NAO日和

ピアノ講師NAOの日々感じた事を本音でトーク♪
コーギー・B'z・グルメ話あり
映画の点数は自分の満足度で評価

「フラガール」

2006年10月19日 | 邦画

むしゃくしゃした気分を一掃しようと、思い立って行ってきました。
「躍らせてくんちぇ~♪」  この言葉に全てがこもってました!

2006年 日本映画 シネカノン配給
監督:李相日
脚本:羽原大介・李相日
音楽:ジェイク・シマブクロ
出演:松雪泰子(平山まどか役・・・フラダンスの講師)
    豊川悦司(谷川洋二朗役・・・紀美子の兄)
    蒼井優  (谷川紀美子役・・・フラダンサー)
    山崎静代(熊野小百合役・・・フラダンサー)
    岸部一徳(吉本紀夫役・・・・・ハワイアンセンター部長)
    富司純子(谷川千代役・・・・・洋二朗・紀美子の母)

<見どころ>
常磐ハワイアンセンター(現在名、スパリゾートハワイアンズ)の誕生秘話を
描く感動作。
松雪泰子が、東京からフラダンスを教えに来るダンスの先生役で主演。

<ストーリー>
昭和40年、エネルギーの需要は石炭から石油へとシフト、世界中の炭鉱が
次々と閉山していた。
そんな中、福島県いわき市の炭鉱会社は、地元の温泉を活かしたレジャー施設
「常磐ハワイアンセンター」の計画を進めていた。
目玉となるのは、フラダンスのショー。
早速、本場ハワイでフラダンスを学び、松竹歌劇団で踊っていたという
平山まどか(松雪泰子)を東京から招き、地元の娘たちのダンス特訓を始める。
しかし数世代も前から山で生きてきた住民は、閉山して“ハワイ”を作る計画に
大反対。まどかや娘たちへの風当たりも強く…。

<感想>
■「なぜ、いわき市にハワイ?」の謎がこれで解けた!
いわき市なのにハワイとはなんで?・・・スパリゾートハワイアンズの名を
聞くたびにそう思っていたが、この映画を見たら事の経緯は、時代から
消え行く炭鉱業のみで生きてきた町の人々が、新たな人生のために
大きな賭けをした・・ということがよく分かった。
新しいことを試みるには、なんでも大変なのね。。ということも。

■ベタな展開だが、起承転結がはっきりしている
猛特訓の末、炭坑夫の田舎娘がプロのフラダンサーになっていく過程は
「スウィング・ガールズ」を思い起こすかのように爽快。
こういう話は、どうしてもベタな展開になってしまいがち。
本編も、ちょっとくどいんじゃない? と思う場面はあったが
言葉のなまりのおかげ? ベタさも柔らかく感じるから不思議。

■俳優陣、文句なし!
松雪泰子
さん、会心の演技でした。
  まどか役に入れ込んだ感じがよく伝わり圧巻。
↑ のフラダンスシーンは、神々しく感じちゃいました。素直にキレイ!
個人的には、男風呂に怒鳴り込むシーンに拍手おくりたいです。

蒼井 優さん、もう1人の主役といっても過言じゃない見事な演技でした。
  いや~将来楽しみな女優さんです。
素朴な炭鉱娘からフラダンスを覚え、きっちりメイクを施して踊るその表情は
めちゃめちゃ色っぽかったです。
彼女、化けますね。この化け方に、思わず身震いしてしまいました
最後のオープン初日に踊るフラシーンは、圧巻でした。お見事!
この作品で、女優として更にランクアップすることは間違いないでしょう~。

富司純子さん、さすがの演技。
  さすが大女優、炭坑妻を見事に演じてました。
歌舞伎俳優の奥様なのに、この作品ではどこから見てもいなかのおばちゃん。
親娘の葛藤も、うまく演じてらっしゃいました。
さすがの一言に尽きます。

しずちゃん、けっこうイケてましたよ!
  しかしやっぱデカイよなぁ~しずちゃん!
蒼井優ちゃんの隣だと余計にそう感じます。
またしずちゃん、意外にいい演技するんだわ、これが。
自然体で好感持てました。 そして、フラダンスよく頑張ったよ思うよ、うんうん!

男性陣も頑張ってましたが、女性パワーがすごかった。
あ~そうそう、岸部さんが福島弁でまくし立てるシーン。
あんな早口、よく舌かまずに言えたな~、岸部さんの演技にはほんと笑えます!

■フラダンスが踊りたくなった~
フラの手の動きは手話のような意味がある・・・・・初めて知りました。
フラは言葉を持たない時代からの自然への敬意なんかを表すものだそうで。
だから、じっくり見てみるとすごく神秘的にも感じます。
フラダンスシーンは、目を見張るものがありました。
どんなに辛くても「笑顔」を絶やさない彼女達。
未来に希望を託して頑張る姿には、見ている私たちに感動を与えます。
明日への息吹を感じる・・・・・こういう映画は力がありますね。

日本映画もやるじゃん!と思わせる映画。
ジェイク・シマブクロの音楽が、田舎のダサさを払拭してくれる
粋な音に仕上げてくれてます。
泣いたり、笑ったり、と見ているほうも大変!

でも、今年邦画の中でもTOP3に入る出来!と感じた、秀逸作品でした。

スパリゾートハワイアンズに行きたくなってきた~。

点数:9点 (10点満点)


コメント (22)   トラックバック (7)   この記事についてブログを書く
« 好きな声優バトン | トップ | NANA#27 »

22 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
おはようございます (おばさんFP)
2006-10-19 06:16:22
そうですか、この映画前評判はよかったですもんね。

DVDになったら是非見てみます。
はじめまして。 (タク)
2006-10-19 07:06:10
はじめまして、書き込みさせていただきます。音楽の街、浜松に住んでいるタクといいます。hiyokoさんのところから、とんできました。以前から、NAOさんのテレビや映画に関する記事、楽しく読ませていただいてました。今回は、地元いわき市が舞台の映画ということで書き込みしました。ハワイアンズ、楽しくところなのでNAOさんも、機会があったら是非行ってみてください。これからも、コメント書きたいと思います。よろしく、お願いします。
フラガール評判ええね! (めるめる)
2006-10-19 07:22:24
あっちでも、こっちでもブログの間で話題になってるわぁ、この映画。

NAOさんの評価も高いよね。

日本映画って、なんか興味なかったんやけど見たくなった。



音楽がジェイク・シマブクロさんなので、そっちも興味ある~。

私の知り合いが、この方のレッスンの為だけに、年に数回ハワイへ飛び立ってます。

映画見に行く余裕がないので、VDになったら速攻で見るわ~。
いわき市に・・・ (らら)
2006-10-19 08:01:29
わたしもずっとなんでいわき市にハワイアンズがあるのかな~

って不思議に思ってました。なんか「東北のハワイ」って

呼ばれてるらしくて、それぐらい東北の中ではあったかい場所だから

なのかな~って想像してたのですが。



「フラガール」見てみたいです!フラも好きだし、

なんてったってしずちゃんの演技も見てみたいっ!!

おばさんFPさんへ (NAO)
2006-10-19 08:50:39
久々に「邦画もやるじゃない」と思わせてくれた作品でした。

大金使わなくても、いい映画は出きる!という見本作品かと思います。

是非、DVDが出たらご覧下さい。
タケさんへ (NAO)
2006-10-19 08:54:59
タケさん、はじめまして。

コメントありがとうございました。



いわきご出身なんですか~。

この映画で、ハワイアンズの由来がよ~くわかりました。

この建物を建設するのに、みなさんがどれだけ悩んで苦労したのかも。

久々に「いいじゃん!邦画も!」と感じた作品でした。是非、アカデミー賞に残って欲しいな~。



>以前から、NAOさんのテレビや映画に関する記事、楽しく読ませていただいてました



ほんとですか! ありがとうございます。

これからも楽しい記事書いていきますので、宜しくお願いします。

またいらしてくださいね~♪
めるめるさんへ (NAO)
2006-10-19 08:58:56
いや~久々に「邦画もええやん」と感じた作品でしたよ。



>音楽がジェイク・シマブクロさんなので、そっちも興味ある~。

またこの方の音楽がええんだわ。

いわきのど田舎風景が、この音楽でかなりダサ加減が払拭してくれるんだもん。

それと、フラダンスシーンはやっぱり圧巻かも!



DVDが出たら、是非ご覧下さい。

ほんま、泣いたり笑ったりと見てるこっちは忙しかったわ。^^;
ららさんへ (NAO)
2006-10-19 09:01:08
「フラガール」素直に良かったです。vv



しずちゃんが、意外にいい演技!そして、けっこう重要な役やってるのに驚きました。



フラダンスシーンは圧巻でした。

見る価値はありますよ。

ハワイアンズ、是非行ってみたいです。
Unknown (ZIN)
2006-10-19 09:30:06
この映画は 評判がすごい良いですよね~松雪泰子さんの演技やフラダンスのシーンは圧巻らしいです。是非観てみたいです。
ZINさんへ (NAO)
2006-10-19 13:12:57
松雪さんの演技をはじめ、出演者のみなさんいい演技されてました。



蒼井優さんの演技には、やられてしまいました。

彼女は、今後更に伸びますね。

宮崎あおいちゃん・沢尻エリカちゃんもいいですが

この作品で、私は蒼井優ちゃんをこれから応援して行きたい!と思ってしまいましたよ!!



フラダンスは圧巻です。

みんなよく練習したな~と感動しちゃいましたよ。

是非、ご家族でご覧下さい。(^^)v

コメントを投稿

邦画」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

7 トラックバック

いわきでフラを観たくなっちゃうョ (^_-) (たまごのなかみ)
寂れ行く炭坑町の物語です。 『フラガール』(劇場にて 10/11) 制作国:日本(2006年) 監督:李相日 振付/指導:カレイナニ早川 音楽:ジェイク・シマブクロ 出演:松雪泰子、豊川悦司、    蒼井優、    岸部一徳、富司純子、    山崎静代(南海キャ ...
フラガール (ネタバレ映画館)
でかい・・・しずちゃん。
★「フラガール」 (ひらりん的映画ブログ)
ホントは「レディ・イン・ザ・ウォーター」を見るつもりだったけど・・・ 時間の都合で邦画の「フラガール」。 予告編は何度も見てるのであらすじは大体判ってるけど・・・。 炭鉱娘が感動させてくれるのか???ってちょっと心配。
フラガール (お萌えば遠くに来たもんだ!)
観てきました。 <池袋シネ・リーブル> 監督:李相日 脚本:李相日 羽原大介 音楽:ジェイク・シマブクロ 昭和40年。もはや時代遅れとなりつつある常磐炭坑では、人員削減と共に新たな町興しとしての行楽施設の建設が計画されていた。常夏の島ハワイ ...
フラガール 06年205本目 (猫姫じゃ)
フラガール 2006年   李相日 監督松雪泰子 、豊川悦司 、蒼井優 、山崎静代 、岸部一徳 、富司純子 久しぶりに、姉君とデイト。 彼女はスネーク何とかって言う飛行機の映画をご所望でしたが却下。で、今、今年見た映画をざっと見返したのですが、、、 ...
『フラガール』 (京の昼寝~♪)
人生には降りられない舞台がある・・・。まちのため。家族のため、友のため、そして自分の人生のために、少女たちはフラダンスに挑む。   ■監督・脚本 李相日■キャスト 松雪泰子、蒼井優、豊川悦司、山崎静代(南海キャンディーズ)、富司純子、岸部一 ...
『フラガール』'06・日 (虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ)
あらすじ昭和40年、本州最大の炭鉱・常磐炭鉱では大幅な人員削減が迫り、かつての基幹産業としての隆盛は見る影もなくなっていた。そんなまちを救うため、この北国に“楽園ハワイ”を作り上げるという起死回生の一大プロジェクトが持ち上がる。目玉はフラダンスショー。盆...