森信雄の写真あれこれ

日々の生活や散歩、旅の写真を掲載しながら、あれこれ思いを語ります。

急接近?金太郎とふーちゃん

2018-11-12 23:08:16 | 金太郎とふーちゃん


今朝のシーンで、金太郎とふーちゃんが急接近している‥お互いに少しずつ慣れてはいるが、まだ危険領域かなあ‥
私はふたりともに、噛まれたりつつかれたりしている。人間と一緒で馴れあうよりも、緊張感のある雰囲気の方がいいかなあ‥
コメント

★11月8日 隣の人間国宝さん

2018-11-05 09:11:20 | 日々の写真

あわただしい日々で、ややバテ気味なのですべてが停滞気味だが、楽しいお知らせです。

★11月8日木曜日 関西テレビ9:50~11:15
「よ~いドン!」隣の人間国宝さん
 我が家も(金太郎も!?)出ますので、是非ご覧下さい。私も楽しみです。
コメント

金太郎とふーちゃんの日記 10,4~10,10

2018-10-12 09:31:56 | 金太郎とふーちゃん


毎朝の光景




遊びで入っている金太郎



 撮ろうとするすすぐに近づくので難しい

















 二人とも気を緩められないが(悪さをするので)一緒にいる時間は私もなによりも満足である。

コメント

三島高校 講演 9,26

2018-10-07 08:16:10 | 旅の写真 国内篇
 表札は母と私の名前である。性が違う。




朝の散策を兼ねて、母のいる施設に向かう。



























母校の三島高校は40数年振りだろうか。



運動場も懐かしい



ここで講演する。生徒750人が埋まったので驚いた。



午後からは図書館で指導対局



新しい市役所と古い市役所

夜は友人たちと打ち上げに行く。2次会はカラオケで私は初めてだった。K君の親類宅に泊めてもらう。



コメント

車窓からの風景 帰省 9,25

2018-10-04 08:33:56 | 風景を歩く

 9月25日月曜日に帰省する。最近は車でなくて、バスか電車である。そのせいか車窓からの風景を眺めることが多くなった。歳月の早さと同時に、時を惜しむひと時を過ごせるささやかな楽しみがうれしい‥

 























コメント

第23回森信雄七段杯争奪将棋大会 9,24祝月曜

2018-09-25 05:59:29 | 将棋あれこれ

 第23回森信雄杯争奪将棋大会が無事に終了しました。入賞された方はおめでとうございます!
 またご参加していただいたみなさんありがとうございました。




  A級
  優勝   加藤 悠吾(東京都中央区)
  準優勝  炭﨑 俊毅(姫路市)
  三位   佐藤 航 (池田市)
  四位   長尾 隆生(西宮市) 





  B級
  優勝  土井 空汰(大阪府堺市)
  準優勝 坂本 龍一(大阪市)
  三位  亀谷 斗音(尼崎市)
  四位  下熊 鉄平(神戸市)





  C級
  優勝  齋藤 颯太(神戸市)
  準優勝 中澤 幸介(奈良市)
  三位  寺前 陽翔(高槻市)
  四位  土井 睦 (大阪府堺市)




コメント

謎めく空

2018-09-10 23:59:46 | 日々の写真
  最近の自然災害はおののくばかりだが、今日の夕景は素晴らしかった‥


  

  まだ夕方前だったが、天の青い色彩が舞い降りて来たような風景だった‥





 駐車場に車を止めて見上げると、この風景が迫ってきた‥

 

 謎めいて 見上げる空の  生死かな
コメント

子ども将棋教室 体験会 

2018-09-07 12:15:18 | 将棋あれこれ

<JEUGIAカルチャーセンター「森信雄七段子ども将棋教室」のご案内
 
場所=イオンモール伊丹昆陽2F 072-787-8820(受け付け10:00~20:00)

 みんなようやく馴染んできて。生徒もふえてきたところだったのでとっても残念ですが、よみうり伊丹文化センターが閉所にともない将棋教室が10月から移転します。それに伴う体験会のご案内です。

 *よみうり伊丹文化センターでの最終日は9月5日は台風の影響で9月12日になります。






 
コメント

怪しげな雲 

2018-09-01 07:54:26 | 園田競馬
 8月31日はその金ナイターの日で、心して?出かける。最近の馬券成績の低下でそろそろ勝たないと‥もう勝てそうな‥ずっと勝てないような‥複雑な心情は奨励会の弟子の成績とクローズアップする?(結構無意識に影響されているのだ)

 夜になって怪しげな雲が空を覆い、ナイターの光線がひときわ頼もしくまばゆく見える。この後は瞬間の豪雨で、良馬場が一転して不良馬場に早変わりした。

 しかしその瞬間のレースで、久し振りに万馬券をゲットした。

 帰宅してA級順位戦の糸谷vs稲葉戦を観戦する。終盤の糸谷八段の怪しげな△8三玉に驚いて、なるほど‥と感心する。糸谷勝ちで終わり、ゆるりと寝ることにした。












 雨の降りだしたパドック





 競馬場のバスターミナル、雷が怖いであろう金太郎とふーちゃんが心配で早めに帰宅する
コメント

詰小棋会 8,28

2018-08-29 09:11:50 | 将棋あれこれ

 昨日は「詰小棋会」だった。ゲスト?が多くてにぎやかな会になった。竹中さん、上田さん、谷口さん、山本さん、岸本君、谷本さんのメンバーだった。

 そうそうたるメンバーで詰将棋の話題が尽きないが、熱っぽいものを持っている空気満載なのがうれしい。アマ強豪で解答の大御所の竹中さんとも久しぶりだった。
 ひょっこり現れた上田吉一さんとも久しぶりにお会いしたが、飄々たる魔物の魅力は変わりない‥出題してもらったバカ自殺詰の例題に苦心する。











 





 山本理さんから「増田先生からです」と言ってもらった雑誌、創刊号らしい。将棋オーラあふれるいい雰囲気の本だった。

 
コメント

第23回森信雄七段杯争奪将棋大会ご案内 9,24祝月曜

2018-08-22 10:45:43 | 将棋あれこれ


 第23回森信雄杯将棋大会の告知です。どうぞご参加ください。





 昨年の大会風景

 


 この大会は昔、村山聖杯にしようか迷ったことがあるが、広島での開催が決まったので任せることにした記憶がある‥弟子のゲストも数年前からで、師匠ながらも遠慮がち?なのである。運営は弟子の奨励会員が中心だが、最近は手薄くなってきていて大変だ。
 そういった手作りのイベントです。
コメント

朝の風景 8,21

2018-08-22 00:08:30 | 金太郎とふーちゃん


 朝降りてくると、ふーちゃんがガチャガチャ音を立てて、ケージから出してのサインが来る。その後で金太郎が「キンチャン、ココイルヨ」と遮光カーテンを外してケージから出す。それから二人のケージの掃除と餌と水替えをして、ようやく私の朝食である。




金太郎がなんとふーちゃんのケージに入って行った。迷惑そうなふーちゃんの表情‥




 ぶら下がりは金太郎の得意芸




平和な光景だ
コメント

大石七段来訪 8,7

2018-08-18 19:59:11 | 弟子


 この日は奨励会試験三日目の二次試験でもあった。午前中は夏休み特訓で、昼休みに今回一次試験通過できなかった二名と別々に懇談する‥無念だが勝負は勝ち負けがつきものなのでしょうがない‥
 
 待っている間に残り二名の合格の電話が入った‥今年の奨励会試験は終わった‥

 午後に大石直嗣七段来訪で、少し歓談してから「園田競馬に向かう。二名合格の連絡があったので心置きなく遊べる。




 大石七段はどちらかいうと金太郎が苦手かな?将棋は粘り強く大胆だが、人間は厚みのある性格で手堅い面と勝負好きな?一面がある。競馬場にもっとも誘いやすいのが大石七段で、師匠孝行なのである。


















 この日は涼しくて、ナイター競馬を堪能する。奨励会試験も終わり、夏の終わりが近いのだろうなあ‥

 一喜一憂はつきもので、大切なのはそれぞれに次のページを開くことと、自分の足元をしっかり踏み歩くことだろうか。

 弟子の勝ち負けにかなり大きく左右されながらも、自分の目線や立つ位置を揺らがないようにと思う。
コメント

千田六段来訪 8,15

2018-08-17 08:27:33 | 弟子
 
 この日は奨励会試験の一日目でもあった。

 千田翔太六段が来訪してくれた。東京に移ってからどういう暮らしなのか心配な面と、千田君なら大丈夫の安心感もある。この日も半日、将棋の話で終始した。千田ワールドに向き合える?それがうれしい。

 私は将棋の師匠なので、弟子に対してはほぼその立つ位置にのみ徹したいと思っている。













 初めの写真で千田六段と同じ背丈で写っているが?(私が花壇に上っているのである) 
コメント

8月12日 176号線を走る

2018-08-13 14:44:06 | 旅の写真 国内篇
 柏原の柏原八幡宮にて



園田競馬の朝の調教を見に行ったのだが、車を止める場所が遠くて困った。










帰宅して仮眠してドライブに出かける。




 店の人に「久しぶりですね」と声をかけられた。エビフライを注文する。頭からかじる。



この風景が見られる‥




176号線を走り、柏原に向かった。















一日たっぷり活動したのでくたびれたが、心地よい疲れだった。
コメント