NAO日和

ピアノ講師NAOの日々感じた事を本音でトーク♪
コーギー・B'z・グルメ話あり
映画の点数は自分の満足度で評価

「ザ・ファブル」

2019年07月04日 | 邦画

~誰も殺さずに、救えるか~

2019年  日本映画  (2019.06.21公開)
配給:松竹   上映時間:123分
監督:江口カン
原作:南勝久  『ザ・ファブル』(講談社「ヤングマガジン」連載)
脚本:渡辺雄介
美術:小泉博康
音楽:グランドファンク
主題歌:レディー・ガガ  『ボーン・ディス・ウェイ』
ファイトコレオグラファー:アラン・フィグラルツ/岡田准一
出演:岡田准一/山本美月/木村文乃/福士蒼汰/柳楽優弥/向井理
   木村了/井之脇海/藤森慎吾/宮川大輔/佐藤二朗/光石研/佐藤浩市

<見どころ>
週刊ヤングマガジン連載の南勝久の漫画を、『永遠の0』などの岡田准一を
主演に迎えて実写映画化。天才的な殺し屋が休業し、一般人として生活する
さまを描く。共演には木村文乃、山本美月、福士蒼汰、柳楽優弥、向井理、
安田顕、佐藤浩市らが集結。脚本は『20世紀少年』『GANTZ』シリーズなどの
渡辺雄介、CMディレクター出身の江口カンがメガホンを取った。

<ストーリー>
標的を6秒以内に仕留める圧倒的な腕前から裏社会で恐れられる殺し屋、
通称ファブル(岡田准一)は、ボス(佐藤浩市)から「殺し屋を1年間休業し、
大阪で一般人として普通の生活を送る」というミッションを命じられる。
人でも殺したら処分されるという条件のもと、佐藤アキラという偽名を使い
相棒のヨウコ(木村文乃)と兄と妹という設定で、生まれて初めて普通の
生活をすることになる。

<感想>
原作未読。予告編を観て気になったので、公開早々に鑑賞。

 
木村文乃さんが、いつもとちょっと違うキャラだったのが新鮮。

そして、山本美月ちゃんの変顔連発にはびっくり。よく事務所OKしましたね(笑)
演技力は今回もいまひとつでしたけど、変顔の勇気には拍手。

 
岡田君主演でしたが、正直、柳楽優弥さんの怪演ぶりがインパクト強烈で。
ほんとにヤバイ雰囲気溢れていましたし、何気に良かったのは向井理さんの
ワルぶりかな。いつもいい男性役や、ちょっと尖った役ばかりだったので
こういう役柄がとても新鮮に感じました。

アクの強いキャラばかりなので好み分かれますし、グロかったですけど
私は楽しんで鑑賞することができました。

ただ、舞台が大阪なのに大阪弁の印象がとっても薄いのが残念。
特に、ボス格の2人の大阪弁、もう少しなんとかならなかったのかしら?

点数:7点 (10点中)


コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 「メン・イン・ブラック:イ... | トップ | 新品~ »

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (jasmine)
2019-07-06 20:52:08
映画館で予告を見て、面白そうだなって思いました。ドラマ白い巨塔での岡田さんも熱演だったので、気になります(^-^)
jasmineさんへ (NAO)
2019-07-07 21:00:36
基本ドンパチの映画なので、ちょっと
グロいシーンがいくつかありましたけど
そういうの苦手な私でも、あまり気にせずに
楽しめることができました。
ちょっとコメディ要素も入っていますね。

時代劇の色が強かった岡田君ですが、これを機に
現代劇の枠も広げていってほしいと思います。
しかし、柳楽優弥さんの演技は必見ですvv

コメントを投稿

邦画」カテゴリの最新記事