NAO日和

ピアノ講師NAOの日々感じた事を本音でトーク♪
コーギー・B'z・グルメ話あり
映画の点数は自分の満足度で評価

2018年映画総括

2018年12月31日 | 映画まとめ(索引)

今日で、2018年のブログ更新最終日。

恒例の今年の映画鑑賞総括を行いたいと思います。

1年間を通して印象に残った作品を選んでいるので、当初つけた点数と
前後が多少ありますので、ご了承を☆

作品をクリックすると感想記事にリンクします。

**********************************

01月
キングスマン ゴールデン・サークル」
「嘘八百」
「プラハのモーツァルト 誘惑のマスカレード」
「嘘を愛する女」

02月
「不能犯」

「祈りの幕が下りる時」

「スリー・ビルボード」

「マンハント」

「グレイテスト・ショーマン」

「今夜、ロマンス劇場で」

「The Beguiled/ビガイルド 欲望のめざめ」

03月
「シェイプ・オブ・ウォーター」

「15時17分、パリ行き」


04月
「ウィンストン・チャーチル/ヒトラーから世界を救った男」
「ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書」

「娼年」

「名探偵コナン ゼロの執行人」

05月
「アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー」

「ラプラスの魔女」

「孤浪の血」

「蚤とり侍」


06月
「友罪」

「ゲティ家の身代金」

「羊と鋼の森」

「万引き家族」

「ワンダー 君は太陽」

「空飛ぶタイヤ」

 07月
「ハン・ソロ/スター・ウォーズストーリー」
「パンク侍、斬られて候」

「BLEACH」

08月
「未来のミライ」
「ミッション:インポッシブル/フォールアウト」

「オーシャンズ8」

「銀魂2 掟は破るためにこそある」

09月
「マンマ・ミーア! ヒア・ウィー・ゴー」

「検察側の罪人」

プーと大人になった僕」 (日本語吹替版)
「カメラを止めるな!」
「コーヒーが冷めないうちに」


10月
「響-HIBIKI-」

「日日是好日」

「ルイスと不思議の時計」 (日本語吹替版)
「旅猫リポート」

 11月
「ボヘミアン・ラプソディ」
「ビブリア古書堂の事件手帖」

「ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生」

12月
「くるみ割り人形と秘密の王国」

Merry Christmas!~ロンドンに奇跡を起こした男~」

「アリー/ スター誕生」

以上、49本鑑賞

**********************************

<ベスト&ワースト作品>

ベスト映画5作品

☆洋画部門
 No.1 「ボヘミアン・ラプソディ」
クイーンをタイムリーで観ていた世代の一人として、これはもぅどこから観ても
感動ものの作品でした。リピ鑑賞を迷わす選択させる映画は、なかなか
ありませんよ。

 No.2 「ワンダー 君は太陽」
家族それぞれの視点から描いていたのが良かったし、お涙頂戴になって
いないのもGOOD。ジェイコブ君の演技が素晴らしかった!

 No.3 「ペンタゴン・ペーパーズ」
鑑賞前にTVで、このドキュメンタリー番組を見たので、より一層印象に
残った作品でした。信念を持って選択した彼女の潔さに静かな感動。

  
No.4 「ウィンストン・チャーチル」     No.5 「スリー・ビルボード」





☆邦画部門
 No.1 「羊と鋼の森」
ピアノを携わる私としては、この作品はとても印象に残りました。
曲の選択がとにかく世界観と合っていましたね。

 No.2 「銀魂2 掟は破るためにこそある」
銀魂ファンの私には、今回も抱腹絶倒の作品に仕上がっていました。
漫画実写化の数少ない成功作品の一つ。次回作もきっとあるんでしょうね~☆

 No.3 「カメラを止めるな」
1本で2度美味しさを味わえる、そんな作品でした。
ホラーと言う名のコメディ(笑)そういう撮り方があったのか!って思いました。

 
No.4「響ーHIBIKIー」           No.5 「日日是好日」

 

 ちょこっと ワースト作品 

 ★洋画部門
 「マンハント」
大阪舞台なのに、大阪弁がひとっつも出てこないのが最後まで気になったし
桜庭ななみちゃんの役は、やっぱり意味不明。

 

★邦画部門
 「BLEACH」
BLEACHの世界観は、絶対実写は無理なんですよ。見た瞬間、
ほら~やっぱり~と心の中でうなってました。
なんでもかんでも実写化にするんじゃない!の見本例です。


*********************************

今年は、49本と昨年よりかなり本数ダウンしたので、毎年ベスト9選出でしたが
本数にあわせてベスト5で選出しました。


2018年は、精神的&体調ともに疲弊した年で、尚且ついろんなアクシデントが
あり、思うように映画館に足を運ぶことができない1年でした。

またパソコンの前にいるよりスマホやタブレットに向かっている時間の
方が増えてきて、基本、ブログ作業をパソコンでしている私にとって
年々ブログに向き合いたいのに、その方向へ向かい辛くなりました。
周りを見渡してもブログの在り方が、ブログを始めた頃より
だいぶ変化してきているのを実感した年でもありました。

私は、本当パソコンに向かってブログを見て行きたい性質なので
これからも細く長くブログに関わっていけたらと思っています。
来年も引き続き宜しくお願い致します。

2019年は、以前のようにたくさんの映画が観ることが出来ますように。。


今年も当ブログを見てくださって、ありがとうございました。

それでは、皆様、良いお年を~

『映画DVD(レビュー感想)』 ジャンルのランキング
コメント (12)   この記事についてブログを書く
« 「アリー/ スター誕生」 | トップ | あけましておめでとうございます »

12 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
お世話になりました~ (cyaz)
2018-12-31 13:27:16
NAOさん、こんにちは^^

今年も今日限りですねぇ・・・。
さて、洋画の№1、2位、邦画の№4は
激しく同意です(笑)
年々観賞本数は減っているのですが、
来年も良い映画に出会いたいものです。

今年はお会いする機会もなかったですが、
近いうちに一杯やりましょう!
どうぞ良いお年をお迎え下さい。
映画は (みみ)
2018-12-31 17:19:24
お久しぶりです。NAOさんは、いつも映画が充実していますね。
私は舞台派なので映画館に行くのは少ないですが、今年は「パーフェクトofラブ」が良かったです。
来年も素敵な作品に出逢いますように
Unknown (Nakaji)
2018-12-31 17:39:00
お世話になります。
一緒の映画はいっててうれしい!!!
ワンダー 君は太陽も迷ったんですよね!!!

今年もお世話になりました。
ありがとうございました。なんかNAOさんとブログでお話しできるので本当にうれしい1年でした!
来年はsnsばかりではなく、ブログも更新していこうと思っています。

来年もよろしくお願いいたします。
よいお年をお迎えください。
あけましておめでとうございます (みすず)
2019-01-01 17:32:17
NAOさん、お久しぶりでございます^^

鋼と羊の森はわたしも好きな映画でしたー^^
良かったです、ほんとに。
銀魂ももちろん♪面白かった^^
映画もちょこちょこ見てたけど、なかなかパソコンの前に座る機会がなくて。
今年はもうちょっと書いていきたいなぁって思ってます^^

今年もよろしくお願いします。
cyazさんへ (NAO)
2019-01-04 17:23:32
cyazさん、あけましておめでとうございます。

邦画は、今年は洋画に比べて選びにくい1年だったような気がします。
ちょい小粒な作品が多かったですね。

今年は映画館に足を運べる回数を増やしたいです。

そうそう、ここ数年お会いしないので
今年はぜひオフ会で一杯!を実現したいですね!
本年もよろしくお願い致します^^
みみさんへ (NAO)
2019-01-04 17:25:43
みみさん、明けましておめでとうございます。

ほんとお久しぶりですね、コメントありがとうございました^^
舞台、昨年は歌舞伎を観劇しましたが
今年は現代劇を1度鑑賞したいです。
劇団新幹線とか^^

今年もよろしくお願い致します♪
Nakajiさんへ (NAO)
2019-01-04 17:28:04
Nakajiさん、あけましておめでとうございます。

同じ作品がかぶっていて私も嬉しいです^^
SNSの発達で、ブログ更新がなかなか・・・な状況に
なっていますが、今年もブログを通して仲良くお付き合い
よろしくです^^

1度直でお会いもしたいですね!!

本年も宜しくお願い致します♪
みすずさんへ (NAO)
2019-01-04 17:30:37
みすずさん、あけましておめでとうございます。

ほんと、おひさしぶりですね!
お元気そうで良かった♪♪

パソコンの前に座る機会、ほんと少なくなってきましたよね。
ブログを初めて10年以上になりますが
ネット環境がここ数年激変しているのを痛感します。

こちらこそ、今年もよろしくお願い致します。
ご無沙汰をしております (ここなつ)
2019-01-05 14:39:29
こんにちは、ご無沙汰をしております。
私のベストといくつか被っていましたので、とても嬉しくありがたいです。やっぱりいい作品って共通していいのだな、と。
でもでも「マンハント」ちょこっとワーストですかぁ!?うふふ、あれは結構「とんでも」作品として好きだったのですが…
ともあれ、どうぞ本年もよろしくお願いします。
ここなつさんへ (NAO)
2019-01-06 00:56:37
コメントありがとうございます!
こちらこそご無沙汰しております。

やはり良い!と思う作品は、共通しますね~♪
今回、洋画は、私の見た中では、絶対これがワースト!
っていうのは正直あまりなかったのですよ。
しいて言えば、「マンハント」の大阪なのに大阪弁が
ないのが、最後までう~ん・・・ということで挙げた次第です^^

今年はどんな作品が生まれれるか、楽しみですね。

こちらこそ、本年も宜しくお願いします☆

コメントを投稿

映画まとめ(索引)」カテゴリの最新記事