身近な花と木々

日々の花と自然風景

ナツミカン 柑橘類

2018-02-17 | 樹木
寄居のミカン山には柑橘を採取しないで、そのままの
実を残す姿が見られます。  園主いわく、自然の神に感謝の気持ちと、鳥たちにも実を残し、感謝する
これが仕来りといわれてます。     何故鳥は?木々に付く害虫を駆除してくれる、
とても良い話を聞かせてもらいました。







コメント (2)   この記事についてブログを書く
« クモマグサ  | トップ | 紅梅 鹿児島紅 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
実残し (mikio)
2018-02-18 17:06:36
仰るとおりです。 残り実ひとつ、自然の神に感謝の気持ち 素晴らしい。  鳥たちに樹木の害虫退治のお礼に実を残す、知りませんでした。  とても良い話を聞きました。  gonntaさん。
今晩は (gonnta)
2018-02-18 20:52:43
やはり知ってましたね。
鳥の由来は難しいです。
昔の人は、こんなことを考えてた。
教えの由来は、確かなものです。
勉強になりました。

コメントを投稿

樹木」カテゴリの最新記事