです。

 NTTレゾナントは、2018年1月27日(土)に、文部科学省と地震調査研究推進本部が主催する防災イベント「ぎゅっとぼうさい博!2018~1日でぎゅっと防災・減災が身につく博覧会~」へ、安否情報をまとめて検索できる「J-anpi ~安否情報まとめて検索~」と、総合防災ポータルアプリ「goo防災アプリ」を出展します。「goo防災アプリ」は、昨年に続き2回目の出展となります。

1.出展概要

出展先   :ぎゅっとぼうさい博!2018 ~1日でぎゅっと防災・減災が身につく博覧会~

出展日程  :2018年1月27日(土)10:00~17:00

会場    :池袋サンシャインシティ 文化会館2階展示ホールD

入場料   :無料

▼ぎゅっとぼうさい博!2018~1日でぎゅっと防災・減災が身につく博覧会~
 予備情報が不足しがちな若者・子育て世代や、災害弱者となりがちな子供・女性を中心に、地震・防災に関する興味関心を高めることを目的とした「防災の基本を1日で取得できる」博覧会です。

公式ウェブサイト:http://gyuttobosai.jp/

 

2.出展サービス

(1)「J-anpi ~安否情報まとめて検索~」

 「J-anpi ~安否情報まとめて検索~」は、各通信キャリアが提供する災害用伝言板や、各自治体・企業が本サイトへ提供する安否情報を横断的に一括で検索することができるサービスです。
平時には体験版としてサービス提供しており、安否情報検索方法の確認を行うことができます。  

▼サ-ビス利用方法

https://anpi.jp/top

(2)「goo防災アプリ」

 「goo防災アプリ」は、災害時に必要とされる情報を1つのアプリで収集することができる総合防災ポータルアプリです。

▼「goo防災アプリ」の6つの特長

①気象情報・災害情報の受信
 あらかじめ設定した3つの地域に関する気象情報・災害情報を受信できます。さらに設定した地域以外への外出時には、GPSの位置情報に連動し、外出先の地域の災害情報を受け取ることができます。

②Lアラート経由の情報配信対応
 設定した地域の自治体から発信される、避難指示・勧告、避難所開設情報、国民保護情報などが受信可能です。

③多言語対応
 日本語、英語、中国語[簡体・繁体]、韓国語に対応しています。

④「J-anpi ~安否情報まとめて検索~」での安否確認
 「J-anpi~安否情報まとめて検索~」との連携により、通信キャリア各社や各企業・団体が提供する安否情報などを横断的に確認できます。さらに安否情報の登録もアプリから行うことができます。

⑤防災マップの確認
 避難所・公共施設・公衆電話などの標高に応じた地図表示、避難所への避難経路の表示から、「避難訓練モード」を使った避難経路を記録できます。また、オフライン時を想定し、エリアを限定して国土地理院の地図をダウンロード保存しておくことが可能です。

⑥その他防災関連コンテンツの参照
 ポータルサイト「goo」で提供しているさまざまなコンテンツの中から、「教えて!goo(防災カテゴリ情報)」や病気・病院・お薬検索など、災害時に役立つ情報を確認できます。その他、東京消防庁提供の「家具類の転倒・落下・移動防止対策」、省庁が提供するSNSのリンク一覧など、災害時に役立つコンテンツを多数用意しています。

 

▼アプリインストール方法

Android版 URL:http://goo.gl/Ml1Ymz

iPhone版  URL:http://goo.gl/rLvBHZ


当日のご来場をお待ちしています!

 


  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

「防災展2018 冬 in 世田谷」への出展について

2018-01-19 | ★イベント情報

 こんにちは!広報担当の成田です。

 1/21(日)に開催される「防災展2018 冬 in 世田谷」にNTTレゾナントブースを出展します!当日は、安否確認サービス「J-anpi~安否情報まとめて検索~(以下、J-anpi)」のデモ展示、および、平常時にも役立つ「goo防災アプリ」を出展します。展示ブースでは、それぞれのサービスを通して、安否情報の収集や、避難場所の検索などを体験することができます。

 防災展2018は、防災、災害に関する知識を広く都民へ普及啓発することを目的としたイベントです。NTTレゾナントは、安否確認サービス「J-anpi」・防災ポータルアプリ「goo防災アプリ」の出展を通して、防災・災害に関する知識の普及啓発を行っていきます!

■出展概要

出展先 :「防災展2018 冬 in 世田谷」~はじめよう ひとりひとりのそなえ~

出展日程:2018年1月21日(日)11時から16時

会場  :二子玉川ライズ ガレリア(東京都世田谷区玉川二丁目21-1)

入場料 :無料

http://www.bousai.metro.tokyo.jp/taisaku/1000060/1000427/1004610.html

 

出展サービスについて

(1)「J-anpi ~安否情報まとめて検索~」

 「J-anpi ~安否情報まとめて検索~」は、各通信キャリアが提供する災害用伝言板や、各自治体・企業が本サイトへ提供する安否情報を横断的に一括で検索することができるサービスです。

 平時には体験版としてサービス提供しており、安否情報検索方法の確認を行うことができます。

 

▼サ-ビス利用方法

https://anpi.jp/top

(2)「goo防災アプリ」

 「goo防災アプリ」は、災害時に必要とされる情報を1つのアプリで収集することができる総合防災ポータルアプリです。

▼「goo防災アプリ」の6つの特長

①気象情報・災害情報の受信
 あらかじめ設定した3つの地域に関する気象情報・災害情報を受信できます。さらに設定した地域以外への外出時には、GPSの位置情報に連動し、外出先の地域の災害情報を受け取ることができます。

②Lアラート経由の情報配信対応
 設定した地域の自治体から発信される、避難指示・勧告、避難所開設情報、国民保護情報などが受信可能です。 

③多言語対応
 日本語、英語、中国語[簡体・繁体]、韓国語に対応しています。 

④「J-anpi ~安否情報まとめて検索~」での安否確認
 「J-anpi~安否情報まとめて検索~」との連携により、通信キャリア各社や各企業・団体が提供する安否情報などを横断的に確認できます。さらに安否情報の登録もアプリから行うことができます。 

⑤防災マップの確認
 避難所・公共施設・公衆電話などの標高に応じた地図表示、避難所への避難経路の表示から、「避難訓練モード」を使った避難経路を記録できます。また、オフライン時を想定し、エリアを限定して国土地理院の地図をダウンロード保存しておくことが可能です。 

⑥その他防災関連コンテンツの参照
 ポータルサイト「goo」で提供しているさまざまなコンテンツの中から、「教えて!goo(防災カテゴリ情報)」や病気・病院・お薬検索など、災害時に役立つ情報を確認できます。その他、東京消防庁提供の「家具類の転倒・落下・移動防止対策」、省庁が提供するSNSのリンク一覧など、災害時に役立つコンテンツを多数用意しています。 


▼アプリインストール方法

Android版 URL:http://goo.gl/Ml1Ymz

iPhone版  URL:http://goo.gl/rLvBHZ

 

当日のご来場、お待ちしております!


  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

Web担当者フォーラムにて、goo Search Solution担当が登壇しました!

2017-11-17 | ★イベント情報

こんにちは!広報担当 高根です。
11月14日(火)、15日(水)に虎ノ門ヒルズフォーラムで行われたWeb担当者フォーラムに、goo Search Solution担当 北岡が登壇しました。

 


今回の講演は、ナノ・ユニバースさまのEC戦略とgoo Search Solutionについて。
ナノ・ユニバースさまには、今年の3月にgoo Search Solutionを導入いただいています。https://pr.goo.ne.jp/goo/2017/20060/

 

まず、ナノ・ユニバースさまがアパレル業界の自社ECサイトの重要性と施策についてご紹介。
時代によるファッションの流行発信地・発信方法の変化とSNSの台頭を背景に、いかにECサイトの重要性が増しているか、
今後のリアル店舗と自社ECサイトの連携についてなどについてお話されました。

 

その後、北岡がgoo Search Solutionについて紹介。
ナノ・ユニバースさまには、検索だけでなく、表記ゆれ辞書・タッチサジェストといった機能も導入いただいています。
特に、タッチサジェストは、ECサイトへのスマホからの流入が多くなっているというナノ・ユニバースさまのご相談を受けて開発した機能。
goo Search Solutionではカウンセリングから、お客様の状況に合わせて機能開発もします!

 ◆タッチサジェストについて
 https://searchsolution.goo.ne.jp/touch-suggest/

 

goo Search Solution導入後、ナノ・ユニバースさまではCVRが85%アップ!という効果がありました。

 ◆検索改善でCVRが85%アップ! 売上げもブランドイメージも改善する検索とは?
 https://searchsolution.goo.ne.jp/case/nanouniverse/

 

講演は、ECサイトの事業者、ECサイト運営担当者が約200人も詰めかけ、会場は大盛況でした!

 

goo Search Solutionでは、無料相談や検索精度診断など、自社ECサイトの検索精度向上についてのご相談をいつでも受け付けています。
お問い合わせはこちらhttps://searchsolution.goo.ne.jp/


  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

TechCrunch Disruptに行ってきました!

2017-10-17 | ★イベント情報

こんにちは!NTTレゾナントでgooニュースを担当している馬場です!

2017年9月に開催された世界最大規模のスタートアップイベント「TechCrunch Disrupt」に、スマートナビゲーション事業部サービステクノロジー部門の阿部とともに参加してきましたのでイベントの概要をお伝えします!

左:メディア事業部ポータルサービス部門 馬場 頼隆
右:スマートナビゲーション事業部サービステクノロジー部門 阿部 達也

 

TechCrunch Disruptは、様々なカテゴリのスタートアップが世界各国から集結し、スタートアップと投資家のマッチングの場としても知られています。世界中の尖ったサービスの種が集まりますので、世界最尖端のサービスを目指すgooとしても見逃せません。

プログラムは「SPEAKERS」「STARTUP BATTLEFIELD」「STARTUP ALLEY」などで構成されており、大きな会場で並行してそれぞれ催されました。 

特に注目度の高かった「SPEAKERS」プログラムでは、3日間で合計80名以上が、様々なトークテーマをインタビュー形式やマイクリレー形式で答えました。Pinterest CEO Ben Silbermann氏や、NBA選手Kevin Wayne Durant氏など、著名なゲストが次々と登壇しました。

「STARTUP BATTLEFIELD」プログラムは、$50,000の資金獲得をかけて行われるプレゼン大会です。優勝者は、資金以外にも、テレビや新聞など様々なメディアで取り上げられるので、サービスの認知拡大にも大きな効果を発揮します。

ちなみに、2017年の優勝者は「Pi」というサービスを手がける企業でした。
Piは周りにスマートデバイスを置くだけで最大5台同時に充電できるワイヤレスチャージャーです。専用ケースによって様々なデバイスが充電可能で、その機能性の高さが評価されたようです。会場プレゼン中には司会者も実際にスマートフォンを充電する場面も。来年以降米国で販売予定とのことでした!

「STARTUP ALLEY」プログラムでは、スタートアップが所狭しとブースを展開していました。gooニュースのスポーツ担当である私が気になったサービスは、「ZenSports」というスポーツ専用のSNSアプリ。友達や近くの他のプレイヤーと一緒にスポーツを楽しんだり、自分で大会を開催したり、自分の試合をストリーミングできるサービスです。

検索機能のエンジニアである阿部が気になったサービスは、「Topology Eyewear」という眼鏡の試着アプリ。顔の動画を撮って送信するとARで眼鏡を試着、購入できるアプリです。以前は店舗まで行かないとできなかった眼鏡の試着も、このアプリでいつでもどこでもできるようになっています。

世界中の最新技術、尖ったサービスを持つスタートアップのトレンドを知ることができ、非常に充実した時間を過ごすことができました。今回体験した最新トレンドをサービスにどう落とし込めるか、早速実用化に向けて検討していこうと思います!


以上、TechCrunch Disruptレポートでした。
NTTレゾナントでは、世界のIT業界の最新動向やテクノロジーに触れることや海外のビジネスの現場を体験することを通じて、業務や将来のキャリアに活かす機会を提供しています。エンジニア、デザイナー、プロデューサーなど各分野で、世界中の最新情報をキャッチアップできる体制をとっています!各分野で採用も行っておりますので、ご興味のある方は採用ページをご覧くださいませ!

 


  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

「NTT Tech Conference」登壇について

2017-08-09 | ★イベント情報

8月10日(木)に開催された「NTT Tech Conference」にて、
ビジネスプラットフォーム事業部の大木 和也と通山 和裕が登壇いたしました。

(左から)通山、大木


「NTT Tech Conference」はでNTTグループのソフトエンジニアたちが一同に介し、それぞれが持つ技術やノウハウを発表します。
NTTグループ内外のエンジニアと技術交流を行うことで、さらにエンジニアとしての知見を広める場です。


大木、通山は「自前でCloudFoundryを構築してgooのビックサービスをカットオーバーした話」という題で発表。
NTTレゾナントでは、2014年からIaaSとしてOpenStackを導入しています。
今回は、更なるアプリケーション開発の迅速化、競争力強化のため、PaaSソフトウェアであるCloudFoundryを導入し、
既存の商用サービス(いまトピ 
https://ima.goo.ne.jp/ )をCloudFoundry上に載せ替えてカットオーバーしました。
PaaS上に従来のWebサービスを移植する際の苦労話や、PaaSに関わる監視の課題感、実装例などをご紹介しました。

NTT Tech Conferenceの詳細はこちら:https://ntt-developers.github.io/ntt-tech-conference/02/

発表資料はこちら:https://www.slideshare.net/KazuyaOhki/cloud-foundrygoo

今後も、新しい技術に積極的に取り組んでゆくNTTレゾナント社員の活躍にご注目ください。


  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

「OpenStack Days Tokyo 2017」登壇について

2017-07-26 | ★イベント情報

7月20日(木)~21日(金)にわたり開催された「OpenStack Days Tokyo 2017」にて、ビジネスプラットフォーム事業部の橋本 智哉が2年連続で登壇いたしました。

「OpenStack」とは、サーバー・ストレージ・ネットワークなどのIaaS(Infrastructure as a service)基盤を統合的に管理するオープンソースソフトウェアです。
特定の製品や技術にとらわれずオープンな環境で基盤を構築できるため、近年注目を集めている技術です!

 

今回、橋本はパネルディスカッションに登壇。
PaaS(Platform as a service)を構築するための基盤ソフトのひとつである「Cloud Foundry」の事業活用と運用の実体験について、
国内各社の担当者とともにディスカッションを行いました。


                    登壇の様子

 

NTTレゾナントでは、2014年から「OpenStack」をもちいたプライベートクラウドを先駆けて導入しています。
これにより、インフラ管理コストの軽減やインフラ構築スピードを向上することができました。
さらに、アプリケーション開発スタイルを発展させ、サービス開発スピードや品質を向上するため2016年度から「CloudFoundry」の検証を開始。
2017年7月より商用環境での利用を始め、一部サービスにて「CloudFoundry」によるサービス提供を行っています。
今後も積極的に「CloudFoundry」の活用を推進していきます。

 

登壇パネルディスカッションの詳細はこちら:
「Cloud Foundryの自社活用を進める各社によるパネルディスカッション」 http://openstackdays.com/program-detail/#d1p6s10

 

今後も、新しい技術に積極的に取り組んでゆくNTTレゾナント社員の活躍にご注目ください


  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

「GTC Japan 2016」にて「教えて!goo」恋愛相談へのAI導入事例を紹介

2016-10-06 | ★イベント情報

10月5日(水)に開催された「GTC Japan 2016」に、NTTレゾナント株式会社 担当課長 川本真稔、担当課長 中辻真が登壇しました。

テーマは、「教えて!gooにおける恋愛相談へのAIによる回答生成について」。

「教えて!goo」の恋愛相談カテゴリにAIを導入するに至った経緯、活用した技術、今後の展開について、ご紹介しました。

また、展示ブースでは、「教えて!goo」が提供するAI「オシエル」による回答のデモンストレーションを行いました。

 

■教えて!gooのAI「オシエル」

https://oshiete.goo.ne.jp/ai

 

今後もgooのAIの取り組みにご期待ください


  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

「OpenStack Days Tokyo 2016」登壇について

2016-07-07 | ★イベント情報

7月6日(水)・7日(木)の二日間に渡って開催されたOpenStack Days Tokyo 2016にて、
NTTソフトウェアさんと一緒に、NTTレゾナント ビジネスプラットフォーム事業部の橋本智哉と大木和也が登壇いたしました。

「OpenStack」とは、サーバー・ストレージ・ネットワークなどのIaaS(Infrastructure as a service)基盤を
統合的に管理するオープンソースソフトウェアです。
NTTレゾナントでは、現在注目を集めているこの技術をいち早く導入し、ポータルサイト「goo」の運用などに役立てています。

会場に集まった、「OpenStack」について興味をお持ちの200名を超える参加者の方々に対して、
OpenStackのアップグレードの考え方や月間1.7億UUを擁するポータルサイト「goo」に導入済みの
OpenStackに対し実際にアップグレードを行った事例などをなどについてご紹介させていただきました。

 

【プログラム概要】

<タイトル>
実録!大規模環境のOpenStackアップグレードの考え方と実施のコツ
      ~NTTレゾナント、IcehouseからLibertyへ~

<登壇者>
NTTソフトウェア株式会社 クラウド&セキュリティ事業部第一事業ユニット 三木 遼

NTTレゾナント株式会社 ビジネスプラットフォーム事業部 橋本 智哉

NTTレゾナント株式会社 ビジネスプラットフォーム事業部 大木 和也

<URL>
http://openstackdays.com/program-detail/#d1p2s4


NTTソフトウェア株式会社 クラウド&セキュリティ事業部第一事業ユニット 三木 遼


NTTレゾナント株式会社 ビジネスプラットフォーム事業部 橋本 智哉


NTTレゾナント株式会社 ビジネスプラットフォーム事業部 大木 和也
 

NTTレゾナントは、2015年10月に開催された「OpenStack Summit Tokyo 2015 」でも、
NTTグループの一員として、APACの企業として初めてとなる「OpenStack Superuser Award」を受賞しています。

今後も、新しい技術にも積極的に取り組んでゆくNTTレゾナント社員の活躍にご期待ください


  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする