身近な花と木々

日々の花と自然風景

カラスウリ 実 その後

2020-02-07 | みんなの花図鑑

レッドロビンの垣根に絡んでた、カラスウリの朱の実が変化してきました。

傷が付き、しわが入ってきましたが、未だ鳥の餌にもなりません。

下、1月10日の姿、今ではすでに垣根の芽吹きが始りました。

 

 

 

 

 

 

1月の10日前後、色鮮やか。

 

 

 


コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 虹の玉 色づき 3 多肉植物 | トップ | シクラメン 満開 »
最新の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (mikiosabo)
2020-02-08 06:56:48
おはようございます。gonntaさん。 季節の流れを感じます。
しかし未だに朱の色鮮やか、鳥の餌にならず綺麗、不思議な力。

横の朽ち果てた実の残りとは対象てきです。 垣根の新芽も又季節の流れを感じました。 大好きなカラスウリ、さらに観察を続けて下さい。
mikioさん (gonnta)
2020-02-08 09:53:57
しばらく見てませんでしたが、通り道から見つけ、未だに朱の実の美しさに仲間と驚きました。

朽ち果てた実の隣、余計に美しさが際立ちました。
どこまで残るか再び観察してみます。
楽しみにしてください。まさに季節の流れですね。

コメントを投稿

みんなの花図鑑」カテゴリの最新記事