森信雄の写真あれこれ

日々の生活や散歩、旅の写真を掲載しながら、あれこれ思いを語ります。

仙人写真館 森信雄、36歳

2006-09-21 23:28:40 | 旅の写真 外国篇
 旅の仙人写真館の中国、東北の写真をスキャナーしていると、私が登場した。1988年8月とあるので今から18年前のことで、中国の長春で水津さんと初めて会ったときの一枚だ。
 その年の夏、私は一ヶ月、東北師範大学に短期留学した。と言っても午前中だけ授業で、午後は自由で週末旅行もあり、それが楽しみで、結局中国語の勉強の収穫はゼロだった。そこで水津さんと知り合い、一緒に街をうろついた。写真を始めたり旅をするようになったきっかけが、その出会いだったのだ。
 この写真が出てきて、懐かしい思いがこみ上げる。水津さんに撮ってもらった一枚は、私の新たな人生の出発点でもあった。でも、一ヶ月留学とは、私は何を考えていたのでしょうか?
 
ジャンル:
ウェブログ
コメント (8)   この記事についてブログを書く
« 黄色のバラ | トップ | 弁慶 »
最近の画像もっと見る

8 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
学生時代 (kobecco)
2006-09-22 00:09:46
 大学時代、授業にも出ずに友達の下宿で、本を読んだり、音楽を聴いたり、映画を見にいったりして過ごしていました。お金はありませんでしたが自由でした。青春を謳歌するといえば聞こえがいいが、人生の中で自由に一見無意味に思えることに精をだす時期があってもいいじゃないかなと思います。「この人は何をする人なんだろう。いいじゃないか、悪いひとじゃなさそうだ。」という水津さんの心の声が聞こえて来そうです。

 
めちゃいい写真 (ばらーず)
2006-09-22 07:54:42
ナイスですね。奥の銀歯キラリが、ダイヤモンドのきらめきのように見えますよ。
というと…。 (一酔斎)
2006-09-22 09:49:17
中国への『一ヶ月の留学』という事は、

『順位戦』を休場されていたのでしょうか?



『縁とは、本当に摩訶不思議』ですね。
kobecco様 (モリノブ)
2006-09-22 16:16:35
 この8月の短期留学は、長春だったのですが、短期間でも住むと愛着がわきます。

 夕方になると公園で、日本語を学ぶ中国の学生と話し込む日々でした。

 水津さんは中国語が中級コース(上級でもいいけど楽だからとのことでした)で、私は入門コース。向こうの先生はヘタクソな発音でも誉めてくれました。だからいまだに入門です。
ばらーず様 (モリノブ)
2006-09-22 16:19:31
 18年前だと、まだ若いですね。まだ歯がそろっています。

 中国に行ってからヒゲをのばしました。単純に手入れをしなかっただけですが。
一酔斎様 (モリノブ)
2006-09-22 16:22:37
 当時の順位戦は、8月は休みでした。だから逆にこの時期しか行けなかったのです。

 行く前に「次の一手」の付録で費用作りに専念していました。不純ですね。

 スーパートリック誕生の真相です。
Unknown (osaki)
2006-09-22 19:06:15
か・・かなり人民化していますね!



人民ワイシャツの着こなしもナカナカ・・・。
osaki様 (モリノブ)
2006-09-25 09:47:41
 人民化そのものです。ワイシャツのこなしも堂にいっていますね。(他人事ですが)

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

旅の写真 外国篇」カテゴリの最新記事