おぢのニセコ山暮らし

山暮らしのあれこれを書き綴ります

休煙7年目に突入

2014年04月25日 | Weblog

 

午前6時の気温はマイナス1度。晴れておって、すこぶる良い天気でござる。

でもって、空は朝焼けに染まっておって、なんだかきょうもいい一日になりそうじゃ。

ではありますが今朝のおぢ、さっぱり爽やかではござりません。

ちょいと二日酔い、プチ・ゲロゲロ状態なのです。

昨夜、おそば屋さん宅にお招きにあずかり、午後5時前から呑んじゃたためでござる。

どう考えても自業自得ですけど、辛いなぁ。

ウニ頭をひねって思い出してみると、350ミリリットルの缶ビール4本とワイン少々呑んだだけでした。

お酒は弱くなりましたし、性欲もさっぱり。

仏様のような生活でござる。

って、よく考えたら60歳も半ば近くってことだ、しっかり仏様に近づいておるんだわ。

シクシク、、、

話は戻って、以前のようにタバコを吸っておったころの二日酔いはもっと酷かった。

気持ちが悪かったのは、酒をたくさん呑んだからではなくて、タバコをたくさん吸ったためってことでしたね。

何十年も吸い続けて、大病もせず、よくもまぁ無事だったと思います。

百害あって一利なしってことで、タバコだけは、止めるにこしたことはございません。

当ブログで検索したら、おぢがタバコを休んだのは2008年4月24日のことでござった。

ちょうど丸6年が経っております。

過去に禁煙したのは2回ある。それぞれ3年づつ経過したところで復活しておりました。

そんなことで、18歳から63歳の今に至るまで、タバコを吸ってない期間は、わずか12年。

30年以上も吸っていたのですから、「日本たばこ」から感謝状が届いてもよさそうなもんだ。

2008年の4月27日の当ブログには、こう書いてありました。

「きのうはブログの更新を忘れちゃいました。頭がボーッとしておって、どもこもならんのじゃ。理由ははっきりしておりまする。ニコチンの禁断症状と、シラカバ花粉症による幻覚二重奏なのじゃ」。

6年前、まだ50代だったおぢ、「幻覚二重奏」とはなかなかうまいこと書いてます。

頭のキレも、おしっこのキレも、いまより格段によろしい。

そんなことで、そろそろシラカバ花粉症もやって来ておかしくないのですが、いまんとこ目もショボショボしておらん。

去年の今頃は診療所で処方してもらった薬を服用しておって何事もなく無事でしたけど…

花粉症、とうとう治ったか?

それとも昨年購入したダイキンの空気清浄器がうまく機能しておるためか?

もしかするとタバコを止めたことがきっかけで花粉症とおさらばできたのでしょうか?

おぢの花粉症の成り行き、この先大注目なのでござる。