NAO日和

ピアノ講師NAOの日々感じた事を本音でトーク♪
コーギー・B'z・グルメ話あり
映画の点数は自分の満足度で評価

「劇場版 きのう何食べた?」

2021年11月19日 | 邦画

~このおいしい日常をいつまでも~

2021年  日本映画  (2021.11.03公開)
配給:東宝  上映時間:120分
監督:中江和仁
原作:よしながふみ
脚本:足立奈緒子
美術:井上心平
音楽:澤田かおり
衣装:足立みゆき
主題歌:スピッツ  「大好物」
フードスタイリスト:山崎慎也
出演:西島秀俊/内野聖陽/山本耕史/磯村勇斗/マキタスポーツ/松村北斗
   田中美佐子/田山涼成/梶芽衣子

<見どころ>
映画化もされた「大奥」などで知られるよしながふみの漫画を原作に、同性カップルの
暮らしを日々の食を通じて描くドラマシリーズの劇場版。料理上手で倹約家の弁護士と
恋人の美容師が営む、穏やかな日常を揺るがす騒動が巻き起こる。ドラマ版に続き
監督を中江和仁、脚本を安達奈緒子が担当。カップルを演じる西島秀俊と内野聖陽を
はじめ、山本耕史、磯村勇斗、マキタスポーツらおなじみの面々が集結し、劇場版
新キャストとして『ライアー×ライアー』などの松村北斗が出演する。

<ストーリー>
小さな法律事務所で働く弁護士・筧史朗(西島秀俊) は、同居する恋人の美容師・
矢吹賢二(内野聖陽)の誕生日プレゼントとして京都旅行を提案。賢二は大喜びで
旅を満喫するが、旅行中のある出来事をきっかけに、二人は互いに本心を明かせなく
なってしまう。そんな中、仕事帰りの史朗は見知らぬイケメン(松村北斗)と賢二が
親密な様子で歩いているのを目撃。動揺する史朗は、賢二にその青年のことを
聞くことができず悶々とする。

<感想>
原作=既読
TVシリーズは未見

ゲイカップルの日常を軸に同性愛者のリアル問題をわかりやすい形で
伝えている作品。

原作マンガもすごく良かったですが、実写版も凄く良い。
何よりシロとケンジを演じた西島秀俊&内野聖陽の演技が素敵。

特に、内野さんは原作のケンジそのままで本当に可愛かった。
こういう演技も出来るんですねぇ~。
また映画版の新キャラで松村北斗さんが「カムカム・エブリバディ」の
好青年とは真逆のチャラ男を演じてましたが、確実に成長されてますね。
先が楽しみです^^


映画版だからといって、あえて大きなエピソードを入れず日々の日常を
丁寧に描いているのも良かったし、あくまで二人の物語に徹したのも
良かったです。

お母さまが「今日は来てくれてありがとう。でも、これからは
あなたの家族を一番に考えて」と話すシーンはグッときましたね。
私もそう言われたいわ・・・。

全編美味しい料理が出てくるので、空腹での鑑賞はやめたほうが賢明です

点数:7点/10


コメント (4)   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« KALDI/もへじ 海苔鍋つゆ | トップ | 公園散歩 »

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
芽衣子さん~ (cyaz)
2021-11-19 08:34:44
NAOさん、こんにちは^^
この映画、いい映画でしたね~♪

>お母さまが「今日は来てくれてありがとう。でも、これからはあなたの家族を一番に考えて」と
話すシーンはグッときましたね。
そうでしたね!まだアップしていないですが、
その中の抜粋ですみません。

特に良かったのは、普段の役柄はほぼ硬派の内野聖陽の演技。
こういう演技はなかなかこれから観れないかも。
そして、シロ・母役の梶芽衣子さんの演技。
登場シーンはそんなにないものの、こういうシロさんと
ケンジの二人のシチュエーションの中で、
息子を思う細かい表情や目の使い方がとても上手かった。
若いころの任侠ものの芽衣子さんはどこへやら(笑)

な、感じでした^^
cyazさんへ (NAO)
2021-11-20 00:34:01
こんにちは~cyazさん♪
ほんと、いい映画でしたね☆

確かに内野さんって硬派な演技の印象が強いので
この柔らかな役柄のキャスティングは正直驚きましたが、すごくマッチしていましたよね。
梶芽衣子さん、ここのところ映画によく出演されてますよね。
私も任侠もののイメージがめちゃ強いので
最近お母さん役柄にはびっくり(笑)
Unknown (Nakaji)
2021-12-28 22:54:28
このマンガもドラマも大好きだったのですごく楽しみでした!
わらって、なけてすごくいい映画だな~って思いましたわ。
Nakajiさんへ (NAO)
2021-12-30 01:25:11
重い題材をライトに描かれていていい映画でしたよね~♪

何気ない日常を邸内に描いているのが良かったように思います。
もちろんキャスティングも^^

コメントを投稿

邦画」カテゴリの最新記事