NAO日和

ピアノ講師NAOの日々感じた事を本音でトーク♪
コーギー・B'z・グルメ話あり
映画の点数は自分の満足度で評価

「キャプテン・マーベル」 (日本語吹替版)

2019年03月30日 | 洋画

~これはアベンジャーズ誕生前の物語~

2019年  アメリカ映画  (2019.03.15公開)
配給:ウォルト・ディズニー・ジャパン   上映時間:124分
監督・脚本・ストーリー:アンナ・ボーデン/ライアン・フレック
脚本・ストーリー:ジェニーヴァ・ロバートソン=ドウォレット
ストーリー:ニコール・パールマン/メグ・レフォーヴ
衣装:サーニャ・ヘイズ
音楽:パイナー・トプラク
出演:ブリー・ラーソン・・・・・・・・・・・・・・キャプテン・マーベル
    サミュエル・L・ジャクソン・・・・・・ニック・フューリー
    ベン・メンデルソーン・・・・・・・・・タロス
    アネット・ベニング・・・・・・・・・・・ウェンディ・ローソン
    クラーク・グレッグ・・・・・・・・・・・フィル・コールソン
    ジュード・ロウ・・・・・・スター・フォースの司令官
    ジャイモン・フンスー/リー・ペイス/ラシャーナ・リンチ/ジェンマ・チャン
日本語吹替:水樹奈々(キャプテン・マーベル)/森川智之(スター・フォースの司令官)
         日笠陽子(ミン・エルヴァ)/安元洋貴(ブロン・チャー)
         榊原良子(ウェンディ・ローソン)/日野聡(アット・ラス)
         関俊彦(タロス)/竹中直人(ニック・フューリー)

<見どころ>
『ルーム』などのブリー・ラーソンをヒロインに迎え、1990年代の地球を舞台に描く
アクション。驚異的な力を持つ主人公が、失った記憶をめぐる戦いに挑む。
『コールド マウンテン』などのジュード・ロウをはじめ、『アベンジャーズ』シリーズ
などのサミュエル・L・ジャクソンらが共演。『なんだかおかしな物語』などで組んできた
アンナ・ボーデンとライアン・フレックが監督を務める。

<ストーリー>
1995年、ロサンゼルスのビデオショップに、突然正体不明の女性(ブリー・ラーソン)
が空から降ってくる。彼女には驚くべきパワーが備わっていたが、全く覚えていない
“記憶”がフラッシュバックすることが悩みだった。その記憶にはある秘密が隠されて
おり、それを狙う敵がいた。彼女は、後にアベンジャーズを結成するニック・フューリー
と共に戦いに身を投じることになる。

<感想>
公開早々に鑑賞したが、UPすっかり遅くなっちゃった・・・。

 
『アベンジャーズ』の原点となるお話。

キャプテン・マーベル、メチャ強くてびっくり。 アベンジッャーズがいなくても一人で
サノスと戦えるのでは?と思ってしまうぐらい、最強ウーマンですわ(驚)
今回、ジュード・ロウが悪役?でしたが、これがなかなかハマっていましたし
最後、すっ飛ばされるシーンは、ちょっと笑えた・・・・(笑)

 
話の内容が90年代なので、フューリー演じるサミュエル・L・ジャクソンのお顔を
若返らせるっいうわけですが、最近の映像技術ってすごいですねぇ~。
見事に若返っていましたよ。
フューリーがどうして眼帯しているのか、その理由がまさかのネコ。^^;
そして、ネコちゃんが、キューブ飲み込んじゃうし(苦笑)

お話は少々シリアスですが、笑えるシーンもあり、飽きることなく観ることが出来ました。
特に猫(グース)の愛くるしい活躍にほっこりします。
来月公開される「エンド・ゲーム」を見るなら、この作品は必ず観ておくべきですね。

今回も、ED後も映像があるので、最後までお見逃しなく。

「エンド・ゲーム」楽しみ~。

点数:8点 (10点中)

『映画DVD(レビュー感想)』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 「運び屋」 | トップ | 横浜市開港記念会館 »

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
キューブ (kossy)
2019-04-01 10:40:38
こんにちわ~
猫が飲み込んだキューブ。
最後には吐き出しちゃいましたが、
これってエンドゲームにも関係あるんですか?
アベンジャーズシリーズをいくつか確認しなければならないな~と、ちょっと頭が痛いです・・・
kossyさんへ (NAO)
2019-04-05 17:06:52
こんにちは~kossyさん。
返信遅くなってすみません><

たぶん、エンドゲームに関係してくるのではないでしょうか?

先日、地上波せOAされたインフィニティーオーを
見ましたが、キューブに似た形のが出てサノスが
GETしてた記憶が。
それとまた関係してくるのかしら?
とにかく、くまなくおさらいしないといけませんね^^;;
年のせいか?私、最近、すぐ忘れてしまうので・・・(笑)

コメントを投稿

洋画」カテゴリの最新記事