NAO日和

ピアノ講師NAOの日々感じた事を本音でトーク♪
コーギー・B'z・グルメ話あり
映画の点数は自分の満足度で評価

「64-ロクヨン-前編」

2016年05月21日 | 邦画

~犯人は、まだ昭和にいる~

2015年  日本映画  (2016.05.07公開)
配給:東宝   上映時間:121分
監督・脚本:瀬々敬久
原作:横山秀夫  『64(ロクヨン)』(文藝春秋刊)
脚本:久松真一
音楽:村松崇継
主題歌:小田和正 『風は止んだ』
美術:磯見俊裕
出演:佐藤浩市/綾野剛/榮倉奈々/夏川結衣/窪田正孝/金井勇太
    筒井道隆/鶴田真由/赤井秀和/菅田俊/小澤征悦/菅原大吉
    坂口健太郎/瑛太/椎名桔平/遠藤賢一/烏丸せつこ/奥田瑛二
    仲村トオル/吉岡秀隆/永瀬正敏/三浦友和

<見どころ>
『半落ち』などの原作者・横山秀夫が執筆した小説を、佐藤浩市ほか豪華キャストで
映画化した犯罪ドラマの前編。平成へと年号が変わる直前の昭和64年に起きた
未解決の誘拐事件「ロクヨン」をめぐり、県警警務部の広報官を主人公に警察内部
の対立や県警記者クラブとの衝突などを浮き彫りにしていく。
監督は『ヘヴンズ ストーリー』などの瀬々敬久。主演の佐藤のほか、綾野剛、
榮倉奈々、瑛太らが出演。緊張感あふれる演出と演技で描かれる、お蔵入り事件の
謎や登場人物たちの確執に注目。

<ストーリー>
わずか7日で終わった昭和64年。その年に起きた少女誘拐殺人事件、
“ロクヨン”から14年が経過し、未解決のまま時効が近づいていた。そのロクヨンの
捜査に携っていた警務部秘書課広報室の広報官・三上義信(佐藤浩市)は、
記者クラブとの不和、刑事部と警務部のあつれき、ロクヨンを模倣したような
誘拐事件に直面し……。(シネマトゥディより)

<感想>
原作=未読  TV版=未見

キャストが主役級の人ばかり出てるから、それだけでも贅沢な映画でしたが
中味も負けずに重厚な感じに仕上がってました。

 
てっきし「64」事件を解明していく刑事ドラマかと思ってましたが、事件を通して
警察内部各部署の対立が前編のメインという印象でした。

 
とりわけ、終盤繰り広げられた県警広報課と記者クラブとのバトルは、見応えがあり
こちらまで息苦しく感じたほどでした。広報課にかみつく記者を演じた瑛太くん、
なかなか良かったですよ。 後編も楽しみです。

少女誘拐殺人事件を追う三上も自身の娘の家出で、悩み事がつきないなど、
事件・警察内部・家庭問題・・・・といろんなことが交錯する人間ドラマに、2時間
釘付け状態でした。

「64」事件は、前編では序章。。。という感じでしたね。

後編で、事件はどう解決するのか?
家出した三上の娘は無事に家に戻るのか?

孤独に戦う三上を見るのは、少々辛いですが、後編もしっかり観たいと思います。

内容は少し難しいかもしれませんが、若い世代の方にも観てほしい作品ですね~

点数:9点 (10点中)


コメント   トラックバック (7)   この記事についてブログを書く
« ゴントランシェリエのクロワ... | トップ | KYOSUKE HIMURO~LAST GIGS ... »

コメントを投稿

邦画」カテゴリの最新記事

7 トラックバック

64-ロクヨン-前編  監督/瀬々 敬久 (西京極 紫の館)
【出演】  佐藤 浩市  綾野 剛  榮倉 奈々  瑛太 【ストーリー】 わずか7日で終わった昭和64年。その年に起きた少女誘拐殺人事件、“ロクヨン”から14年が経過し、未解決のまま時効が近づいていた。そのロクヨンの捜査に携っていた警務部秘書課広報室の広報官・...
64 ロクヨン 前編 (映画的・絵画的・音楽的)
 『64 ロクヨン 前編』をTOHOシネマズ渋谷で見ました。 (1)以前、原作小説を読んでとても面白いと思い、なおかつ佐藤浩市が主演の作品ということで、映画館に行ってきました。  本作(注1)の冒頭は、昭和64年1月5日。  まず漬物工場が映し出され、併設されている住...
「64(ロクヨン) 前編」 (ここなつ映画レビュー)
後編が待ち切れない。こんな気持ちは久々だ。昭和最後の7日間に起こった少女誘拐殺人事件。通称「64(ロクヨン)」。時効まであとわずか一年に迫った平成14年、事件は大きく動き出す…。そうか、昭和64年って、平成元年って、もはやこんなにノスタルジックな風景なのか。...
前編は事件より警察内部のドラマ (笑う社会人の生活)
8日のことですが、映画「64 -ロクヨン- 前編」を鑑賞しました。 わずか7日で終わった昭和64年 その年に起きた少女誘拐殺人事件、通称ロクヨンから14年が経過し 未解決のまま時効が近づく中 そのロクヨンの捜査に携わり現在は警務部 広報室の広報官の三上は再びこの事....
「64-ロクヨン-前編」 報道の役割とは (はらやんの映画徒然草)
例によって原作は未読ですが、横山秀夫さん原作の作品らしく骨太のドラマとなっていま
「64-ロクヨン-前編」 (三毛猫《sannkeneko》の飼い主の日常)
昭和64年。 少女が誘拐された事件は最悪の結末を迎えた。 時代は平成となり誘拐殺人事件は時効まであと1年。 64(ロクヨン)(上) D県警シリーズ (文春文庫)横山秀夫 文芸春秋 by G-Tools
『ちはやふる上の句』を109シネマズ木場2で、『64前編』をトーホーシネマズ府中3で観て(64にネタバレ記述あり)、どっちもグ... (ふじき78の死屍累々映画日記)
前編同士ほんに傑作。 私は、映画の中のキャラが立ってて役者がステキな映画が好きなのだ。 どっちも条件バッチリ。 ちなみにどっちも原作未読、派生物未鑑賞です。 ◆『ちはや ...