NAO日和

ピアノ講師NAOの日々感じた事を本音でトーク♪
コーギー・B'z・グルメ話あり
映画の点数は自分の満足度で評価

「グレース・オブ・モナコ 公妃の切り札」

2014年11月06日 | 洋画

~世界を動かした、一世一代の<大芝居>~

2014年 フランス/アメリカ/ベルギー/イタリア合作  (2014.10.18公開)
配給:GAGA     上映時間:103分
監督:オリヴィエ・ダアン
脚本:アラッシュ・アメル
衣装デザイン:ジジ・ルパージュ
音楽:クリストファー・ガニング
出演:ニコール・キッドマン/ティム・ロス/フランク・ランジェラ/パス・ベガ/
    パーカー・ポージー/マイロ・ヴィンティミリア/ニコラス・ファレル/
    アンドレ・ペンヴルン/ロジャー・アシュトン=グリフィス

<見どころ>
ハリウッド女優からモナコ公妃となったグレース・ケリーの華やかなシンデレラストーリー
の裏に隠された激動の半生に迫る伝記ドラマ。夫のモナコ大公レーニエ3世と、
当時のフランス大統領シャルル・ド・ゴールとの間に起きた国家的危機に立ち向かって
いく姿を描く。『エディット・ピアフ~愛の讃歌~』などのオリヴィエ・ダアンがメガホンを取り、
主演は人気女優ニコール・キッドマン。『ロブ・ロイ/ロマンに生きた男』などのティム・ロス、
『フロスト×ニクソン』などのフランク・ランジェラらが共演。

<ストーリー>
女優を引退しモナコ大公レーニエ3世(ティム・ロス)と結婚した公妃グレース
(ニコール・キッドマン)は、アルフレッド・ヒッチコック監督からの新作オファーに
心が揺れていた。そんな折、夫の推し進めていた政策が当時のフランス大統領
シャルル・ド・ゴールを激怒させ、武力衝突に発展する可能性もある危機に直面。
彼女はスクリーン復帰か、家族そして国家のために全てをささげるかの選択に直面し・・・。

<感想>
王室ものの話には弱い私。
グレース・ケリーが好きなので、公開前から楽しみにしていました。

 
ニコール・キッドマンは、グレース・ケリーに全然似てないんですけれど、映画を
観ているうちに、だんだんグレース・ケリーに見えてきてしまったニコールに驚き。
しかも、47歳のニコールが当時30代だったグレースを演じてるが違和感ない。
凄いわ~ニコール様。


私は、てっきりモナコで優雅な王室生活を送っていたとばかり思っていたのですが
実際は違ってたんですね。そればかりか、結婚生活にも大きな挫折感を味わって
いたとは驚きました。また政治的な面でも大事な局面を迎えていた時期というのも
初めて知りました。

 
事実を基にしたフィクションですが、サスペンス要素もあってなかなか面白かったです。
一番の見どころは、やはり最後の公妃のスピーチですが、内容は良かったんだが
いまいち盛り上がりに欠けたような・・・・。個人的には、パス・ベガが演じたマリア・カラスの
「私のお父さん」の歌に、めっちゃ感動してしまった・・・。考えたら、オナシスとマリアの
一番仲良かった時期なんですよね。この歌に、しみじみとしてしまいました。

それにしても、「公妃の切り札」って。。。切り札じゃないと思うんだが・・・。
このタイトルはいらないと思います。

点数:7点 (10点中)


コメント (10)   トラックバック (6)   この記事についてブログを書く
« 芸術祭 | トップ | 治一郎:期間限定かぼちゃバウム »

10 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
美貌~ (cyaz)
2014-11-06 17:37:09
NAOさん、こんにちは^^

いやはや、内容はともかく
ニコール・キッドマンの美しさに鼻の下がのびのび(笑)
あのお歳にして、どアップなカメラ・アングルに
全く耐えられる美貌!
グレース・ケリーも美しかったですが、
ニコール、益々美しさに磨きがかかったようで^^
大芝居。 (mayumi)
2014-11-07 00:53:10
「切り札」は兎も角、「一世一代の大芝居」って事は ないョね。
興味を引く宣伝を打ちたい気持ちは分かるけど、
本編の印象と違うのはどうかと思うヮ。

ニコール・キッドマンの魅力全開の作品でした。
最後のスピーチは感動的だったし、カラスも印象的でしたネ。
おはよう^^ (みすず)
2014-11-07 07:12:16
サスペンス風にもなっていて面白かったんですけど、なんだかイマイチでした^^;
そうなのよ、余計な副題はいらないと思う。
スピーチのシーンで何かあるのかと、期待しちゃったもん^^;
素敵な映画でしたね (ベル)
2014-11-07 17:42:52
NAOさん、こんにちは!

私も、先月、見て来ました~。

映画を見る前は、ニコールはグレース・ケリーじゃないなぁと思っていたのですが、いやいや、実際に見てみたら、見事にグレース・ケリーを演じてらして。
本当に、ニコールがグレースっぽく見えてきました。

私は両親が往年の名画ファンで、その影響もあり、私自身も、古い映画はたくさん見ています。

で、グレース・ケリーも大好きです。

王室に嫁いだハリウッド女優ということで、「凄いなぁ」と思っていたのですが、よく両親が、

「王室にお嫁に行ったけど、あまり、幸せそうな感じじゃなかったよ」

みたいなことを言ってたのですが、この映画を見て、なるほど…と思いました。

彼女は、謎めいた最期の時まで、ずっと、「公妃」を演じ続けていたのかもしれませんね…。

それにしても。
映画ファンとしては、ショーン・コネリー&グレース・ケリー版での『マーニー』も見てみたかったですね。



私も王室物の作品は大好きです!

この映画は、ファッション等も見ていて、とても綺麗て。

目の保養になりました。

・・・しかし、私も、「切り札」は無いと思いますA^^;;

cyazさんへ (NAO)
2014-11-09 16:36:45
こんにちは~cyazさん♪

ニコール、美しかったですよね☆☆
私より1歳下ですが、なんであんなにエレガントなんでしょ。
そうそう、アップに耐えられるだなんて素晴らしすぎます!

同性ですが、私も目の保養になりました^^
mayumiさんへ (NAO)
2014-11-09 16:38:39
あの副題は不必要でしたね。

ニコールの美しさがほんと際立ってました。
グレースとは似ていないんだけど、良かった~♪

カラスを演じたバス・ベガも素敵でした^^
みすずさんへ (NAO)
2014-11-09 16:39:59
>スピーチのシーンで何かあるのかと、期待しちゃったもん^^;

そうだよね~。私もちょっと思った。
そういう意味では大きなクライマックスがなかったですよね。
副題は、ほんとにいらなかった。
ベルさんへ (NAO)
2014-11-09 16:42:19
そうそう、ニコールはグレースに全然似ていないんですが
それが気にならないくらい、ハマってましたね^^
女優の技を見た感じがしました♪♪

映画を観てたら、あながちあの交通事故も真相は・・・
と疑いたくなっちゃいますよね
大変、失礼いたしました>< (ベル)
2014-11-10 16:07:22
NAOさん、こんにちは!

私、こちらの記事に、「グレース・オブ・ケリー」のTBをお送りさせて頂いたつもりが、間違って、別の記事のTBをお送りしてしまっていましたね><

先程、気が付きました・・・!

なんだか、全然関係ない記事のTBをお送りしてしまい、大変、申し訳ありませんでした。

削除してくださっても、大丈夫ですよ^^
……本当に、ご無礼しました>< お恥ずかしいです~。

ベルさんへ (NAO)
2014-11-10 16:16:58
いえいえ、大丈夫ですよ^^
せっかくなんで、このままにしておきますね(笑)vv

コメントを投稿

洋画」カテゴリの最新記事

6 トラックバック

『グレース・オブ・モナコ 公妃の切り札』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「グレース・オブ・モナコ 公妃の切り札」□監督 オリビエ・ダアン□脚本 アラッシュ・アメル□キャスト ニコール・キッドマン、ティム・ロス、フランク・ランジェラ■鑑賞日 10月25日(土)■劇場 109CINEMAS川崎■cya...
グレース・オブ・モナコ 公妃の切り札 (みすずりんりん放送局)
 『グレース・オブ・モナコ 公妃の切り札』を観た。  【あらすじ】  女優を引退しモナコ大公レーニエ3世(ティム・ロス)と結婚した公妃グレース(ニコール・キッドマン)は、アルフレッド・ヒッチコック監督からの新作オファーに心が揺れていた。そんな折、夫の推し...
映画『イコライザー』 (★ベルの徒然なるままに★)
なんだか、色々と映画の感想が溜まって来たので、ボチボチとアップしていきたいと思います(*^^*) という訳で、今日は、『イコライザー』。 デンゼル・ワシントン主演の映画です。 主人公のマッコールは、ホームセンターの従業員。 しかし、その正体は、元CIA....
映画『グレース・オブ・モナコ ~公妃の切り札~』 (★ベルの徒然なるままに★)
昨日、見て来ました。 映画『グレース・オブ・モナコ ~公妃の切り札~』。 往年の名画好きな父の影響で、私も、グレース・ケリーの出演作は『真昼の決闘』や『裏窓』、『ダイヤルMを廻せ!』、『成金泥棒』などなど見ていて。 凄く綺麗な女優さんだなぁ~って思ってま....
グレース・オブ・モナコ 公妃の切り札  監督/オリヴィエ・ダアン (西京極 紫の館)
【出演】  ニコール・キッドマン  ティム・ロス  フランク・ランジェラ 【ストーリー】 女優を引退し、モナコ大公レーニエ3世と結婚した公妃グレースは、アルフレッド・ヒッチコック監督からの新作オファーに心が揺れていた。そんな折、夫の推し進めていた政策が当時...
「グレース・オブ・モナコ 公妃の切り札」 彼女の国の守り方 (はらやんの映画徒然草)
ハリウッドで人気絶頂であった女優グレース・ケリーが、モナコ公妃になると発表された