森信雄の写真あれこれ

日々の生活や散歩、旅の写真を掲載しながら、あれこれ思いを語ります。

村山聖の色紙

2015-08-04 07:53:49 | 村山聖
   この色紙は私の結婚式のときに、村山君が書いてくれたものだ‥後で聞いて知ったのだが、じつは(師匠は一生独身と思っていたので?)さみしかったらしい‥それを踏まえてこの色紙を見ると切なくなってくる‥




 これは京都新聞社の棋王戦の前夜際だったような気がする。このなんとなく物憂い村山君の表情は多かった
コメント (4)   この記事についてブログを書く
« 夏休み「ピピアめふ子ども入... | トップ | 宝塚花火大会 »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
最強師弟コンビ (冬扇)
2015-08-04 11:17:35
いやー、懐かしい!公開対局の前夜祭ですね。
一般観戦者として参加した私は、壇上主役の
対戦者(南さんと羽生さん)より、隅っこに遠慮がちに
立っている師弟コンビに目を奪われました。

お二人は、光の当たる場所に引っ張り出されたのが
いかにも面映く、居心地悪そうでしたが、
そうした思いとは裏腹に、強烈な存在感で
辺りに異彩を放ってしまうのでした。

私はその毒気(失礼!)に当てられ、
たちまちファンになってしまいました。
懐かしい写真 (モtリノブ)
2015-08-04 14:53:57
あのときの写真なのですね。とっても懐かしいです。私はこんなにむさくるしかったのかなあ?村山君もこの場が苦手そうです。そういう状況を思い出します。ありがとうございました。
聖の青春に出てきましたね!師匠は独身だと固く信じていました! (みなこ)
2015-08-06 10:54:31
私も中学三年の息子もこの夏に『聖の青春』を読み、森師匠と村山さんを初めて知りました。息子は今まで読んだ本の中で1番心に残る本だったと話しています。本音で色々な事に向かっていく愛情豊かな村山さんの人間性に惹かれたようです。股関節の怪我でサッカーがもう出来ないんじゃないかと不安な今読んで、これからだなと改めて自分に喝を入れたようです。村山さんの『諦めずに戦うべきです』が聞こえてくるのかもしれません。私は村山さんの二歳下です。加藤さんと村山さんが殴り合いになった後の師匠のお二人へのお言葉がどんなに加藤さんと村山さんが救われただろうかと、本当に感動しました。村山さんのお母様トミコさんからも学ばせていただく事がたくさんありました。私の家族にとって『聖の青春』は大切な宝物になりました。
聖の青春 (モリノブ)
2015-08-07 23:38:21
コメントありがとうございます。
 歳月を経ても強烈な思い出が残っていて、今もなお村山聖九段が身近にいる感じがしています。聖の青春を読んでいただいてのメッセージはとっても嬉しいです。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

村山聖」カテゴリの最新記事