NAO日和

ピアノ講師NAOの日々感じた事を本音でトーク♪
コーギー・B'z・グルメ話あり
映画の点数は自分の満足度で評価

「ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日」2D字幕

2013年02月02日 | 洋画

~なぜ少年は、生きることができたのか~

2012年  アメリカ映画  (2013.01.25公開)
配給:20世紀フォックス映画   上映時間:127分
監督:アン・リー
原作:ヤン・マーテル  『パイの物語』(竹書房刊)
脚本:デヴィッド・マギー/ディーン・ジョーガリス
音楽:マイケル・ダナ
出演:スラージ・ジャルマ/イルファン・カーン/アディル・フセイン/タブー
    レイフ・スポール/ジェラール・ドバルデュー

<見どころ>
世界的な文学賞ブッカー賞に輝いたヤン・マーテルのベストセラー小説「パイの物語」を、
『ブロークバック・マウンテン』などのアン・リー監督が映画化。
動物園を経営する家族と航行中に嵐に遭い、どう猛なトラと一緒に救命ボートで大海原を
漂流することになった16歳の少年のサバイバルを描く。主演は、オーディションで選ばれた
無名のインド人少年スラージ・シャルマ、共演にはフランスの名優ジェラール・ドパルデュー
が名を連ねる。227日間という長い漂流の中で、主人公がどのように危機的状況を乗り越え
たのかに注目。

<ストーリー>
1976年、インドで動物園を経営するパイ(スラージ・シャルマ)の一家はカナダへ移住する
ため太平洋上を航行中に、嵐に襲われ船が難破してしまう。家族の中で唯一生き残った
パイが命からがら乗り込んだ小さな救命ボートには、シマウマ、ハイエナ、オランウータン、
ベンガルトラが乗っていた。ほどなくシマウマたちが死んでいき、ボートにはパイとベンガルトラ
だけが残る。残り少ない非常食、肉親を失った絶望的な状況に加え、空腹のトラがパイの命を
狙っていて……。

<感想>
2Dで鑑賞しましたが、これは3Dで観た方がもっと幻想的に映ったでしょうね。
とにかく、映像がキレイでした。
 
CG撮影が多いのは、予告編でも予測できましたが、まさかトラがCGとは驚き!
どこから見ても本物にしか見えませんでした。「ナルニア国物語」のアスランより
本物でしたよ。CGの技術の高さに驚愕です。

 
パイという男性が、227日もの間、太平洋上をトラと一緒に漂流して生き延びた体験を
ライターに回想し語る形で話が進みます。
イギリスへ移民するために家族と船に乗って嵐で遭難、家族を失う悲しみに浸ることも
ままならず、トラとの漂流生活がスタート。
映画冒頭はまったりした展開で半分眠そうになりましたが、サバイバルな展開以降は
眠気も吹っ飛び見入ることが出来ました。とにかくパイの生命力が凄い。

頭のよい少年なので、機転が早い。私だったら、とっくにトラに食べられてますわ。


興味深かったのが、パイは獰猛なトラを飢えさせないことを常に考えていたこと。
そのために、自分のテリトリーと作りお互いの距離感を保っていたのに感心しました。
ちょっとでも油断すると食べられちゃう  ・・・・この緊張感が巧く表現出来てると感じました。


観ていて、これは現実なのかパイの空想話なのか?
最後、ライターに話す「もうひとつの話」が、たぶん漂流生活の真実なのでしょう。

トラにはリチャード・パーカーという名前がついてましたが、あれ?どっかで聞いたこと
あるぞ?ともやっとしながら鑑賞してたので、帰宅後調べたらなるほどね。 ここクリック

動物が出てくるので、お子さんが観てもそれなりに楽しめるでしょう。

「生きるということは、手放すことだ」
・・・生きるということの根本の重さを問いていて、なかなか奥深い映画でした。

ただ想像してたのとは違い、宗教・哲学色が強い作品なので、好き嫌い分かれるかも?

点数:7点 (10点満点)


コメント (2)   トラックバック (14)   この記事についてブログを書く
« 雪見だいふく スペシャリテ ... | トップ | 「つやのよる ある愛に関わっ... »

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
表現~ (cyaz)
2013-02-04 08:24:29
NAOさん、おはようございます^^

このベンガルトラは殆どがCGだったそうで、
でも凄くリアルでしたねぇ~♪
あんまりCGは好きではないですが、
今までの動物タレントでは表現し切れなかった
動物たちの表情が見れて、そういう意味では満足でした!
3Dはかなり迫力あったようで、ちょっとそれも観たかった
なぁと(笑)
『テッド』の有吉バージョンも気になるところですが^^

・・・今週7日からまた京都に帰ります・・・
cyazさんへ (NAO)
2013-02-04 22:59:23
こんばんは~cyazさん♪

わたしゃてっきり本物かと思ってました^^;;;
CGの技術ってこんなに進化しているとは・・・。

3Dで観ればよかった~とプチ後悔しています。

>『テッド』の有吉バージョンも気になるところですが

同じくです。
この作品、予想外の大ヒットみたいですね。
上映館数増やすのでしょうかね?

7日から京都に帰省ですか。お気をつけてお帰り下さい。

コメントを投稿

洋画」カテゴリの最新記事

14 トラックバック

ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日 (to Heart)
なぜ少年は、生きることができたのか。 命を奪うのか、 希望を与えるのか 原題 LIFE OF PI 製作年度 2012年 上映時間 127分 原作 ヤン・マーテル『パイの物語』(竹書房刊) 脚本 デヴィッド・マギー 、ディーン・ジョーガリス 監督 アン・リー 音楽 マイケル・ダナ 出...
ライフ・オブ・パイ トラと漂流した227日(3D字幕) / LIFE OF PI (我想一個人映画美的女人blog)
ランキングクリックしてね ←please click  文学界の権威あるブッカー賞を2002年に受賞した世界的ベストセラー小説『パイの物語』を、 アン・リー監督(「ブロークバック・マウンテン」「ラスト、コーション」)が映画化 来月発表になる、アカデ....
映画「ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日」感想 (タナウツネット雑記ブログ)
映画「ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日」観に行ってきました。カナダ人小説家のヤン・マーテル著「パイの物語」を原作とする冒険映画。第85回アカデミー賞に11部門...
「ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日」(2D字幕)みた。 (たいむのひとりごと)
たぶん、この映画は3Dで観てこそではないかと思われたが、時間の都合もあって2D字幕で鑑賞。原作は未読。アカデミー賞候補に選ばれた作品だし、壮大で非常に困難な撮影を乗り越えて作り出した映像美は素晴らしい
[映画『ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日』を観た(寸評)] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
☆なかなかの傑作でした。  物語展開上、良くも悪くも、あまりにもスムーズに話が進むので、ご都合主義的に思えようが、そこは、私、一種の大人のファンタジーとして見たので、問題はなかった。  私が感動したのは2点だ。  一つには、深海や宇宙空間までも見通せる...
映画:ライフ・オブ・パイ  当ブログ的には、ぶっちゃけ!! かなりの問題作扱い(笑) ネタバレ注。 (日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~)
当ブログの歴代ベスト3D映画は「アバター」 その理由は、J キャメロン渾身の3D 映像美だった。 そして! その J キャメロンもが絶賛する3D 映像美がこの映画。 漂流する小舟で主人公が直面する自然=大海 これが厳しくも美しい。 元々こうした「映像美」が得意な...
ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日 (だらだら無気力ブログ!)
幻想的な映像美は見応えあり。
ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日 (新・映画鑑賞★日記・・・)
【LIFE OF PI】 2013/01/25公開 アメリカ 127分監督:アン・リー出演:スラージ・シャルマ、イルファン・カーン、アディル・フセイン、タブー、レイフ・スポール、ジェラール・ドパルデュー なぜ少年は、生きることができたのか。 命を奪うのか、希望を与えるのか [S...
映画「ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日」 (FREE TIME)
2月1日のファーストデーに話題の映画「ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日」を鑑賞しました。
『ライフ・オブ・パイ トラと漂流した227日』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「ライフ・オブ・パイ トラと漂流した227日」□監督 アン・リー□脚本 デビッド・マギー□原作 ヤン・マーテル□キャス スラージ・シャルマ、イルファン・カーン、アディル・フセイン、レイフ・スポール、      ジェラール・...
「ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日」君は生き延びることができるか? (シネマ親父の“日々是妄言”)
[ライフ・オブ・パイ] ブログ村キーワード  「ブロークバック・マウンテン」で、≪アカデミー賞・監督賞≫を受賞したアン・リー 監督が挑む、3Dアドベンチャー超大作。「ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日」(20世紀フォックス映画)。“ゴールデン・グローブ賞...
ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日  監督/アン・リー (西京極 紫の館)
【出演】  スラージ・シャルマ  イルファン・カーン  ジェラール・ドパルデュー 【ストーリー】 モントリオール在住のインド系カナダ人のパイ・バテルの元に、新作に行き詰まった若いライターが訪ね、パイから驚くべき体験談を聞く。1960年代、パイはインドで動物園を...
「ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日」 だから人は物語る (はらやんの映画徒然草)
世界は無慈悲なまでに人とは関係なく存在する。 圧倒的な世界を前にして、人は自分と
「ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日」小説は奇なり (ノルウェー暮らし・イン・原宿)
当初は全く眼中になかったこの作品。 アカデミー賞で11部門もにノミネートされただけでなく、周りの評価も高いものだから、俄然期待が高まっちゃった。 満を持してIMAXで鑑賞してきたyo