「流山の素浪人」の時々雑感・日々雑感

初老になった私の身の回りで起こる、何気ない出来事をブログにし、回転がめっきり遅くなった脳みそに「喝」を入れたい。

埼玉県新座市の平林寺に行ってきた

2021年12月02日 11時06分00秒 | 日記

11月26日に、友人ご夫婦と紅葉で有名な平林寺に行ってきた。

平林寺訪問は今回で3回目だが紅葉の時期は、武蔵野平野で有名な散策スポットと

なっており、コロナ前は2/3は外国人であったが、今回は入園者も少なく、大半は

日本人でありました。

 

平林寺の創建は南北朝時代の1375年で、変遷を経て川越城主の松平伊豆守信綱一族

の菩提寺となり、岩槻から現在の新座市野火止に移転しました。

境内の散策路は2Kmほどで、我々年寄りにはおにぎりを昼食を摂りながらちょうど良い

境内散策となりなりました。

さすが、川越藩主松平信綱が再興しただけに、立派な石柱の松平家累代のお墓があり、

その数は170基を超えています。

少し断念だったのは、以前は境内をぐるっと一回りできた散策路の一部が通行止めと

なっていて、途中から折り返しとなっていた。

何はともあれ、紅葉の名所だけのことはあり、この時期に一度訪れることをお勧めします。

  

また、境内の周りに野火止の小川が流れており、小魚が泳ぐ清流は今も現存しています。

境内の周りの景色も秀逸で、JR武蔵野線新座駅から片道2.5Kmほどで、今日1日の

ウオーキングは1万6千歩だった。

 

コメント   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 紅葉狩りと温泉旅行 | トップ |   
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事