臺灣と瀬田で數理生態學と妄想

翹首望東天, 神馳奈良邊. 三笠山頂上, 想又皎月圓(阿倍仲麻呂). 明日できることは今日しない

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

BIOLOGの多変量解析

2016-03-29 19:50:26 | 研究

BIOLOG,エコプレートの生データから機能パターンを計算する方法は以前から複数の方法が試みられてきていて,自分でもマイナーチェンジをおこなっているのだけれど,メジャーチェンジとなる画期的な方法を生態学会帰りに「この一冊でまるごとわかる! 人工知能ビジネス」というチャラい雑誌を読みながら思い付いた.

思い付いたアイデアは人工知能とかビックデータとか全く関係ないけれど深層学習の模式図とか見てたらアイデアが降りてきた.情報量が増えるのは間違いないが,これで説明力が上がるかどうか,手持ちのデータで解析できそう.Rスクリプト書くのに時間が掛かるが,解析が終わったらさっさと原稿にして,Ecol Resのtechnical report枠で投稿しよう.

 

 

コメント   この記事についてブログを書く
« 今年の生態学会も英語口頭発... | トップ | ドイツ渡航準備 »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

研究」カテゴリの最新記事