学習・心理カウンセラー 佐々木耕二 のブログ      日本の心 世界の心 森羅万象ワンネスの心

生涯学習の悦楽、安心立命の観照、創造主の意志、森羅万象ワンネスの慈愛、摂理に感謝、使命を悟り人生至福

母なる大地と心を交わすために…

2018-07-26 15:37:51 | 判断・行動の準拠枠を早期に設置しよう
①母なる大地の優しさ、♪誰か故郷を思わざる♪ ②にも拘らず地球の変貌、あなたの思慕・尊崇の変貌では? 「心内にあれば色外にあらわる」心の反映ですよ、 ④創造主の大らかな愛を顧慮しない、人間一人一人の「霊長失格」では?!! ⑤心の更生には、間違いを知る「判断・行動の準拠枠」のインストールが肝心です! ⑥インストールには、アプリはいらない、 心の標準的な骨格(現実・価値・可能)三位一体の視 . . . 本文を読む
コメント

奇跡は日常茶飯事です…

2018-07-17 21:44:30 | 判断・行動の準拠枠を早期に設置しよう
②この世は創造主(天)の所産だから… この世に生まれたあなたに「宇宙学校へご入学おめでとう!」 宇宙は当然に「神秘」にみちみちています、神秘に気付かず驚かないとしたら…あなたは人間失格です、入学お断りです、 独断ではありません、動植物さえ季節の移ろいに驚くのですよ、身体のミクロの細胞さえも変化の機微に驚いて反応しています、 ②有機体も無機質なものも、存在そのもの . . . 本文を読む
コメント

祈りの功徳をお願いするために…

2018-07-16 14:51:50 | 判断・行動の準拠枠を早期に設置しよう
Ⅰ Frame of reference(=FOR)は、自分を自分なりに評価する「判断・行動の準拠枠}として一度設定すると自分を知る便利なツールになります、 ①祈りは、「反省と感謝」の気持ちで「懸命」にお願すれば宇宙の創造主に通じます、 ②通じない祈りはありません、 ③「懸命:」であっても、「反省と感謝」を後回しにすると、「再学習」の追試を課せられるかも、 ④天罰と言われがちですが、天は決 . . . 本文を読む
コメント

天罰を回避するために…

2018-07-15 16:29:02 | 判断・行動の準拠枠を早期に設置しよう
Ⅰ 人間の総合力の欠如 ①聖徳太子は一度に10人の話を理解したといわれてますが、心理学的S-O-Rの研究では、普通人の刺激入力への対応は、平均8つが処理の限界とされています、 がやがや自由に話す男のbuzzセッションや女子会で、8人以上が一篇に話されると、きっと司会者不能になりますよね、 セダンの運転者は、前後左右上下に最低8か所を注視しているので、走行中のドライバーへの話し掛けは、事故原因 . . . 本文を読む
コメント

心は永遠に不滅進化すべき実在です、

2018-07-14 19:07:53 | 判断・行動の準拠枠を早期に設置しよう
心は不滅です… ①デカルトは、全てを疑い明晰判明を唯一の基準に「我思う」自分を発見、疑心の余地のない分与された精神とは別に存在する物体を、互に独立した実体として、物心二元の宇宙観を提唱された、 ②カントは、純粋理性批判、実践理性批判による往年の両認識方法を徹底的に批判された、その上で、アプリオリ(生得)の「直感」を強く肯定された、 直観による、霊魂の不滅、自由意思、神の案件を心 . . . 本文を読む
コメント

宇宙と心を交わす

2018-07-13 15:23:25 | 判断・行動の準拠枠を早期に設置しよう
①哲学は、宇宙と心の関係を究める学問で始まりました、 ②創始れた宇宙は、神聖な大御心(永遠無限の愛)で差配・摂理されています、 ③被創造された全て私達に神聖な大御心を等しく分与れ御縁に結ばれています ④創始者の大御心と価値観を共有することは平和な幸せの第一歩です、 ⑤ソクラテスは、アテネ市民を啓蒙する熱心さが誤解を受け刑死なされました、、 ⑥弟子プラトンは、霊的意志イデア(idea)の超 . . . 本文を読む
コメント

生きる迷い

2018-07-08 14:35:47 | 判断・行動の準拠枠を早期に設置しよう
生きている意味、これから先の生きる不安、アイデンティティを見失うなど、人は全て神聖な心を創始者から授かった心あってこそ、学習途上何度か迷い拠り所を求める運命にあります、 知恵として知っていることのありようが、人としてこれで宜しいのか、そのめやす(識準)があって欲しい、何を人生の価値観のトップに据えて生きれば宇宙創成の大御心に沿えるのか!? 標榜している大切なものが何かを、周囲にたずねる手が民衆 . . . 本文を読む
コメント

サリン禍の悲劇に思う

2018-07-08 10:34:56 | 判断・行動の準拠枠を早期に設置しよう
悲しく痛ましい事件でった、なぜ防げなかったのか!?心に設置すべき「判断・行動の準拠枠(frame of reference=for)を持っていなかったために起きた悲劇です、forは、コンピュータでのフォーマット(初期化)と同じで、膨大なデータを整理して置くべき手順装備を時代の進化とともに御蔵にした大悲劇です、forは、枠組みでコンテンツには関らないのです、内容は各自夫々で、自由に満たして行けばよいのです、 . . . 本文を読む
コメント