NAO日和

ピアノ講師NAOの日々感じた事を本音でトーク♪
コーギー・B'z・グルメ話あり
映画の点数は自分の満足度で評価

「レ・ミゼラブル」

2012年12月29日 | 洋画

~愛とは、生きる力~

2012年   イギリス映画  (2012.12.21公開)
配給:東宝東和     上映時間:158分
監督:トム・フーパー
原作:ヴィクトル・ユーゴー (原作小説)
    アラン・ブーブリル/クロード=ミシェル・シェーンベルク(ミュージカル)
衣装デザイン:バコ・デルガド
作詞:ハーバート・クレッツマー
作曲:クロード=ミシェル・シェーンベルク
音楽プロデューサー:アラン・ブーブリル/クロード=ミシェル・シェーンベルク
              アン・ダッドリー
出演:ヒュー・ジャックマン        (ジャン・バルジャン)
    ラッセル・クロウ          (ジャベール)
    アン・ハサウェイ         (ファンテーヌ)
    アマンダ・セイフライド      (コゼット)
    エディ・レッドメイン        (マリウス)
    ヘレナ・ボナム=カーター   (マダム・テナルディエ)
    サシャ・バロン・コーエン    (テナルディエ)
    サマンサ・バークス       (エポニーヌ)
    アーロン・トヴェイト       (アンジョルラス)
    イザベル・アレン         (少女時代のコゼット)

<見どころ>
文豪ヴィクトル・ユーゴーの小説を基に、世界各国でロングラン上演されてきた
ミュージカルを映画化。『英国王のスピーチ』でオスカーを受賞したトム・フーパーが
監督を務め、貧しさからパンを盗み19年も投獄された男ジャン・バルジャンの波乱に
満ちた生涯を描く。主演は、『X-MEN』シリーズのヒュー・ジャックマン。
彼を追う警官にオスカー俳優のラッセル・クロウがふんするほか、
『プラダを着た悪魔』のアン・ハサウェイ、『マンマ・ミーア!』のアマンダ・セイフライド
ら豪華キャストが勢ぞろいする。

<ストーリー>
ジャン・バルジャン(ヒュー・ジャックマン)は、19年も刑務所にいたが仮釈放
されることに。老司教の銀食器を盗むが、司教の慈悲に触れ改心する。
1823年、工場主として成功を収め市長になった彼は、以前自分の工場で
働いていて、娘を養うため極貧生活を送るファンテーヌ(アン・ハサウェイ)と
知り合い、幼い娘の面倒を見ると約束。そんなある日、バルジャン逮捕の知らせを
耳にした彼は、法廷で自分の正体を明かし再び追われることになってしまい……。

<感想>
ユゴーの名作であり、ミュージカルの金字塔を打ち立てた作品。


ジャン・バルジャンの物語を中心に、後半は19世紀フランスの革命後の混迷に
登場人物たちが巻き込まれていく様を描いています。

 
劇団四季のミュージカルを観た時も感動しましたが、映画も良かったです。
私、もっとセリフがあって合間に歌うのかな?と思ってたのですが、違った。
まんまミュージカル。セリフはほとんどなく、すべて歌なので、ここまで徹底してると
思わなかったので、正直驚きました。

 
主演のヒュー・ジャックマンを始め、出演者の熱演には拍手もの。
歌は、あとで歌をかぶせるのではなく、生歌で撮り、後からオケがかぶさるという手法。
こちらの方が断然いいですね。感情をそのまま伝えるので、臨場感が違います。
もちろん、歌の技量はミュージカル俳優さんに劣りますが、それを跳ね除けてしまう
魂のこもった歌と演技。ミュージカルの醍醐味は歌なのだというのを改めて感じます。

 
個人的には、エポニーヌとアンジョルラスのキャラが好き。
ぶっちゃけ、コゼットとマリウスにはあまり共感できない。
恋敵のエポニーヌなんだけど、自分の気持ちを抑えて二人を結ぼうとする健気さ。
信念を持って命を落としたアンジョルラスにも涙でしたわ~。


あと、テネルディエ夫妻を演じた、サシャ・バロン・コーエンとヘレナは適役!!!
料理を作って、ミンチが出てくるシーンは、思わず二人が出てた「スウィーニー・トッド」
を思い出しちゃったわ。強欲な夫妻の間にどうしてエポニーヌのような
清い子が生まれたんでしょ?


ファンテーヌが歌う「夢やぶれて」、エポニーヌが歌う「オン・マイ・オウン」、
マリウス&アンジョルラスたちが歌う「民衆の歌」は、名曲中の名曲。
渾身の歌&演技に、感動しまくりでした。

まんまミュージカルなので、ミュージカルが苦手な人は不向きでしょう。

「赦し」と「救済」がテーマの一つとして描かれていて考えさせられますね。

民衆の無関心で革命が失敗に終わってしまう様は、どこか今の日本の政治を
連想してしまいます。
だからこそ、フィナーレでキャスト全員が“明るい未来を信じて、一歩ずつ進んでいこう”と
高らかに歌う姿に感動で涙が止まりませんでした。

歌の力って素晴らしい。

2012年の最後にこの映画が鑑賞出来て良かったです。 ぜひ映画館で!!

点数:10点 (満点)


コメント (17)   トラックバック (13)   この記事についてブログを書く
« 「今日、恋をはじめます」 | トップ | トホホ・・・(涙) »

17 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (シェルブールの雨傘)
2012-12-29 09:15:20
みたいな感じですかね。セリフも全部歌だったんですが。

こちらに来て初めて帰省しない正月を迎える私、
元旦に観たいと思っています。

「夢やぶれて」は予告編で何度も聴いて、それだけでも涙しそうな歌でした。
今から期待しまくりです。
Unknown (Unknown)
2012-12-29 11:38:07
日本で初演された舞台で泣いてましたww

ジャンバルジャン 滝田栄 
ジャベール     鹿賀武史
ファンテーヌ    岩崎宏美
エポニーヌ     島田歌穂

マリウスに野口五郎などなど今書いてもすごいキャストでしたね!!
来年絶対みてきます♪

NAOさん、よいお年を♪
失礼しました!! (キャピー♪)
2012-12-29 11:39:20
先ほどのコメント、ワタシです~~!!
私も失礼いたしました (くりるな)
2012-12-29 17:00:03
最初のコメント、私です。
失礼いたしました。
くりるなさんへ (NAO)
2012-12-29 23:24:51
そうでしたか~どなただろう?と思って考えてたとこでした^^
舞台のまんま、セリフ全くなしでした。
その点で、ミュージカル苦手な方には不向きだと感じました。

ミュージカルがお好きなくりるなさんの感想、楽しみにしています♪
キャピー♪さんへ (NAO)
2012-12-29 23:26:56
私も第一期キャスト版で観ました。
ほんと、今考えてもこのメンバーはすごいですよね!

あの感動再びって感じでした♪

キャピーさんの感想もお待ちしています。

キャピー♪さんもよいお年を(^▽^)
来年もよろしくお願い致します。
日本インターネット映画大賞募集中 (日本インターネット映画大賞)
2012-12-30 21:27:00
突然で申しわけありません。現在2012年の映画ベストテンを選ぶ企画「日本インターネット映画大賞」を開催中です。投票は1/17(木)締切です。ふるってご参加いただくようよろしくお願いいたします。
日本インターネット映画大賞のURLはhttp://www.movieawards.jp/です。
なお、twitterも開設しましたので、フォローいただければ最新情報等配信する予定です(http://twitter.com/movieawards_jp)
Unknown (mig)
2012-12-31 14:34:07
NAOさん
わ!満点なんですね!
キャストみんな良かったですしね☆

ことし一年もありがとうございました!
たくさんコメントいただけてお話も出来て、良かったです♪
来年もよろしくお願いします♪
NAOさんもベストだすのかな?楽しみにしてまーす。
よいお年を。
migさんへ (NAO)
2012-12-31 14:50:22
はい、これ満点でした♪

音楽の力に圧倒された作品でしたね。
キャストがみんな合ってました。

こちらこそ1年間ありがとうございました!
migさんの恒例のベスト&ワースト&特別賞の発表、楽しみにしています!

来年も宜しくお願い致します。
migさんも、よい年末年始をお過ごしください♪
Unknown (Nakaji)
2012-12-31 17:29:03
これは本当に満点でしたよね。
歌がすばらしくて本当に泣きました。
民衆の歌は本当になきました。。。

>「赦し」と「救済」がテーマの一つとして描かれていて考えさせられますね

本当になんだか切なくなりました。
社会情勢が不安定な今考えさせられますよね。

コメントを投稿

洋画」カテゴリの最新記事

13 トラックバック

レ・ミゼラブル (Akira's VOICE)
感動で満たされた!  
「レ・ミゼラブル」みた。 (たいむのひとりごと)
何から何まで歌で表現した完全なるミュージカル作品はあまり得意ではないのだけど、子供の頃から慣れ親しんできた「レ・ミゼラブル」であり、バルジャン役がヒューさまであり、予告編のアンの歌声にすっかり惹かれて
レ・ミゼラブル (♪HAVE A NICE DAY♪)
いや~素晴らしかった!!! 音楽物が好きなせいか、ミュージカル好きです 今回、セリフも殆ど歌でしたので驚きましたが 泣きました 最近、もう、涙は流しておけ!状態の私です。 何と言っても、役者さん達の素晴らしい 歌声に感動です もう、全員に拍手を送りたいです...
レ・ミゼラブル (とりあえず、コメントです)
ヴィクトル・ユーゴーの原作を舞台化した有名なミュージカルを映画化した作品です。 日本語版のミュージカルは帝国劇場で何度か観ていて、その度に胸いっぱいの感動を貰っていました。 そして、そのミュージカルの映画版も期待に違わず、素晴らしい歌声と感動を伝えてくれ...
レ・ミゼラブル (そーれりぽーと)
今年の大本命、『レ・ミゼラブルを観てきました。 ★★★★★ ★がいくつ有っても足りない。 泣き過ぎて方針状態でエンドロールを眺めていました。 ミュージカル版の完全映画化と言うことで、キャスティングに全てがかかっていたのですが、これについては予告編を初めて...
レ・ミゼラブル / Les Miserables (我想一個人映画美的女人blog)
ランキングクリックしてね ←please click ヴィクトル・ユゴーの同名小説を原作、 言わずと知れた大ヒットミュージカルを 「英国王のスピーチ」でアカデミー賞監督賞を受賞したトム・フーパーが映画化 舞台版プロデューサーのキャメロン・マッキン....
「レ・ミゼラブル」☆英ミュージカルそのままに (ノルウェー暮らし・イン・原宿)
圧倒的な迫力と、胸を打つ感動の歌声。 冒頭の音楽から既にミュージカルの世界に惹き込まれる☆ 最初から溢れる涙を抑えきれずに、ポタポタと涙をこぼしながらただただ、見入る私。 人は何故こうまでも歌声に共鳴するのだろう?
[映画『レ・ミゼラブル』を観た(寸評)] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
☆まさか、3時間近い上映時間とは思わず、女の子とレイトショーで観て、帰宅して落ち着いたら、この時間になってしまった。  明日も早いので、マジ寸評ですまん!  古典なので、あまり派手な起伏はないが、ミュージカルなので、その音楽の数々はやはり感覚に訴えてき...
「レ・ミゼラブル(2012)」 与える、与えられる (はらやんの映画徒然草)
昨年末より公開され、映画ブロガーさんの間でも昨年のランキングの中で評価が高かった
映画「レ・ミゼラブル」 (FREE TIME)
元日はファーストデーなので、映画「レ・ミゼラブル」を鑑賞しました。
レ・ミゼラブル (こんな映画見ました~)
『レ・ミゼラブル』---LES MISERABLES---2012年(イギリス)監督:トム・フーパー 出演:ヒュー・ジャックマン 、ラッセル・クロウ 、アン・ハサウェイ 、アマンダ・セイフライド 、エディ・レッドメイン、ヘレナ・ボナム=カーター 、サシャ・バロン・コーエン ....
レ・ミゼラブル (みすずりんりん放送局)
 『レ・ミゼラブル』を観た。  【あらすじ】  1815年、ジャン・バルジャン(ヒュー・ジャックマン)は、19年も刑務所にいたが仮釈放されることに。老司教の銀食器を盗むが、司教の慈悲に触れ改心する。1823年、工場主として成功を収め市長になった彼は、以前自分の工...
ミュージカルで締める! (笑う社会人の生活)
31日のことですが、映画「レ・ミゼラブル」を鑑賞しました。 ジャン・バルジャンを主人公に彼の波乱の人生を ファンテーヌやその娘コゼット、彼を追うジャベール警部などを絡めて描いた作品 有名なミュージカル舞台の映画化 まさに大作、大河ドラマですね ミュージカル...