NAO日和

ピアノ講師NAOの日々感じた事を本音でトーク♪
コーギー・B'z・グルメ話あり
映画の点数は自分の満足度で評価

劇場版 ヴァイオレット・エヴァーガーデン

2020年10月15日 | 邦画

~愛する人へ送る、最後の手紙~

2020年  日本映画  (2020.09.18公開)
配給:松竹    上映時間:140分
アニメーション制作:京都アニメーション
監督:石立太一
原作:暁佳奈 (KAエスマ文庫/京都アニメーション)
脚本:吉田玲子
キャラクターデザイン:高瀬亜貴子
創作画監督:高瀬亜貴子
音楽:Evan Call
テーマソング:TRUE 「WILL」
声の出演:石川由依(ヴァイオレット・エヴァーガーデン)
     浪川大輔(ギルベルト・ブーゲンビリア)
     子安武人(クラウディア・ホッジンズ)
     木内秀信(ディートフリート・ブーゲンビリア)
     戸松 遥(アイリス・カナリー)
     内山昂輝(ベネディクト・ブルー)
     遠藤 綾(カトレア・ボートレール)
     茅原実里(エリカ・ブラウン)
     水橋かおり(ユリス)
     佐藤利奈(リュカ)
     諸星すみれ(デイジー・マグノリア)

<見どころ>
第5回京都アニメーション大賞の小説部門で初の大賞を受賞した暁佳奈の小説を
原作にしたアニメの新作劇場版。代筆をしている少女と1通の手紙をめぐる
物語が描かれる。アニメーション制作の京都アニメーション、監督の石立太一や
キャラクターデザイン・総作画監督の高瀬亜貴子、ボイスキャストの石川由依、
浪川大輔らスタッフやキャストはアニメ版の面々がそろった。

<ストーリー>
戦争が終わってから数年後、再び平穏が訪れ人々の生活は新しい技術の開発に
よって変わりつつあった。代筆業に従事するヴァイオレット・エヴァーガーデンは、
大切な人がいなくなった世界で、その人への思いを抱えながらこれからの人生を
歩もうとしていた。ある日、1通の手紙が見つかる。

<感想>
TVアニメ鑑賞済み

暁佳奈の小説「ヴァイオレット・エヴァーガーデン」を京都アニメーションが
アニメ化したTVシリーズの劇場版完結編。
昨年、京アニ放火事件で製作関係者から犠牲者を出て、完成が危ぶまれて
いましたがようやく劇場公開に。


泣かせにきてると分かっていても、やっぱり涙腺大崩壊 (´;ω;`)
冒頭の50年手紙を送るくだりで、すでに大泣きです。

そして、作画の圧倒的な美しさは、もぅ感動もの。
水面の描写、夕日の描写、植物の描写、
全てがため息出るぐらい美しい!!さすが京アニ!!


バイオレットの崇高な愛に共感しまくりで、彼女が泣くと自分まで
自然と涙が出てしまいます。そして、あのシーンで絶妙のタイミングで
「みちしるべ」が流れる・・・・もぅズルすぎる。
この時点で、泣き疲れます(笑)


「ありがとう」も「ごめんね」も「あいしてる」も
伝えられる時に伝えたいですね。コロナ禍でなかなか思うように
会えないご時世になってしまった今日、特に思います。

そして、手紙の良さを感じる作品です。

「あいしてる」の意味を探し続けたヴァイオレットの物語もこれで終わり。
とにかくすべてが美しく丁寧な映画でした。
アニメ苦手な方も、これは観てほしいですね。

マスクは、事前に複数ご用意を!
観終わった後は、涙でマスクびしょ濡れです(笑)

そうそう、小冊子をいただきましたが、これがまたキュンキュン
して泣けるんだわ~~~~。

点数:10点 (10点中)


コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« カレー作り | トップ | 「浅田家!」 »

コメントを投稿

邦画」カテゴリの最新記事