NAO日和

ピアノ講師NAOの日々感じた事を本音でトーク♪
コーギー・B'z・グルメ話あり
映画の点数は自分の満足度で評価

「マスカレード・ホテル」

2019年02月07日 | 邦画

~次の殺人予告は、一流ホテル~

2018年  日本映画   (2019.01.18公開)
配給:東宝      上位時間:133分
監督:鈴木雅之
原作:東野圭吾   「マスカレード・ホテル」(集英社文庫刊)
脚本:岡田道尚
美術:棈木陽次
衣装デザイン:黒澤和子
音楽:佐藤直紀
出演:木村拓哉/長澤まさみ/小日向文世/梶原善/泉澤祐希/東根作寿英
    石川恋/濱田岳/前田敦子/笹野高史/高嶋政弘/菜々緒/生瀬勝久
    宇梶剛士/橋本マナミ/田口浩正/勝地涼/松たか子/鶴見辰吾
    篠井英介/石橋凌/渡部篤郎

<見どころ>
東野圭吾の小説「マスカレード」シリーズ第1弾「マスカレード・ホテル」を
実写化したミステリー。連続殺人事件の新たな現場になるとされたホテルを
舞台に、エリート刑事とホテルの従業員が犯人を追う。
主演は『HERO』シリーズや『武士の一分(いちぶん)』などの木村拓哉、
バディ役は『散歩する侵略者』などの長澤まさみ。『HERO』シリーズで木村と
組んだ鈴木雅之がメガホンを取る。

<ストーリー>
現場に不可解な数字の羅列が残される殺人事件が3件発生する。
警視庁捜査一課の刑事・新田浩介(木村拓哉)は、数字が次の犯行場所を
予告していることを突き止め、ホテル・コルテシア東京で4件目の殺人が
起きると断定する。だが、犯人の手掛かりが一向につかめないことから、
新田が同ホテルの従業員を装って潜入捜査を行う。優秀なフロントクラークの
山岸尚美(長澤まさみ)の指導を受けながら、宿泊客の素性を暴こうとする
新田。利用客の安全を第一に考える山岸は、新田に不満を募らせ……。
(以上、シネマトゥディより)

<感想>
木村拓哉、長澤まさみをW主演&豪華キャスト陣を配した東野圭吾原作の映画化。

 
本作は「グランド・ホテル形式」でホテルの利用客、スタッフなど様々な人物が登場。
作品全体の感じとしては、「有頂天ホテル」のような印象を受けましたかね。

 
これだけ主役級の人が出てくると、やはり見応えありますね。
昨年、ご結婚された勝地涼&前田敦子さんが共演されているのもポイントでしたし
「HERO」で共演された俳優さんがたくさん出演されてるのも個人的にはツボでした。
監督が「HERO」を手掛けた方だから、なるほど~なんですが(笑)

ミステリーと言うよりは、ミステリー寄りの人間群像劇と言った方がいいかも。
犯人、けっこう早い段階でなんとなく目星つきましたし、犯人の手掛かりをつかんでいくの
実際にこまめに動いてたのは、キムタクでなく小日向さん演じた刑事でしたし^^;;

とはいうものの、いろいろ伏線がはられているのは、お馴染みの東野作品、
サスペンス要素は薄めでしたが、楽しく鑑賞出来ました。

しかし、ああいうホテル事情を見たら、ホテル業界に人が更に集まらなくなるのでは?
と、心配になってしまいます・・・・・(汗)

点数:7点 (10点中)


コメント (4)   この記事についてブログを書く
« 初詣~三嶋大社 | トップ | 「メリー・ポピンズ リターン... »

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
それぞれの立場で~ (cyaz)
2019-02-08 11:07:46
NAOさん、こんにちは^^

ただいま、健康診断でバリウム飲んだばかりで
チョー最悪です(汗)
久しぶりに東野圭吾の原作を巧く脚色・脚本していると感じました。
刑事VSホテルマン、それぞれの立場で
楽しむことが出来ました^^
cyazさんへ (NAO)
2019-02-09 17:13:27
こんにちは~cyazさん♪

健康診断でしたか~。
バリウムって、何回やっても慣れませんよねぇ・・・^^;

長めの作品でしたが飽きずに見ることが出来ました。
シリーズ作品なので、次回作もこのぶんだとありそうかな?^^
Unknown (Nakaji)
2019-02-11 20:25:05
HEROが大好きなのでなんだかんだと楽しみました。
しかし。。。このヒットだったら次回ありそうですね。
Nakajiさんへ (NAO)
2019-02-15 15:18:59
私も「HERO」好きでした!面白かったですよね~。

このぶんだとマスカレードシリーズ、全部映画化されるかも?ですね。

それにしても、東野作品、どれだけ映像化されるんでしょ。凄すぎです。

コメントを投稿

邦画」カテゴリの最新記事