森信雄の写真あれこれ

日々の生活や散歩、旅の写真を掲載しながら、あれこれ思いを語ります。

閉館 喫茶 みゅーず

2006-09-17 23:10:46 | 日々の写真
 COFFEE&MUSIC「みゅーず」は京都、河原町にあり、待ち合わせや休憩するのにぴったりのいい喫茶店だったが、潰れてしまった。
 ショックだったファンも多かったと思う。今の時代はどうも理解できない面が多くて、商業主義で生き抜くのは大変なようだ。
 経済と文化は相反するものなのだろうか?遊園地や動物園も閉園のところが多くなって、一体これからどうなっていくのだろう・・
ジャンル:
ウェブログ
コメント (8)   この記事についてブログを書く
« 猫のいる風景 20 岡町の白猫 | トップ | 第11回森信雄杯将棋大会 »
最近の画像もっと見る

8 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
めっきり減りました (まーママ)
2006-09-18 06:49:11
ああ、こういう感じの喫茶店、めっきり減りました。マスターがお店の中のお客さんたちの状況を把握している感じがなんとなくして、かといっておせっかいではなく見守ってくれている感じのお店。常連が多いけど、フリではいっても丁寧に応対してくれる店。最近は安いコーヒーを入り口で売って、座席もトイレも勝手に使ってくれといった感じがするチェーン店が増えた気がします。
チェーン (kobecco)
2006-09-18 08:10:40
 チェーンで若いバイトの子がやっているというのがふえてきたのでしょうね。マニュアルどうり言われたことをやっているだけということで、期待と責任感がなくなってきました。喫茶店もアマチュア化しているようで、薄っぺらい感じですね。
Unknown (osaki)
2006-09-18 17:41:57
コーヒーを入れる機械が、よくなって、

味の差もだんだん無くなってきました。

1杯180円では、経営も大変です。

小さい椅子は、落ち着かないなぁ。
近所も数件潰れました (mura)
2006-09-18 21:19:34
駅前ではいろいろ店が増え、遅くまで店を開いたりするようになって、駅から遠い店は足が遠のくでしょうか。

家から数百m以内のコンビニ2件、飲食店3件、喫茶店1件、ガソリンスタンド1件が2年の間につぶれました。



小さいころ、5円玉を握って近くの店で飴を買いに行くのが楽しかった記憶があります。店のおじいさんやその仲間と、ちょっとした会話でしたが、人間の付き合い方の基礎にもなっていたような気がします。

昔の近所の店の役割をコンビニが担っていると以前店長が話をされたことがありますが、、便利さと安さ第一主義で、子供の人間社会の基礎作りを壊しているのが現実ではないでしょうか。荒れる子供の要因がこういうところにも関係していると思います。
まーママ様 (モリノブ)
2006-09-19 00:22:44
 喫茶店というよりも、コーヒー店ばかりが増えている気がします。値段で勝負ばかりでは、味気ないですね。

 昔ながらの喫茶店にがんばってほしいです。
kobecco様 (モリノブ)
2006-09-19 00:24:48
 喫茶店で休憩したい、そんな店が少なくなりました。マニュアル通り応対されるというのは、苦手です。
osaki様 (モリノブ)
2006-09-19 00:26:56
 自販機のコーヒーの味もよくなってきたのは間違いないですね。でも喫茶店は別の意味もあったのですが。

 厳しい時代です。味気ないけど。
mura様 (モリノブ)
2006-09-19 00:30:39
 コンビニは便利ですが、便利すぎると横着になりますね。

 目立たない間に、知らない間に、身近な店の倒産がふえていますね。

 いったいどこが景気がいいのだろうと思ってしまいます。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

日々の写真」カテゴリの最新記事