NAO日和

ピアノ講師NAOの日々感じた事を本音でトーク♪
コーギー・B'z・グルメ話あり
映画の点数は自分の満足度で評価

「BLEACH 」

2018年07月26日 | 邦画

~死神よ、命をかけて護れ~

2018年  日本映画   (2018.07.20公開)
配給:ワーナー       上映時間:108分
監督:佐藤信介
原作:久保帯人  (集英社「週刊少年ジャンプ」連載)
脚本:佐藤信介/羽原大介
美術監督:斎藤岩男
衣装:宮本まさ江
音楽:やまだ豊
主題歌:〔Alexandros〕  『Mosquito Bite』
出演:福士蒼太・・・・・黒崎一護         田辺誠一・・・・・・浦原喜助
    杉咲花・・・・・・・朽木ルキア        早乙女太一・・・・阿散井恋次
    吉沢亮・・・・・・・石田雨竜         MIYAVI・・・・・・朽木白哉
    真野恵里菜・・・井上織姫         長澤まさみ・・・・黒崎真咲
    小柳友・・・・・・・茶渡泰虎         江口洋介・・・・・黒崎一心

<見どころ>
長年にわたり「週刊少年ジャンプ」で連載され、日本のみならず海外でも熱烈に支持
される久保帯人の人気コミックを実写映画化。原作の「死神代行篇」を中心に、霊感が
強い高校生・黒崎一護が突然現れた死神・朽木ルキアから死神の力を与えられ、人の
魂を食う虚(ホロウ)という悪霊たちと戦う姿を描く。家族や仲間たちのためにホロウ退治に
身を投じる主人公の黒崎を演じるのは、『イン・ザ・ヒーロー』などの福士蒼汰。
『図書館戦争』シリーズで福士とタッグを組んだ佐藤信介がメガホンを取る。

<ストーリー>
霊が見える高校生・黒崎一護(福士蒼汰)は、ある日突然人の魂を食べる悪霊
「虚(ホロウ)」に襲われる。そこへ死神を自称する少女・朽木ルキア(杉咲花)が現れ
一護を救うために「虚」と戦うが、深手を負ってしまう。ルキアは、本来は人間に
与えてはならない死神の力の一部を一護に与える。

<感想>
原作=既読 アニメ=鑑賞

この世界観は、実写版では到底満足に描ききれるものではない、と思っていたので
ポイント割引きで鑑賞(笑)

 
話の内容は、8巻までの「死神代行篇」。8巻分の内容を、2時間でおさめるには
かなり端折らなくてはいけないのはわかるので、織姫や茶渡のエピソードが抜け落ち
てしまうのは否めませんが、なんだかなぁ。修行シーンを無駄に長々やるぐらいなら
浅くていいから、さくっと入れてほしかったです。

 
基本、漫画原作が実写版になる時、尺の問題上、いろいろ設定を変えてしまうのは
仕方ないと諦め、最近はなるべく肯定的に鑑賞するようにしているのですが
やっぱり、「そのシーン、ありえなくない?」ってつっこみいれてしまう箇所かなり多数・・・・。
(多すぎるので、書きませんけれど)
ルキアの髪型がロングになってしまっているのは、かなり違和感ありましたが
杉咲花さんの演技力のおかげで、そこは緩和されました。でも、ルキアのどこか哀愁
漂う仕草がもう少し欲しかったのも正直なところ。彼女の生い立ちの背景が重大
ですからね。(映画でも恋次が話していますが)

一番残念なのは、石田雨竜さんですね(涙)ファンの方には申し訳ないですが
吉沢亮くんじゃあないんだよなぁ・・・・。もっと細長いシュッとしたキャラなのに・・・。

EDで、「死神代行篇」って出たとなると、この後「尸魂界(ソウルソサエティ)篇」
やるのでしょうか?お願いだから、それは勘弁してください。
私の大好きな日番谷冬獅郎ちゃんを実写化だなんて、ありえません!!


原作を全く知らない方には、素直に楽しめる作品になっています。

点数:4点 (10点中)

『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« 冷やし甘酒ミルキー(期間限定) | トップ | 知らぬ間に・・・ »

コメントを投稿

邦画」カテゴリの最新記事