森信雄の写真あれこれ

日々の生活や散歩、旅の写真を掲載しながら、あれこれ思いを語ります。

2008-08-22 23:21:29 | 日々の写真
 昨年の9月4日、姫路のサファリパークに行ったときの虎の写真である。
 
 豹死留皮、人死留名
 虎は死して皮を残す 人は死して名を残す

 虎の模様を見ていると、確かに死しても残る皮の鮮やかさである。でも人は死して名を残すというのはどうだろうか?残されていない名の方が、ホンモノのように思える。人は死して名を残さず、これがいいのかもしれない。残そうとするのはたいていロクでもないことが多い・・残すのではなくて、残るのがいいのだろうなあ。男らしそうにふるまったり見えるのは、たいてい空っぽなのである。

 
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 福島駅ガード下 | トップ | 秋近し 雲の行方ぞ 誰が知る »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (おおさき)
2008-08-23 01:42:12
関西のオバハンは、死して、豹柄を残す・・・

東北は、寒くて寒くてフリース着てます。

モリノブ様の暑い夏ももう終わりのようですね
おおさき様 (モリノブ)
2008-08-31 00:48:38
 東北はもう秋みたいですね。私にはこの夏は長かったです。
 真面目すぎるとバチが当たりますね。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

日々の写真」カテゴリの最新記事