NAO日和

ピアノ講師NAOの日々感じた事を本音でトーク♪
コーギー・B'z・グルメ話あり
映画の点数は自分の満足度で評価

「ゼロ・グラビティ」

2013年12月24日 | 洋画

~宇宙の 暗闇を 生き抜け~

2013年  アメリカ映画   (2013.12.13公開)
配給:ワーナー・ブラザース映画   上映時間:1時間31分
監督:アルフォンソ・キュアロン
脚本:アルフォンソ・キュアロン/ホナス・キュアロン
プロダクションデザイン:アンディ・ニコルソン
衣装デザイン:ジェイニー・ティーマイム
音楽:スティーヴン・プライス
出演:サンドラ・ブロック/ジョージ・クルーニー/エド・ハリス(声の出演)

<見どころ>
『しあわせの隠れ場所』などのサンドラ・ブロックと『ファミリー・ツリー』などのジョージ・クルーニー
という、オスカー俳優が共演を果たしたSFサスペンス。事故によって宇宙空間に放り出され、
スペースシャトルも大破してしまった宇宙飛行士と科学者が決死のサバイバルを繰り広げる。
監督を務めるのは、『ハリー・ポッターとアズカバンの囚人』『トゥモロー・ワールド』などの鬼才
アルフォンソ・キュアロン。極限状況下に置かれた者たちのドラマはもとより、リアルな宇宙空間や
事故描写を創造したVFXも必見。

<ストーリー>
地表から600キロメートルも離れた宇宙で、ミッションを遂行していたメディカルエンジニアの
ライアン・ストーン博士(サンドラ・ブロック)とベテラン宇宙飛行士マット・コワルスキー
(ジョージ・クルーニー)。すると、スペースシャトルが大破するという想定外の事故が発生し、
二人は一本のロープでつながれたまま漆黒の無重力空間へと放り出される。
地球に戻る交通手段であったスペースシャトルを失い、残された酸素も2時間分しかない
絶望的な状況で、彼らは懸命に生還する方法を探っていく。

<感想>
予告編から気になってたのですが、まさか登場人物がたった2人というのには驚き。

 
作品の目玉は、なんといっても圧倒的な映像美。
臨場感ありありで、宇宙空間を疑似体験した感覚になりますね。


物語は、シャトルで船外ミッションを行っていた二人が、ロシアが爆破した人口衛星の大量残骸に
巻き込まれ、宇宙空間に放り出されてしまうお話。

 
宇宙ゴミの襲来の衝撃度には驚きました。あんなのに当たったらひとたまりもないですね。

ノンストップムービーな展開でしたが、90分という尺度が良かった。
重力がなく、助けは来ないし、声は届かない。こんな状態で、どうやって帰還したか?
ぜひ、これは映画館の大画面で見てほしいですね。

圧倒的な映像美には恐れ入りました。 この技術は、日本映画はまだ及ばないな・・・・。

点数:10点 (10点中)

『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (4)   トラックバック (17)   この記事についてブログを書く
« 母娘でお出かけ♪ | トップ | 御影高杉 KITTE GRANCHE店 »

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
宇宙体験~ (cyaz)
2013-12-25 08:39:44
NAOさん、おはようございます^^
TB&コメント、ありがとうございましたm(__)m

宇宙空間では、ホントに小さな塵のようなものですが、
この二人の遊泳は、自分たち自身も宇宙に放り出された
感覚(無重力)を疑似体験できました!
そして、サンドラ・ブロックは
『デンジャラス・ビューティー』のときよりも美しく感じました!
cyazさんへ (NAO)
2013-12-25 10:50:51
こちらこそ、コメント&TBありがとうございました♪

そうそう、観客も放り出されたような感覚でしたよね。
カメラワークが実に上手かったと思います!
大画面で観るにはもってこいの作品だったと思いました。
Unknown (mig)
2013-12-27 10:12:35
NAOさんコメTBありがとうです。
わ、満点なんですね!
わたしは内容の面白さでつけるので満点ではなかったけど
映画としては素晴らしかったしサンドラのほぼ一人芝居も
良かった。

もう今年もわずかですね。ベスト10決めなくては。
良いお年をー!

migさんへ (NAO)
2013-12-29 21:59:44
こんばんは~migさん♪

こちらこそ、コメ&TBありがとうございました^^
映画館で見るのにもってこいの作品でしたよね。

90分という尺も程よかったです。
サンドラの一人芝居、ナイスでしたよねvv

>もう今年もわずかですね。ベスト10決めなくては。

そうですよね!決めなくちゃ!
migさんのベスト10、とっても楽しみです♪
よいお年をお迎えください^^

コメントを投稿

洋画」カテゴリの最新記事

17 トラックバック

ゼロ・グラビティ(3D字幕) (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
評価:★★★★☆【4,5点】(13)(03) ムダなものを一切排除しその一点に集中せよ!だね。
『ゼロ・グラビティ』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「ゼロ・グラビティ」□監督 アルフォンソ・キュアロン□脚本 アルフォンソ・キュアロン、ホナス・キュアロン□キャスト サンドラ・ブロック、ジョージ・クルーニー        (声)エド・ハリス ■鑑賞日 12月14日(土)■...
ゼロ・グラビティ (本と映画、ときどき日常)
監督 アルフォンソ・キュアロン 出演 ジョージ・クルーニー     サンドラ・ブロック     エド・ハリス 宇宙でシャトル外部の故障を直していると、宇宙ゴミが流れてきてシャトルが破壊される。 そして暗黒の宇宙に投げ出されてしまう男女。 どうしよ~。 ....
ゼロ・グラビティ /GRAVITY (我想一個人映画美的女人blog)
無重力、 真空状態 衝突によって大破した機器が宇宙空間に拡散してく、緊張感 観てる方も苦しくなってくるこの臨場感 重力=グラビティ で原題。 監督は、「大いなる遺産」や、ガエルとディエゴの「天国の口、終わりの楽園。」 「トゥモロー・ワールド」...
ゼロ・グラビティ (Akira's VOICE)
求めよさらば与えられん。  
「ゼロ・グラビティ」☆息苦しさで宇宙体験 (ノルウェー暮らし・イン・原宿)
まさに自分までもが宇宙遊泳しているかのような錯覚に陥る、見事な映像とその臨場感。 息が苦しくて、くるしくて、くるしくて・・・ 宇宙服をはやく脱ぎ捨てたいっ!手に汗握る緊迫したシーンの連続に息も絶え絶え、ホッとする瞬間を期待するラストにはまさかの・・・・
ゼロ・グラビティ(3D日本語吹替版)  監督/アルフォンソ・キュアロン (西京極 紫の館)
【出演】  サンドラ・ブロック (声:深見梨加)  ジョージ・クルーニー(声:小山力也) 【ストーリー】 地表から600キロメートルも離れた宇宙で、ミッションを遂行していたメディカルエンジニアのライアン・ストーン博士とベテラン宇宙飛行士マット・コワルスキー。...
ゼロ・グラビティ (もののはじめblog)
宇宙の無重力空間=ゼロ・グラビティに突如放り出された宇宙飛行士のサバイバルを描く。 そこは空気もなく音もない“生存率0%”。 地球に生還したときの興奮と震えをサンドラ・ブロックが演じる。 「キャプテン・フィリップス」で人質にされた船長をトム・ハンクスが、...
ゼロ・グラビティ (だらだら無気力ブログ!)
宇宙から見た地球の映像とかは見応えあるなぁ。
「ゼロ・グラビティ」 無重力空間への没入感 (はらやんの映画徒然草)
2014年の最初の映画はこちら!「ゼロ・グラビティ」です。 昨年末の映画ブロガー
映画『ゼロ・グラビティ』3D吹替版観てきたよ~(*´∀`*) (よくばりアンテナ)
久しぶりに3Dの作品を観てきました。 予告編見てても、面白そうに感じてなかったし、 全然期待してなかったし、情報も得ないままで劇場に向かったのですが、 それが良かったのかも(*´∀`*) 予想外に面白かった~~~ヽ(≧∇≦)ノ 正直言って、ストーリー的な...
映画「ゼロ・グラビティ」 (FREE TIME)
元日のファーストデーに映画「ゼロ・グラビティ」を鑑賞しました。
『ゼロ・グラビティ』の3つの魅力 (映画のブログ)
 1968年公開のSF映画と云われたら、多くの人が『2001年宇宙の旅』を挙げるに違いない。  しかし、同年公開の『バーバレラ』だって捨てがたい。  無重力状態でフワフワ浮いてる人物が、ごつい宇宙服のパーツを外すと、スラリとした脚がニョッキリ飛び出す。パーツを外...
ゼロ・グラビティ (映画的・絵画的・音楽的)
 『ゼロ・グラビティ』を渋谷TOEIで見ました。 (1)いつもは躊躇する宇宙物ながら、サンドラ・ブロックとジョージ・クルーニーとが初共演とのことで、映画館に行ってきました。  映画の冒頭では、地上600?の高さになると、温度は+250~-100ºCで、音を伝える...
映画:ゼロ・グラビティ gravity 地球周回軌道での大アクシデント。後半にネタバレ?あり 注 (日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~)
<Movie City News恒例のオスカー予想 Gurus o' Gold が発表され <作品賞候補を眺めたら、ショック! <このうち、まだ一作もみちょらん... というわけで、ドバイでさっそく公開中の今作に駆け付けた(笑) サンドラ・ブロック演じる技師は、初めて宇宙での船....
映画「ゼロ・グラビティ(3D・字幕版)」 感想と採点 ※ネタバレなし (ディレクターの目線blog@FC2)
映画『ゼロ・グラビティ(3D・字幕版)』(公式)を先日、劇場鑑賞。採点は、★★★★☆(5点満点で4点)。100点満点なら85点にします。 【私の評価基準】(映画用) ・★★★★★  傑作!これを待っていた。Blu-rayで永久保存確定。 ・★★★★☆  秀作!私が...
無重力な体感映画 (笑う社会人の生活)
16日のことですが、 映画「ゼロ・グラビティ」を鑑賞しました。 I MAX3Dにて見ました 宇宙でミッションを遂行していたエンジニアのライアン・ストーン博士とベテラン宇宙飛行士マット・コワルスキー スペースシャトルが大破するという想定外の事故により宇宙空間に放り出...