NAO日和

ピアノ講師NAOの日々感じた事を本音でトーク♪
コーギー・B'z・グルメ話あり
映画の点数は自分の満足度で評価

「のみとり侍」

2018年06月10日 | 邦画

~侍の新たな仕事は、お客の飼い猫の蚤をとるサービス業。
                       しかし、その実体は・・・・~

2018年  日本映画   R15指定    (2018.05.18公開)
配給:東宝       上映時間:109分
監督・脚本:鶴橋康夫
原作:小松重男 『蚤とり侍』(光文社文庫刊)
音楽:羽岡佳
美術:近藤成之
衣装デザイン:小川久美子
衣装:松田和夫
出演:阿部寛(小林寛之進)/寺島しのぶ(おみね)/豊川悦司(清兵衛)
       
斎藤工(佐伯友之介)/風間杜夫(甚兵衛)/大竹しのぶ(お鈴)
       
前田敦子(おちえ)/桂文枝(田沼意次)/松重豊(牧野備前守忠精)
    伊武雅刀/六平直政/三浦貴大/笑福亭鶴光/ジミー大西
    オール阪神/飛鳥凛/雛形あきこ/山村紅葉

<見どころ>
作家・小松重男の時代小説「蚤とり侍」を、『後妻業の女』などの鶴橋康夫監督が
映画化した時代劇。裏稼業である「のみとり」を命じられた武士が、人々に助け
られながら奮闘するさまを描く。エリート藩士から「のみとり」になってしまう主人公に
阿部寛がふんするほか、寺島しのぶ、豊川悦司、斎藤工、風間杜夫、大竹しのぶ、
前田敦子、落語家の桂文枝らが出演。

<ストーリー>
越後長岡藩藩士の小林寛之進(阿部寛)は藩主の気分を害してしまい、
表向きは猫ののみとりを商売にしつつ、実態は床で女性の相手をする裏稼業
「のみとり」を命じられる。長屋で暮らす人々の助けを借りながら新たな生活を
始めて、間もなく出会ったおみね(寺島しのぶ)が、最初の「のみとり」の相手となる。
亡き妻にそっくりな彼女にときめく寛之進だったが「下手くそ!」とののしられ、
伊達男の清兵衛(豊川悦司)から女の喜ばせ方を学んで腕を磨いていく。

<感想>
江戸版「娼年」ってな感じですかね?(笑)

 
前半は江戸情緒や、町人文化の賑やかさなども描かれ、ちょっと落語っぽい
テンポ感もあり、楽しく観ることが出来ました。
主人公を演じた阿部寛さん、なんだか言い回しが、「テルマエ・ロマエ」の
ルシウスっぽいなぁ~(笑)武家からいきなり町人生活に来て、全然知らないこと
ばかりの設定だから、そういう風に感じたのかも。

 
それにしても女性から「へたくそっ!」って言われたら、男性凹みますよねぇ~
男性の方が、ナイーブだからそんなこと言われたら、大事なところが再起不能に
なってしまうのでは?なーんて思います( ̄▽ ̄)

濡れ場シーンは、しっかりありますがかなり笑えるので、全体に気楽に観られる
時代劇だと思います。

うどん粉のくだりは。。。。爆笑です

点数:6点 (10点中)

『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 想定外の週末 | トップ | ロイズのチョコ »

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
面白そう (jasmine)
2018-06-11 06:32:27
wow wowでメイキング特集見ましたが、面白そうな映画ですよね。まさにこのキャスト!

最近の高須クリニックのCM、応援します!ってなんかドバイと江戸のミスマッチが(~_~;)
確かに~ (cyaz)
2018-06-11 14:25:29
NAOさん、こんにちは^^

確かに、凹みます(汗)
全体として映画自体は、鶴橋監督の前作と比べ、
阿部チャンを要して少し残念な内容になっていたと思います。
マジメなキャラとのギャップが上手く反映されていなかった感強しです(笑)
jasmineさんへ (NAO)
2018-06-12 23:55:28
下ネタ映画ですが、ライトな感覚なので
かなり笑えて観れますね(笑)

時代劇初心者向けな感じかもしれません^^

cyazさんへ (NAO)
2018-06-12 23:58:45
こんにちは、cyazさん♪

やっぱり凹みますよね( ̄▽ ̄)
私も、「胸ちいさっ!」って言われたら、めちゃめちゃ
落ち込みますもん(笑)

笑いの突き抜け感は、もうちょいあっても良かったかも
しれませんね。大竹しのぶさん大人しすぎましたし(笑)
そのぶん、前田敦子ちゃんががんばってたかも

コメントを投稿

邦画」カテゴリの最新記事