日々 徒然草

日々の生活の中での見たこと、思ったこと等を徒然なるままに書いてみようと。

イチジクの茎を切った時出る白い液体は

2019-09-16 07:26:44 | Weblog
雨になりました
千葉ではまだ停電も断水もその他の
復旧も回復していない状況です
それなのに雨、早く止んで欲しい雨です

昨日は秋らしく晴れて暑い日でした
陽射しが強いので外に出るには帽子や
日傘は必須です
午後近くの旅行会社に行ってきました
時期的になかなか難しそうでしたが
何とかなりそうで良かったです

話は変わりますがイチジクの茎を切った時に
出る白い液体が出ますが、それに触ると痒く
なったりします
その正体はタンパク質分解酵素・フィシンと
言うものでイチジクが害虫から身を守る防衛物質で
タンパク質分解酵素なのでタンパク質で出来た
人間の皮膚は刺激を受けたり痒くなったり
するのだそうです
またベタベタするのはイチジクに含まれる
ゴムに近い樹脂成分なので手について
とれない時には油分を手に馴染ませてから
食器用洗剤で洗うと良いとの事です

今までベタベタしてなかなか落ちないと
思いながら知らずにいたのでなるほどと
良くわかりました


もう少し楽しめそうです

コメント   この記事についてブログを書く
« 灯台下暗しでした | トップ | 新生姜 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事