NAO日和

ピアノ講師NAOの日々感じた事を本音でトーク♪
コーギー・B'z・グルメ話あり
映画の点数は自分の満足度で評価

「スノーホワイト」

2012年06月21日 | 洋画

~この夏、世界は初めて出会う。戦う白雪姫と~

2012年   アメリカ映画      (2012.06.12公開)
配給:東宝東和           上映時間:127分
監督:ルパート・サンダース
原案:エバン・ダーカティ
音楽:ジェームズ・ニュートン・ハワード 
出演:クリステン・スチュワート/シャーリーズ・セロン/クリス・ヘムズワース/サム・クラフリン
    イアン・マクシェーン/トビー・ジョーンズ

 <見どころ>
世界中で愛されているグリム童話「白雪姫」を大胆にアレンジした、白雪姫と女王が死闘を
繰り広げるアドベンチャー。戦術とサバイバル術を身に付けた白雪姫ことスノーホワイトには
『トワイライト』シリーズのクリステン・スチュワートがふんし、『モンスター』のシャーリーズ・セロン、
『マイティ・ソー』のクリス・ヘムズワースが共演。
メガホンを取るのはCMディレクター出身のルパート・サンダーズ。オリジナリティーを加えた
ストーリーはもちろん、白雪姫の斬新なイメージを演出するスタイリッシュな映像やファッションも
要チェックだ。

<ストーリー>
とある王国の王と王妃の間に生まれ、肌の白さがまるで雪のような美しさを持つスノーホワイト
(クリステン・スチュワート)は、一家で仲むつまじく生活していた。ところが、スノーホワイトが
幼いころに王妃が事故によってこの世を去ってしまう。大きなショックを受けた王だったが、
ラヴェンナ(シャーリーズ・セロン)という美女に一目ぼれし、彼女を王妃として迎えることを
決める。しかし結婚式の夜に、王はラヴェンナによって殺されてしまい……。

<感想>
誰もが知っている「白雪姫」を、どうダークな話に持っていったか?が気になって行って来ました。

率直な感想。 シャーリーズ・セロンがとにかく美しい!!!
 
衣装が見事なのも目がいったけど、なんといってもシャーリーズの美しさはハンパない!


衣装もすごくステキでウットリしちゃう。
逆に残念なのが、スノーホワイトを演じたクリステン・スチュワート。

ふつーに見るとかわいいんだけどなぁ~。でも、シャーリーズの圧倒的な美しさには完敗。
思うに「トワイライト~初恋」の頃が、一番愛らしく感じたのは私だけ?
なんか、年々ふつーっぽく見えてきてしまうんだけど・・。

戦う姿は、ジャンヌ・ダルクのよう。  戦う白雪姫自体は悪くなかったです。
その要因は、いまひとつ説得力に欠けるような気もしましたが。

スノーホワイトの周りには2人の男性が。
 
うーん、クリス・ヘムズワース、「ソー」のイメージが抜けないわぁ~。
このシーンも、ハンマーから斧に変えたの?って心の中でつっこんでしまった。。。。

で、小人ちゃんは、オッサンばっかり。

シャーリーズ・セロンは、文句なし。 逆に主役を食ったんと違う?という印象。
クリステンも悪くはないんだけど、ミスキャストって印象。
白雪姫のイメージじゃないよなぁ・・・・・。 不健康そうな顔にしか見えん。

映像は、前評判どおり、きれいで見ごたえがありました。
ただ、「もののけ姫」「ロード・オブ・ザ・リング」を思わせるシーンが、多く見られたのには
ちょっとドン引き・・・。
まさか、この映画でシシ神様を見るとは思いもしませんでしたよ。

で、この内容で2時間ちょいというのは、長すぎ。
別に眠くはなかったのですが、中盤とにかくグダグダで、思わず時計を見ちゃいましたわ。
もっと凝縮すればいいのに。。

というわけで、この手の映画好きなんですが、いまひとつ中途半端な印象の作品でした。 

聞くところによると、これ3部作だそうで。  どうやって、これ3部作にするんだ????

点数:6点  (10点満点)


コメント (6)    この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
goo blogユーザーが出品しています
他の出品作品をマルシェルで見る
« 緊急部活懇談会 | トップ | 今年もやってきました »

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ジュリア・ロバーツ版も~ (cyaz)
2012-06-22 12:50:43
NAOさん、こんにちは^^

「ミラ~、ミラ~」と超低音のセロンの声が、
予告で何度か観たために、耳の奥で響いてます(笑)
でもまだ未見です。 どうしようかな(笑)
このあと、ジュリア・ロバーツ版もありますよね
観ておくべきかどうか考えているようで、
終末はどこにアジサイを見に行こうか、
そのほうが勝っているcyazでございます
cyazさんへ (NAO)
2012-06-22 20:43:46
こんばんは~cyazさん♪

これはシャーリーズファンは必見の作品だと思います。
主役より断然勝っちゃってます^^;

秋のジュリア・ロバーツ版と比較して観るのいいかも!です。
あっちはコメディっぽいんでしょうかね?
予告みると、そんな感じがするのですが

>アジサイ

今年はアジサイ見にいけなさそうですーー;
犬の散歩で川沿いに咲いているアジサイで今年はがまんしようかな
昨日、見ました~。 (ベル)
2012-06-29 20:08:20
NAOさん、こんばんは、ベルです。

「スノーホワイト」、とても楽しみにしていて、やっと、昨日見に行くことが出来ました~。

わたし的な印象では、なんというか、男性陣の影が薄い、「戦う女性達の物語」という感じでしたが、面白かったです!


シャーリーズ・セロンは凄かったですよね。
あの圧倒的な美貌は、完全に、スノーホワイトちゃん、霞んでしまってました(^^;

私としては、アマンダ・セルフライドの方が、スノーホワイトのイメージだったなぁ~。


そうそう。

映像は、とても綺麗でしたが、私も、「ロード・オブ・ザ・リング」みたい・・・と想っちゃいましたです(笑)

あと、ジブリみたいなあれは、流石にちょっと・・・(--;


それにしても、最近、童話モチーフの映画って多いですね。

ジュリア・ロバーツ版の「白雪姫」も、楽しみにしています。

ではでは★
ベルさんへ (NAO)
2012-06-30 00:06:30
こんばんは~ベルさん♪

ほんと確かに男性陣の影はちょい薄かったですね。
シャーリーズ・セロンの圧倒的な美しさと存在感の印象が強く感じちゃいました。

>私としては、アマンダ・セルフライドの方が、スノーホワイトのイメージだったなぁ~。

同感です!!!
クリステンの目が、なんか不幸さ漂って^^;
アマンダの方が、イメージ合ってますよね。まさに太陽って感じで。
これ、絶対キャスティングミスだと思いますわーー;

>あと、ジブリみたいなあれは、流石にちょっと・・・(--;

ですよねぇ~
もののけ、最大の山場シーン、まんま使用ってかんじでドン引きですーー;;;;

>ジュリア・ロバーツ版の「白雪姫」も、楽しみにしています。

私もです。予告見る限りではかなり対照的な作品みたいですね^^
きっと 何百年後には 白雪姫は 内容もガラッと変わりますよ (zebra)
2012-11-15 15:15:46
>率直な感想。 シャーリーズ・セロンがとにかく美しい!!!
>衣装が見事なのも目がいったけど、なんといってもシャーリーズの美しさはハンパない!
>衣装もすごくステキでウットリしちゃう。
逆に残念なのが、スノーホワイトを演じたクリステン・スチュワート。
>ふつーに見るとかわいいんだけどなぁ~。でも、シャーリーズの圧倒的な美しさには完敗。

他のブログも拝見してみましたが
セロンが演じた悪の女王のほうが 白雪姫よりも好評価みたいですね~
 セロンが白雪姫でもよかった気はしますよ・・・まあ、熟女(失礼!)の白雪姫も悪くないかな

>ただ、「もののけ姫」「ロード・オブ・ザ・リング」を思わせるシーンが、多く見られたのには
ちょっとドン引き・・・。
そこも他のブログでも 「それは ないだろ~」という意見も多々あります。

 映画会社も ディズニーピクチャーズではなく ユニバーサルですから ユニバ色になっちゃったのかな~

 何百年後 白雪姫にかぎらず童話は どんどん 内容が塗り替えられていくかも・・・

 白雪姫「ここにいる 兵は 私が守る!命にかえても・・・」
 「行くよ 野郎ども~! 命がけで 力いっぱい 戦え~」

 身長が2メートル超え 体重100㌔ の大柄で
ドレスや靴も 特注サイズ。酒豪で酒場をはしごしても 自分だけ酔わず  

格闘でも プロレス、カンフー、柔道 に精通して

自分よりでかい相手をジャーマンスープレックスを叩きつけ、鉄の棒を飴みたいに グイッと曲げる腕力がある とか・・・

 "アメコミ化"しますよ ア・メ・コ・ミ・化!!!いや・・・
白雪姫は ドイツだから・・・

ドイツの鉄血宰相ビスマルクをモデルにした 白雪姫。
自分ながら すさまじい 妄想力・・・いや想像力(苦笑い)  

 映画でも「もののけ」「ロードオブ」に あやかるくらいなら
 本国ドイツの帝国宰相に あやかったほうが サマになるってぇ~もんです
zebraさんへ (NAO)
2012-11-15 15:46:35
ずいぶん前の記事にコメントありがとうございます♪

シャーリーズの女王は、主役をくってましたね^^;
いろんな童話がありますが、もともとの話と若干変わっている・・なんていうのもありますよね。
白雪姫もそうなるんでしょうかね^^

コメントを投稿

洋画」カテゴリの最新記事