学習・心理カウンセラー 佐々木耕二 のブログ      日本の心 世界の心 森羅万象ワンネスの心

生涯学習の悦楽、安心立命の観照、創造主の意志、森羅万象ワンネスの慈愛、摂理に感謝、使命を悟り人生至福

誰でも生きる使命を帯びて生まれる

2016-02-13 13:46:10 | 役割を果たすこと
人は人生で二度!結婚するのが常態です。一度は、母体内で精子と卵子が合一した一等賞同志の契りです。二つの異なるDNA系が神の厚遇のもとで互いの意志で結合した以上は、その初心の誓いを全うする責任と義務があるのです。お膳立てしてくれた環境に先ず感謝!出生した後も末永い人生の成長過程で、他の命がけの励ましや犠牲を伴っての自分の人生です。一人で生きている気になるのは思い違いで、生かされて生きていると言った方が適切でしょうね。

身体の生理をつぶさに観察すると、それはそれは奇跡の連続で、創造主の計らい、摂理が働いています。しかも、脳神経の働きは、サイボーグ技術がどんなに発達しようとも霊魂は作れず、神の領域でこそその絆で生成、神と心を通わす中で成熟します。その心身に託された厳粛な使命を戴して、人は生きています。その使命を果たす達成感が人生の至福です。個々の場で、それぞれの役割を段階的にクリアして、最終的に真の自己実現が図られます。常に環境への感謝の気持ちを厚くし、自他の幸せを増量するよう、生を受けて、生かされています。

贅沢にも平和ボケしたような人は、出生し生きていることの意味を往々にして見失うことがあります。そんな折には数度深呼吸をしてワンネスの気合で生かされている事への感謝をしてみましょう。そして晴れやかな気持ちで一日一善、何か為すことを心掛けましょう。そんなに大きなことでなく、今たたずむ一隅から優しく周囲へ微笑みかけて、出来る小さなこと、例えば湿らせた布でテーブルを拭く、抽斗一個分の整理をしてみるなどの小仕事で十分、血潮が若やぎ、達成感が得られます。

或いはまた、窓外の草木の息吹に接し感動、森羅万象の全てから生きる力をもらって下さい。人はとかく周囲をいとも簡単に汚し、自然を搾取するのに長けていますが、時には彼らの生気に満ちた姿を愛でる心遣いだけでも環境へむけ、ひときわ平素のご疎遠をわび、なんらかのお返しに道を掃き側溝を清めれば、自らも癒され地域全体がわが庭のごとく蘇生するものです。

小さな役割は、ちょっとした行動に出て、快楽の習慣になります。人は動物ですから動いてこそ健康に良く心身が素直に喜ぶからでしょうね。「街がきれいだ!」と訪れる外国の人にも好印象を与え、思いのほか心の土産にしてもらえます。一市民として誇らかに思います。因みにここの別府市民憲章には次のように記されており、知行合一(ちこうごういつ)の切っ掛けになれば嬉しいです。
 
 「美しい町をつくりましょう  温泉を大切にしましょう  お客様をあたたかく迎えましょう」
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 創造主は霊的・精神的な実在です | トップ | 知行合一(ちこうごういつ)... »

コメントを投稿

役割を果たすこと」カテゴリの最新記事