NAO日和

ピアノ講師NAOの日々感じた事を本音でトーク♪
コーギー・B'z・グルメ話あり
映画の点数は自分の満足度で評価

「七つの会議」

2019年02月16日 | 邦画

~正義を、語れ~

2018年  日本映画   (2019.02.01公開)
配給:東宝      上映時間:119分
監督:福澤克雄
原作:池井戸潤
脚本:丑尾健太郎/李正美
音楽:服部隆之
主題歌:ボブ・ディラン  『メイク・ユー・フィール・マイ・ラヴ』
出演:野村萬斎/香川照之/及川光博/片岡愛之助/音尾琢真/藤森慎吾
    朝倉あき/岡田浩暉/木下ほうか/吉田羊/土屋太鳳/小泉孝太郎
    溝端淳平/春風亭昇太/立川談春/勝村正信/世良正則/鹿賀丈史
    橋爪功/北大路欣也

<見どころ>
「半沢直樹」シリーズなどで知られる作家・池井戸潤の小説を原作にしたミステリードラマ。
部下によるパワハラ告発を機に起こる波乱をスリリングに映し出す。
メガホンを取るのは、池井戸の原作のドラマ「半沢直樹」「下町ロケット」などの演出を
務めた福澤克雄。『のぼうの城』などの狂言師・野村萬斎、歌舞伎役者としても活動
している香川照之、『相棒』シリーズの及川光博のほか、片岡愛之助、音尾琢真、
立川談春、北大路欣也らが出演。

<ストーリー>
都内の中堅メーカー、東京建電の営業一課で係長を務めている八角民夫(野村萬斎)。
最低限のノルマしかこなさず、会議も出席するだけという姿勢をトップセールスマンの
課長・坂戸宣彦(片岡愛之助)から責められるが、意に介することなく気ままに
過ごしていた。営業部長・北川誠(香川照之)による厳格な結果主義のもとで
部員たちが疲弊する中、突如として八角がパワハラで坂戸を訴え、彼に異動処分が
下される。そして常に2番手だった原島万二(及川光博)が新課長に着任する。

<感想>
池井戸作品の映画化2作目。 公開早々に鑑賞しましたが、ちとUP遅め^^;

 
「半沢直樹」「下町ロケット」で出演されていた人が大多数で、池井戸作品
俳優顔見世って感じ(笑)
しかも、有名俳優さんが何人も1シーンのみの出演だったのにも驚き。
なんて贅沢な使い方なんでしょ。

 
ノルマばかりを追い求める企業体質が、今回の事件を引き起こしてしまうわけですが
こういう体質、日本企業にはまだまだ多いんでしょうね。
話違いますが、お嬢の勤めている企業は、1年間有休を全く取らなかったら
金一封がもらえるそうで・・・・(驚)これ、いいのか?よくないでしょ?
「会社の為に働け」と言わんばかりの企業体質、残念ながら今の日本社会は
未だにあるように感じます。

人の役に立つもの&安全なものを作る&売ることによって、社会貢献に満足
する企業体質になっていけば、不正なんていうものは少なくなるだろうと思いますが
現実はなかなか・・・。なので、EDで八角が述べていた「隠蔽を起こさない方法」が、
実に的を得ていて納得です。

池井戸作品を見ていると、現代版時代劇という印象を受けます。だから人気が
あるのかもしれませんね。アクが強すぎる俳優さんばかりで、人によっては
「くどすぎる」と思われますが、そんな中、ミッチーと朝倉あきさんのほんわか
上司部下コンビが、八角の秘密をといていく流れは一服の癒しに感じました。

映画を見てたら、久々にドーナツ食べたくなりました(笑)
そういや、「空飛ぶタイヤ」もカギはねじでしたね・・・・。この作品もねじ。
池井戸さん、ねじが好きなのかな?

原作読んでいないので、読んでみようと思います。

点数:8点 (10点中)


コメント (4)   この記事についてブログを書く
« シャンプーが原因?? | トップ | 「ファースト・マン」 »

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (jasmine)
2019-02-16 18:21:36
これ、是非観てみたいです。
半沢は台湾でも吹き替え版が人気だったそうです。
欧米とは違う会社体質が台湾人にも共感されるんでしょうね。

池井戸作品、面白いですよね。
最近「ようこそ我が家へ」というのを読みました。
会社でのゴタゴタとも闘いながら、ちょっとした逆恨みから家族にも被害が及ぶ事件と並行しながら話は進みます。警察がなかなか動いてくれない中、大学生の息子を中心に解決まで持っていく家族の一致団結が痛快でした。
芯のある~ (cyaz)
2019-02-16 22:57:19
NAOさん、こんばんは^^

なかなか芯のある作品でした!
あれだけ池井戸作品経験俳優たちが登場し、
逆にこの映画にマイナスに働くかと思いきや、
邪魔にならずしっかり仕上がっていたと思います。
もっと細かく連ドラとして観てみたい気がしました^^
jasmineさんへ (NAO)
2019-02-17 01:07:31
池井戸作品、企業あるある話なので
つい読んだり見たりしちゃいますね。

閉塞感漂う今の時代、せめて話の中でも
スカッとしたい思いがあるのかもしれません。

現実にもこういうスカッと感ある社会になって欲しいですが・・・。
「ようこそ我が家へ」はまだ読んだことないので
本屋さんに行ってみようそ思います!^^
cyazさんへ (NAO)
2019-02-17 01:16:18
こんばんは~cyazさん♪

アクの強い俳優さんばかりでしたが、キャスティングが
合っていて、飽きずに観ることが出来ました。

確かに漣ドラで見てみたいですね。

池井戸作品は、連ドラでじっくり見た方が
より楽しめる様な気がします^^

コメントを投稿

邦画」カテゴリの最新記事