NAO日和

ピアノ講師NAOの日々感じた事を本音でトーク♪
コーギー・B'z・グルメ話あり
映画の点数は自分の満足度で評価

「椿三十郎」

2007年12月13日 | 邦画

~この男、時代を超えて生きている!~

話題作はおさえていかないと・・・ということで行って来ました。

2007年 日本映画 東宝配給  (07.12.1公開)
[監督]森田芳光
[原作]山本周五郎
[製作]角川春樹
[脚本]黒澤明ほか
[音楽]大島ミチル
[出演]織田裕二・・・・・・・椿三十郎 (浪人)
        豊川悦司・・・・・・・室戸半兵衛 (次席家老・黒藤の懐刀)
      
松山ケンイチ・・・・井坂伊織 (若侍で睦田の甥)
    
鈴木杏・・・・・・・・・千鳥 (睦田の娘) 
    
中村玉緒・・・・・・・睦田夫人
    
藤田まこと・・・・・・睦田 (城代家老) 
    
村川絵梨・・・・・・・こいそ (睦田家腰元) 
    
佐々木蔵之介・・・木村 (押入れ侍) 
    
風間杜夫・・・・・・・竹林 (国許用人) 
    小林稔侍
・・・・・・・黒藤 (次席家老) 
    
西岡徳馬・・・・・・・菊井 (大目付)

<見どころ>
名匠・黒澤明の傑作時代劇を、同作の脚本をもとに森田芳光監督がリメイク。
織田裕二扮する、性格は明るく剣の腕も立つ浪人・三十郎が、
藩のお家騒動の黒幕を追い詰めていく。


<あらすじ>
深夜の社殿の中で、井坂伊織(松山ケンイチ)ら9人の侍が
上役の汚職を暴き出そうと密談していた。
意気が上がる若侍たちの前に社殿の奥から1人の浪人が現れた。
粗末な身なりに口も悪く、腹が減っていると見える。
しかし、話を聞くうちに、井坂は浪人に類のない頭の切れを感じ、
仲間に加わって欲しいと頼む。反対する侍もいたが、井坂は
三十郎(織田裕二)と名乗るその素浪人にえもいわれぬ魅力を感じていた…。

<感想>
黒澤明・三船敏郎コンビのオリジナル作品を見ていないので前作との
比較は出来ないのですが。。。。。
脚本をあえて、まったくオリジナルのまま使用して臨んだ勇気に拍手!
そして、45年前の脚本が、今もそのまま笑える・・・ってことに、改めて
黒澤映画はすごかったんだな・・・と感じました。

主人公:椿三十郎を演じたのは、織田裕二。(オリジナル:三船敏郎)
 
三船敏郎が演じた役をやるのだから、大変だったと思います。
相変わらず、ちょっと大げさだな~と思う所がありましたが、悪くはなかったです。
意外だったのが、剣さばき。結構見ごたえありました。

宿敵、室戸半兵衛を演じたのは、豊川悦司。(オリジナル:仲代達矢)
 
顔はまったく好みではないが、こういう渋い演技させるとやっぱ上手いですね。
ちょっとアッサリ感がありましたが、それはまぁトヨエツだからな~。

で、ダメな9人の若侍たちの面々。
 
伊織(松山ケンイチ)を筆頭とする、この単純細胞たちには
イライラしたり笑えたり・・・。^^;
一人、やたら三十郎に噛み付く侍がいたが、見ててうっとおしかったな~。
これにひっとらえてそのまま押入れにいることになった
木村(佐々木蔵之介)との掛け合いは、ほんと笑えました~。
今作品の中で、一番笑えたキャラかも? これはオイシイ?役だ~。
でも、佐々木さん、「医龍」と全然違うよ~。別人!

さらにボケを炸裂してたのが、この親子。
 睦田夫人(中村玉緒)小鳥(鈴木杏)
大ボケ・天然炸裂!でも、そんな中「本物の刀は鞘に収まっているものですよ」
という睦田夫人の言葉は、深くしみました。


今の時代劇となんか違う・・・と作品を見ながら感じてたのですが
見終わってから、あれは「間」のとり方の違いだったんですね。
今は、「間」が短いように感じるので、これはこれでまた新鮮な印象も受けました。
ちょっといただけなかったのが、最後のシーン。
わざわざスローリプレイする必要があったのかな?
普通に、肉眼でどんな順で行われたのかわかりましたけどね~。

オリジナルを観ていない私がいうのもなんですが、
同じ料理を別の調理人が作れば 味も好みも変わる・・・と同じで
監督・俳優がが変われば、同じ内容でもやはり変化してしまうのは
仕方ないかと思います。
そういう意味で、これはこれでよいのではないでしょうか?

リメイク版を観て、「オリジナルも観たくなった!」と思えばいいと感じます。
少なくとも私はそう思いました。

点数:7.5点(10点満点)


コメント (7)   トラックバック (4)   この記事についてブログを書く
« みかん♪ | トップ | 赤坂しろたえ »

7 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんにちは~! (さくらこ)
2007-12-14 12:26:57
ご覧になられたんですね。
ラストのリプレイは、必要なかったですねー。
私もそう思いました。

こうして画像を見ていると、やっぱり織田三十郎は、可愛い感じですよね。
頭が冴えていて頼れる兄貴、だけど普段の雰囲気からはそれを感じさせない、そんな三十郎と言うイメージでいいんじゃないかな。

・・ということで、NAOさん的に「ぎらぎら」と言う表現はいかがでしたか?
さくらこさんへ (NAO)
2007-12-14 20:22:48
はい、やっと観にいきました。
あのラストはやっぱり余計でしたね。^^;

三船さんも、これ演じられた時は30代だったそうですが
同じ30代でも、三船さんと織田さんは、えらく違うな~なんて思いました。
やっぱり、どこか織田三十郎の方は、愛くるしい感じがします。
「ぎらぎら」度は、三船さんの方があるのかな~。
織田さんは、ぎらぎらって感じはしなかったです。
「兄ちゃん」「あんちゃん」って感じ☆☆☆
Unknown (コーディ)
2007-12-15 07:56:43
ちょっといただけなかったのが、最後のシーン。
わざわざスローリプレイする必要があったのかな?

↑え???ラストの決闘、スローリプレイに
なるんですか!!?
それは頂けないですね・・・・・・。
オリジナルの椿三十郎は見ました。
レンタルで返すまで3,4回みるぐらい
ハマりました。今回のリメイクは
全くのアウトオブ眼中です。

オリジナル椿三十郎に出てくる大御所俳優は、
三船さん、仲代さんの他に
椿に助けられる9人の武士のリーダーを
加山雄三さんが演じています^^
最初見たとき、誰だかわかりませんでしたが、
スタッフロールで発覚\(◎o◎)/!


コーディさんへ (NAO)
2007-12-15 16:21:10
はい。
わざわざスローリプレイしなくても、わかるような
早さだったのに、なんじゃ?って思いましたよ。^^;
私は、オリジナルをまったく観ていないので
リメイクを観て、「オリジナル、観てみようかな?」って思いました。(^▽^)
ふふ (ここち)
2007-12-16 10:23:18
NAOさんの記事読んで、観た気になりました。
だから、DVD待ちます(笑)

私もオリジナル知らないので、そういうものだと思って観る可能性があります。やっぱり両方観た方が良いのかな???
ここちさんへ (NAO)
2007-12-16 10:31:58
オリジナル⇒リメイクと見る人は少ないですが
リメイク⇒オリジナルは多いみたいですよ。

私もオリジナルはぜんぜん観ていないので、これを
機会にみてみようかな?という気になりました♪
日本インターネット映画大賞募集中 (日本インターネット映画大賞)
2007-12-22 22:02:29
突然で申しわけありません。現在2007年の映画ベストテンを選ぶ企画「日本インターネット映画大賞」を開催中です。投票にご参加いただくようよろしくお願いいたします。なお、日本インターネット映画大賞のURLはhttp://www.movieawards.jp/です。

コメントを投稿

邦画」カテゴリの最新記事

4 トラックバック

椿三十郎 (Akira's VOICE)
痛快さは足りないが, リラックスして入り込める世界観は魅力。
『椿三十郎』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「椿三十郎」□監督 森田芳光  □原作 山本周五郎(「日日平安」ハルキ文庫刊) □脚本 菊島隆三・小国英雄・黒澤明□キャスト   織田裕二、豊川悦司、松山ケンイチ、鈴木杏、中村玉緒、佐々木蔵之介、村川絵梨 ■鑑賞日 1...
「椿三十郎」、観ました。 (つれづれ さくら日和)
椿三十郎を演じる織田裕二が、この映画のために、椿大神社に祈願参拝に来た、という新聞記事を以前読んだことがあり、なんだ~、分かってたら行ったのに~、と残念がるくらい、そこへは日帰りで十分に行ける場所にあります。 {/cars_red/}新車購入の際、交通安全祈願で...
★「椿三十郎」(2007) (ひらりん的映画ブログ)
黒澤明監督&三船敏郎主演のオリジナルを織田裕二主演で完全リメイクした作品。 角川映画は大風呂敷を広げるのが得意だね・・・ 嫌いじゃないけど、こける事もあるので、一週遅れで拝見する事に。