NAO日和

ピアノ講師NAOの日々感じた事を本音でトーク♪
コーギー・B'z・グルメ話あり
映画の点数は自分の満足度で評価

「未来のミライ」

2018年08月09日 | 邦画

~ボクは未来に出会った~

2018年  日本映画   (2018.07.20公開)
配給:東宝       上映時間:98分
監督:細田守
原作&脚本:細田守
企画&制作:スタジオ地図
美術監督:大森崇/高松洋平
プロダクションデザイン:谷尻誠/tupera tupera/亀田芳高/小野令夫
画面設計:山下高明
衣装:伊賀大介
音楽:高木正勝
OP&EDテーマ曲:山下達郎
声の出演:上白石萌歌(くんちゃん)/黒木華(ミライちゃん)/星野源(おとうさん)
       麻生久美子(おかあさん)/吉原光夫(謎の男)/宮崎美子(ばあば)
       役所広司(じいじ)/福山雅治(青年)

<見どころ>
『サマーウォーズ』『バケモノの子』などの細田守が監督を務めたアニメーション。
小さな妹への両親の愛情に戸惑う男の子と、未来からやってきた妹との不思議な
体験をつづる。企画・制作は、細田監督らが設立したアニメーションスタジオ
「スタジオ地図」が担当し、細田監督作に携わってきたスタッフが集結している。
声の出演は、上白石萌歌、黒木華、星野源、役所広司ら。

<ストーリー>
小さい木が立つ庭のある家に住む、4歳で甘えん坊のくんちゃんは、生まれたばかりの
妹に対する両親の様子に困惑していた。ある日、くんちゃんはセーラー服姿の
女の子と出会う。彼女は、未来からやってきた自分の妹で……。

<感想>
家族の絆をテーマに、長編アニメを作り続けてきた細田守監督の最新作。

予告編から楽しみにしていたのですが・・・・・うーん、今回は。。。。

 
くんちゃんの家を中心に展開が繰り広げられるから、タイムワープするとはいえ
スケールに限りがどうしても出てきちゃうのよね・・・・。
加えて、タイムループな話は、個人的に「またこの手かよ」とも感じたし、お子さんが
理解しづらいような展開。東京駅での迷子シーンは、大人の私から見てもホラーさを感じ
たから、お子さんがみたらトラウマになってしまうのでは?なんて思っちゃいましたよ(--;)

 
くんちゃんが、妹をどうやって受け入れるようになったか?
家族が時を紡いでどう繋がって行ったのか? 子育て経験のある方は、「あるある」話が
多くあるでしょう。(私もその一人)

娘が尊敬する谷尻誠氏の設計事務所が、くんちゃんの家を手掛けていますが、谷尻氏らしい
お家で、観ていてわくわく。でも、子育てするには、ちょっとめんどくさそうなお家のようにも
感じました(笑) 子供が大きくなった今なら、ああいう中庭のあるお家住みたいな~。

くんちゃんが自転車に乗る下りの話、木を通して家族の系譜が流れるのシーンはウルっときました。
私も、祖先の生き様があって、ここにこうして生きていると思うと、あのシーンは
感慨深く見てしまいますね。

全体的に、過去3作に比べるとかなり小粒な印象でした。 

次回に期待ですかね。  あ~そうそう、ひいじいじがカッコ良かった!!!(≧▽≦)

点数:6点 (10点中)

『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (8)   この記事についてブログを書く
« 効果実感 | トップ | ちょっとドライブ »

8 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
見ましたよ! (みこ)
2018-08-09 18:49:29
子育て中でも、子育て終わった人でも、ちょっとジーンときたり、あるある!というシーンはたくさんありましたね!他の作品を見ていないので、割と楽しめました!私もひいじいじのバイクに乗りたいです(笑)。
消化不良~ (cyaz)
2018-08-10 12:31:07
NAOさん、こんにちは^^

確かに、物足りなさ感はありましたねぇ。
監督の個人的思い入れが強すぎたのではないかと思います。
僕的には麻生久美子の声が耳についてちょっとイケなかったですね(笑)
みこさんへ (NAO)
2018-08-10 15:33:54
子育て経験者の方は、「うんうん」「あるある」とうなずく
場面が多かったですよね~☆
自転車のエピソードは、なかなか泣けました^^

「サマーウォーズ」が大傑作だったので、やっぱり期待値があがってしまうんですよね^^;

もし、ご覧になっていなかったら、ぜひ!!
cyazさんへ (NAO)
2018-08-10 15:37:52
こんにちは~cyazさん♪

やっぱり!私も消化不良でした^^;

感想には明記しませんでしたが、私も今回声優さんは
ほぼどなたも満足していません。
麻生久美子さんの声が、私も一番馴染めませんでした。
その次は、くんちゃんかな。

4歳児の声じゃない(笑)
男の子の声を女性がするのは、やはりプロでないとダメですよ。
どうしても萌歌ちゃんにしたいのなら
設定自体を女の子にすればよかったのに。。と思いました。
やはり (jasmine)
2018-08-12 22:16:39
サマーウォーズは大好きで、何度見ても楽しめるのですが、バケモノとおおかみこどもは本で期待が膨らんだ分、映画はがっかりでした。
ミライも後者かな?と予告見て思いました。
6点ですかぁ(^-^)
jasmineさんへ (NAO)
2018-08-14 16:59:03
「サマー・ウォーズ」は、傑作ですね。
私も何回も観ていますが、何度見ても飽きません。

今作は、過去作以上に監督の思い入れが強いように感じました。
この思い入れに共感できるか否かで感想が分かれるように感じました。
Unknown (Nakaji)
2018-08-16 16:33:10
やっと見てきました!なんかどこに着地点持っていくのかと思うくらいなんだかな~って思いながら見てました。

声優さんもいまいちでなんか入り込めないし。。。
んーーーって感じでしたね。

サマーウォーズ最高ですよね!
Nakajiさんへ (NAO)
2018-08-17 16:52:33
今回は他の作品と、少し色合いが違うように感じました。

予告編で見ると壮大なストーリーに感じたのが
いざふたを開けてみたら、かなり小さな世界観だったのが
拍子抜けに感じたのかもしれません。

あと、未来のミライちゃんがどうやってやってきたのか?
「木」がポイントなんでしょうが、このあたりがけっこう放置状態だったのがなんとも残念です。

コメントを投稿

邦画」カテゴリの最新記事