NAO日和

ピアノ講師NAOの日々感じた事を本音でトーク♪
コーギー・B'z・グルメ話あり
映画の点数は自分の満足度で評価

「新聞記者」

2019年07月24日 | 邦画

~内閣官房VS女性記者~

2019年  日本映画  (2019.06.28公開)
配給:スターサンズ=イオンエンターテイメント  上映時間:113分
監督:藤井道人
原案:望月衣塑子  『新聞記者』(角川新書刊)/河村光庸
脚本:詩森ろば/高石明彦
美術:津留啓亮
衣装:宮本まさ江
音楽:岩代太郎
出演:シム・ウンギョン/松阪桃李/本田翼/岡山天音/郭智博/
   長田成哉/宮野陽名/高橋努/西田尚美/高橋和也/北村有起哉/田中哲司

<見どころ>
東京新聞記者・望月衣塑子の著書を原案にしたサスペンスドラマ。
国家の闇を追う記者と若手エリート官僚が、それぞれの正義を貫こうとする。
『怪しい彼女』『操作された都市』などのシム・ウンギョンと、『娼年』『孤狼の血』
などの松坂桃李が共演。『オー!ファーザー』『デイアンドナイト』などの藤井道人
メガホンを取る

<ストーリー>
東都新聞の記者・吉岡(シム・ウンギョン)は、大学新設計画にまつわる極秘情報の
匿名FAXを受け取り、調査を始める。日本人の父と韓国人の母を持ち、アメリカで
育った吉岡はある思いから日本の新聞社に在職していた。かたや内閣情報調査室
官僚の杉原(松坂桃李)は、国民に尽くすという信念と、現実の任務の間で
葛藤する。

<感想>
公開早々に鑑賞したんですけどねぇ・・・UPすっかり遅くなったので、さくっと。

 
洋画では、自国の政治に関して切り込む作品はいくつかありますが
邦画でよくここまでの話を、よく映画化にこぎつけましたね。(拍手)

望月氏の原案が軸なので、どこまでがほんとなのかはわからないけれど
話のモデルが、現政権のことなので、見ごたえある内容。

 
主演の二人がとにかく素晴らしかった。
松阪桃李さんの絶望的な顔の演技がとても印象に残りました。
シム・ウンギョンさんが演じた吉岡の役は、日本の女優さんは
軒並みお断りをしたそうで。。。なるほど、映画を見て納得。

この国で 民主主義は形だけでいいんだ

この映画で一番ゾッとしたセリフ。でも、最近そう感じてしまう自分が
いるからさらにゾッとしてしまいます。

ネットではかなり話題になっているのに、地上波ではあまり前宣伝も
なかったのは、やっぱり情報操作??ってかんぐってしまいます。

観る側の受け取り方で評価はかなり分かれると思いますが
よくも悪くも観たほうがいい映画だと思います。

点数:7点 (10点中)


コメント (2)   この記事についてブログを書く
« Gran Calbee  | トップ | 「トイ・ストーリー4」(日... »

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (jasmine)
2019-07-25 08:37:12
情報操作…最近、気になります。
ニュース、新聞、週刊誌見出し、ネット…何を信じていいのやら。

今回の選挙でも思うところがありました。
投票率の低下が話題にされてますが、有権者でも入院中の人、介護施設などにいる人、在宅で寝たきりの人、引きこもりの人、痴呆症状がすすんでしまった人…その辺には触れられてません。
高齢人口が増えてるので投票に行けない人も自動的に増えてると思いますが。
jasmineさんへ (NAO)
2019-07-27 00:11:10
何かしらの情報操作っていうのはありますよね。

TVを見ていても、そう感じます。

投票率も、うちの子供は
「東京オリンピックでのチケットエントリーで
ログイン強化ができているなら、ネット選挙も
可能なはずなのに。そうすれば若い世代も
気軽にできると思うんだけど」
と話しています。

たぶん本気出せばできると思うのですが、
投票率が上がると逆に困る、と考えている
政治家さんも多いんじゃないでしょうか。

日本はますます高齢化に向かっているので
いろんな面で早急な対応が求められますね。

コメントを投稿

邦画」カテゴリの最新記事