森信雄の写真あれこれ

日々の生活や散歩、旅の写真を掲載しながら、あれこれ思いを語ります。

黄色のバラ

2006-09-20 21:20:02 | 日々の写真
 昨年の秋に撮った黄色のバラで、宝塚、山本の「あいあいパーク」にて。昨年の写真を見直していると、どこに行ったか、何をしていたかを思い出してくる。
 先日、奨励会員の弟子のD君が、お父さんと一緒に退会の挨拶に来た。残念だが、見切るのも人生の選択である。弟子が多いといろんな体験をする。ともかく前向きに、この数年間を将来の糧にしてほしいと願うのみである。
 ”日が暮れて 道遠し
 歩いても歩いても、山ばかり”
 そんな心境である。元気を出すには、黄色がいい。バラがいい。 
ジャンル:
ウェブログ
コメント (4)   この記事についてブログを書く
« 村山聖の日記 | トップ | 仙人写真館 森信雄、36歳 »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
黄色 (kobecco)
2006-09-21 05:52:57
 車を買ったのですが、娘が選んだ色が黄色で不思議な縁を感じます。僕の好きな色が緑、妻は黄色、息子は黄緑です。娘は何色だったかな?
黄色のない世界。寒く、寂寥。 (氷雪大甘団子)
2006-09-21 22:35:23
 三原色印刷から、イエローが欠けると、一気に、「心象風景」に。      赤い血・青い血はありますが、黄色い血はない。  黄色は、「境界」を繋ぐ色。冬から春、早春の自然花は、圧倒的に、イエロー。 実る秋も枯れる黄葉も・・・「再生!」の色。「黄色」好きな!先生に、深く納得。            ご無沙汰いたしております。「心あるフォト」、毎日ありがとうございます。 D君、残念ですね。一番、小さな「達成感」でも、一番大切な時期なのに・・・家庭文化が、問われています・・・日本中。                 橋詰ご兄弟は、歯をくいしばって、貫いてますか?応援しています。
kobecco様 (モリノブ)
2006-09-22 16:32:10
 偶然とはいえ、不思議な黄色の縁ですね。

 私は普段は水色っぽいものが好きですが、黄色は切り札のような色です。

 黄色を見ていると、元気になれるのです。
氷雪大甘団子様 (モリノブ)
2006-09-22 16:47:42
 黄色がないと心象風景に・・そうなのですね。黄色は芽ぐむ色のような気がします。

 D君残念でした。私の思いも強かっただけに、身にこたえますが。この痛切感を味わうのは宿命みたいなものですね。



 橋詰兄弟は、弟の雅斗君が奨励会に入会して、兄の健太君が惜しくも落ちて、次を目指してがんばっています。

 運命の皮肉ですが、これを乗り越えていく精神力を培ってほしいと願っています。

 今後も是非、応援してあげてください。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

日々の写真」カテゴリの最新記事