NAO日和

ピアノ講師NAOの日々感じた事を本音でトーク♪
コーギー・B'z・グルメ話あり
映画の点数は自分の満足度で評価

「Dr.パルナサスの鏡」

2010年01月26日 | さ~た行の映画

~鏡の中は、わがままな願望でいっぱい
     この迷宮から、大切な人を救えるのか―――?~


ヒースの遺作に、ジョニーやジュードが出る、となりゃあ行くっきゃないでしょう♪

2009年 イギリス・カナダ合作  (ショウゲート配給)  10.1.23公開
監督:テリー・ギリアム
美術:アナスタシア・マサロ   音楽:マイケル・ダナ、ジェフ・ダナ
上映時間:2時間4分
出演:ヒース・レジャー・・・・・・・・・・・・トニー (記憶を失った謎の青年)
    ジョニー・デップ・・・・・・・・・・・・鏡の中で永遠の美の世界のトニー
    コリン・ファレル・・・・・・・・・・・・鏡の中で平和で自由な世界のトニー
    ジュード・ロウ・・・・・・・・・・・・・・鏡の中で才能と名声の世界のトニー
    クリストファー・プラマー・・・・・・パルナサス博士 
    リリー・コール・・・・・・・・・・・・・・ヴァレンティナ (博士の一人娘)
    アンドリュー・ガーフィールド・・・アントン (ヴァレンティナに想いを寄せる)
    ヴァーン・トロイヤー・・・・・・・・・パーシー (博士の片腕)
    トム・ウェイツ・・・・・・・・・・・・・・ニック (賭け好きでお人よしの悪魔)

<見どころ>
鬼才、テリー・ギリアム監督による幻想的なファンタジー。
悪魔との契約で不死身を望んだ男を取り巻く人々の皮肉な運命を豪華キャストで
描く。謎めいた青年役に、これが遺作となった『ダークナイト』のヒース・レジャー。
彼の急逝により危機に陥った本作を救ったのは、ジョニー・デップに
コリン・ファレル、ジュード・ロウという名優たち。
撮影途中の役を彼ら3人が演じ分けた、奇想天外な物語に息をのむ。

<あらすじ>
鏡で人々を別世界に誘う見せものが売りの、パルナサス博士(クリストファー・プラマー)
の移動式劇場はロンドンで大盛況だった。
観客は博士の不思議な力で自分が思い描く、めくるめく世界を体験できるのだが、
そこにはある秘密があった。トニー(ヒース・レジャー)はそのアシスタントとして
観客を鏡の世界へと導く役目を担っていたが……。

<感想>
2008年に28歳の若さで急逝したヒース・レジャーの遺作。
この撮影中に亡くなったので、完成が危ぶまれていたけれど、友人であった
ジョニー・デップ、コリン・ファレル、ジュード・ロウの3人がその意志を継ぎ、
監督が内容を変えて完成させたと言うことでも話題になった作品。

現実世界を撮り終えた時点で、キースが急逝。
鏡の中の空想世界に入ると容姿が変わるという設定に変更して
3人の俳優が引き継いでくれました。
てっきり、半分は3人が演じてるのかしら?と思ったら、かなり撮ってたんですね。
思ってた以上にヒースが出ていたので驚きましたが、ちゃんと主演映画として
成り立っていたので良かったです。
 
鏡の中の世界は、中に入った人の願望や欲望を表した世界になっています。
 
この鏡の中の世界が実にキレイ、そして欲望の映像は毒気に満ち溢れています。
なんとも不思議な空間や色彩で、ちょっと画家のダリを思い出します。
鏡の中では、ヒースの友人だったジョニー、ジュード、コリンが演じてくれました。
  ジョニー
  ジュード
  コリン
登場時間は3人とも10分ほどでしたが、やっぱりイパクトありましたね。
個人的には、ジョニーとジュードが目当てだったので、二人のシーンは
目を細めてしまいました。おいしい?役は、コリン・ファレルでしたけどね。
でも、コリンとリリー・コールって確か熱愛の噂あったような。。。。
今でも続いているのかしらん?
で、本作のヒロイン的存在が、イギリスのスーパーモデル:リリー・コール。
 
「ドール顔」として注目のモデルさんです。いろんなブランドにひっぱりだこですが
180㎝の身長にこのあどけない顔のアンバランスさ。
このキュートさが、本作にマッチしていたように思います。
あどけない顔に、豊満な胸にもくぎ付けでした。いいなぁ・・・・。

作品は、“欲望” と“願望” は紙一重ということを表現しています。
その“二者択一の選択” が、なかなか難しい。
本作は、そのあたりをブラックユーモアで攻めています。

人間、迷った時は、本能の赴くままに動くよりも、まず理性が先に働かないと
いけないのかな?と思っちゃいました。
ストーリー的には、そうたいしたことないんですが、なかなか奥は深かったです。

ただ、ブラックユーモアが、ティム・バートンほど一般ウケではないので
好き嫌いがはっきり分かれる映画だと思います。

ともあれ、鏡の中で人物が変わる、というアィディアはすごくいい発想だったと
思います。さすが、ギリアム監督。
あと、友情出演してくれた3人のギャラは、ヒースの遺児・マチルダちゃんに
全額渡された、とのこと。

改めて、彼のご冥福をお祈りします。

点数:7.5点 (10点満点)


コメント (10)   トラックバック (20)   この記事についてブログを書く
« 大河ドラマ「龍馬伝」第4回 | トップ | ドトールでお茶 »

10 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんばんは★ (mig)
2010-01-26 22:55:57
NAOさん

笑っちゃいました~、
ジュードとジョニーにはハートついてるのに
コリンにだけついてないー!(笑)
わたしはジュードだけ

三人が参加してくれたことで、ますます面白くなったような気がします、あ、もちろん
ヒースは素晴らしい役者さんであることも改めて思ったし、最後だと思うとファンでなくても寂しい気持ちになりました、、、、

これはまた劇場で観るつもりです★
migさんへ (NAO)
2010-01-26 23:50:47
こんばんは~migさん♪

笑えましたか?^^
コリンの顔は、どうしてもだめですね。^^;
ひげが濃いのは、生理的に受け付けられなくて。。。
migさんは、ジュード様ですよね!
3人が入ってくれたことによって、いい味が出たように思います♪
ほんと、ファンでなくてもこれが最後かと思うとさびしいですね。。。
テリー・ギリアム (mayumi)
2010-01-27 09:14:33
テリー・ギリアム作品では、『ブラザーズ・グリム』と
『ラスベガスをやっつけろ』を観ていますが、どうもイマイチ。
『ラスベガス...』に関しては、ジョニー・デップの演技だけが救いでした。

ただ、今回は力作と聞いているので 楽しみにしています。
残念ながら今週は時間が取れないので、来週になりそうです。

mayumiさんへ (NAO)
2010-01-27 23:51:11
ギリアムの作品は、好き嫌いが分かれますよね。
今回、ジョニーの出番って5分あるかないかぐらいでした。ーー;
ちょっとそれが残念。。。

ヒースの出番が思ってたよりあったのがうれしかったです。
ストーリーは、たいしたことないですがいろんな意味で
奥のある作品のように感じました。
mayumiさんの感想、楽しみにしていま~す♪
こんにちは (はらやん)
2010-01-28 13:17:58
NAOさん、こんにちは!

僕もコリン・ファネルだけハートがついていないことに、笑っちゃいました。
コリン・ファネルって濃い顔ですから、他の二人とちょっと違いますよね~。
作品は相変わらずの奇妙奇天烈なギリアム調で、だからこそヒースがいない穴を埋められたのかもしれないですね。
はらやんさんへ (NAO)
2010-01-28 20:53:54
はらやんさん、こんばんは♪

はらやんさんも笑っちゃいましたか?^^;
コリンのような濃い顔は、ど~してもだめなんですよ。^^;
眉も太いし、毛深いし。
奇想天外な映画でしたが、意外とよかったです。
鏡の中で姿がかわるっていうのが、個人的には「いいじゃん^^」でしたね。
Unknown (Nakaji)
2010-02-08 15:36:35
こんにちは♪
TB&コメントありがとうございます。

まっちがいなく、彼のワールドでしたね!!

>ティム・バートンほど一般ウケではないので
好き嫌いがはっきり分かれる映画だと思います

あーーーいえてますよね~!!
彼ほど一般ウケではないですよね!!
鏡って本当にうまいこと考えたな~って感心しちゃいました!!
Nakajiさんへ (NAO)
2010-02-09 00:30:46
こんばんは~Nakajiさん♪
こちらこそ、コメント&TBありがとうございました。^^
ギリアムワールド全開でしたね。
一般ウケではありませんが、個人的にはなかなかよかったと思います。
鏡を通じて人が変わるっていうの、ナイスアイディアでしたよね~。
観てきました (mayumi)
2010-02-17 19:41:50
TB、旨く反映されなくて... m(_ _)m

面白かったぁ〜♪
一緒に行った息子も納得です。
ジョニー・デップとお散歩できるんだったら、列んででも
鏡の中に行きたいヮ (*^_^*)
mayumiさんへ (NAO)
2010-02-17 23:19:33
ギリアム独特の世界に浸れない人は、だめでしょうね。
確かにクセありますもん。^^;
でも、これは私はけっこう楽しめました。
すごい奇想天外なかんじだけど、どこか納得するものがありました。
ジョニーの出番は、ちょっとしかなかったけど・・。^^;
4月の「アリス~」ますます楽しみです♪

コメントを投稿

さ~た行の映画」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

20 トラックバック

Drパルナサスの鏡☆THE IMAGINARIUM OF DOCTOR PARNASSUS (銅版画制作の日々)
 これが本当のヒース・レジャーの遺作です。 テリー・ギリアム監督最高傑作と呼び声も高い「Drパルナサスの鏡」を鑑賞してきました。すでに鑑賞された方から聞いてましたが、結構ヒースの出番は多いです。撮影半ばで逝ってしまったヒースと3人がどんな風に繋げられてい...
Dr.パルナサスの鏡 (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『鏡の中は、すべての願いが叶うパラレルワールド しかし、そこは大切なひとを奪う迷宮だった─』  コチラの「Dr.パルナサスの鏡」は、あの衝撃からちょうど2年、ヒース・レジャーの命日の翌日である本日1/23に公開となったPG12指定のファンタジー・ミステリーなの...
「Drパルナサスの鏡」 摩訶不思議世界 (ノルウェー暮らし・イン・London)
摩訶不思議もここまでくると感動! 故ヒース・レジャーの遺作を引き継いだ、彼の親友ジョニー・デップ、ジュード・ロウ、コリン・ファレルによって、鏡の中の不思議世界が実現した。 ロンドンの片隅に、中に入るとジョニデとあんな風にできる鏡があったら・・・・・・・...
幻想館へようこそ~『Dr.パルナサスの鏡』 (真紅のthinkingdays)
 THE IMAGINARIUM OF DOCTOR PARNASSUS  英国、ロンドン。パルナサス博士(クリストファー・プラマー)が率いる大道芸 一座は、ある夜橋に吊る...
Dr.パルナサスの鏡 /The Imaginarium of Doctor Parnassus (我想一個人映画美的女人blog)
{/hikari_blue/}{/heratss_blue/}ランキングクリックしてね{/heratss_blue/}{/hikari_blue/} ←please click ヒース・レジャーの遺作となってしまった本作、 鬼才テリー・ギリアム監督最新作はジョニー・デップ、コリン・ファレル、 そしてジュード・ロウが同一人物トム...
Dr.パルナサスの鏡 (LOVE Cinemas 調布)
『未来世紀ブラジル』の鬼才テリー・ギリアム監督が送るファンタジー映画。というより故ヒース・レジャーの遺作と言った方が良いだろう。本作の撮影中に急逝したヒースの後を、ジョニー・デップ、ジュード・ロウ、コリン・ファレルの3人のハリウッドの名優が演じること...
「Dr.パルナサスの鏡」ヒース・レジャー渾身の遺作。 (シネマ親父の“日々是妄言”)
[Dr.パルナサスの鏡] ブログ村キーワード 記事投稿日時 2010年1月12日23:28 ※上映開始日を投稿日時に設定。上映開始1週間後まで固定。  “鬼才・テリー・ギリアム監督、待望の新作”「Dr.パルナサスの鏡」(ショウゲート)。本作は、「ダークナイト」でオスカーを受...
Dr.パルナサスの鏡 (小部屋日記)
The Imaginarium of Doctor Parnassus(2009/イギリス=カナダ)【劇場公開】 監督:テリー・ギリアム 出演:ヒース・レジャー/クリストファー・プラマー/ヴァーン・トロイヤー/アンドリュー・ガーフィールド/リリー・コール/トム・ウェイツ/ジョニー・デップ/コ...
「Dr.パルナサスの鏡」 テリー・ギリアムの物語の作り方 (はらやんの映画徒然草)
主演のヒース・レジャーの突然の死によって完成が危ぶまれていた本作ですが、鏡の世界
欲望の代償。『Dr.パルナサスの鏡』 (水曜日のシネマ日記)
2008年に急逝したヒース・レジャーの遺作。幻想の世界へ誘う鏡の世界を使った大道芸人たちに秘められた想いを描いた作品です。
Dr.パルナサスの鏡/The Imaginarium of Doctor Parnassus(映画/劇場鑑賞) (映画を感じて考える~大作、カルトムービー問わず映画批評)
[Dr.??????泣?鴻?㍼? ???㏍?井???㏍?若??若??Dr.??????泣?鴻?㍼???蕁?鐚?The Imaginarium of Doctor Parnassus鐚??㏍?c?????潟???種??<?賢???????障?障?⒨????с???c?宴?????㍽新絎??????紊у???⒢?蚊??????????...
Dr.パルナサスの鏡 (★YUKAの気ままな有閑日記★)
言わずと知れたヒース・レジャーの遺作にして、映画撮影途中でのヒースの急逝を受け、ジョニー・デップ、ジュード・ロウ、コリン・ファレルがヒースの役を引き継いだ“Dr.パルナサスの鏡”。3人が亡きヒースの幼い娘に出演料を贈った―という美談も相まって、結構話題にな...
Dr.パルナサスの鏡 / 79点 / IMAGINARIUM OF DR PARNASSUS (ゆるーく映画好きなんす!)
解り易いハズがどんどん混沌としていく・・・こ、これは!ギリアムの世界だ! 『 Dr.パルナサスの鏡 / 79点 / THE IMAGINARIUM OF DOCTOR PARNASSUS 』 2009年 アメリカ 124分 監督 : テリー・ギリアム 脚本 : テリー・ギリアム、チャールズ・マ
Dr.パルナサスの鏡 あか~んっわからんかった~ (労組書記長社労士のブログ)
【 {/m_0167/}=6 -3-】 日曜日にダブルで鑑賞、先に見たラブリーボーンがちと「うぐぐ・・・」だったので、今度は素直に楽しめるかなと思っていたのだが。  現代のロンドンに奇妙な舞台と旅芸人の一座が現れる。1000歳以上という老人のパルナサス博士、娘のヴァレンテ...
Dr.パルナサスの鏡 (メルブロ)
Dr.パルナサスの鏡 (原題: THE IMAGINARIUM OF DOCTOR PARNASSUS) 299本目 2010-3 上映時間 2時間4分 監督 テリー・ギリアム 出演 ヒース・レジャー(トニー)     クリストファー・プラマー(パルナサス博士)     ジョニー・デップ(鏡の向こうのト...
Dr.パルナサスの鏡 (to Heart)
鏡の中は、わがままな願望でいっぱい この迷宮から、 大切なひとを救えるのか──? 原題 THE IMAGINARIUM OF DOCTOR PARNASSUS 製作年度 2009年 製作国・地域 イギリス/カナダ 上映時間 124分 監督 テリー・ギリアム 脚本 テリー・ギリアム/チャールズ・マッケオン ...
Dr.パルナサスの鏡 (C'est joli~ここちいい毎日を~)
Dr.パルナサスの鏡’09:イギリス+カナダ ◆原題:THE IMAGINARIUM OF DOCTOR PARNASSUS◆監督:テリー・ギリアム「ブラザーズ・グリム」「ラスベガスをやっつけろ」◆出演:ヒース・レジャー、クリストファー・プラマー、ヴァーン・トロイヤー、アンドリュー・ガーフィ...
★「Dr.パルナサスの鏡」 (★☆ひらりん的映画ブログ☆★)
今週の平日休みは川崎のシネコンをはしごして、3本観てきました。 その1本目は、ヒース・レジャーの遺作で、 奇才テリー・ギリアム監督作。 ヒースの取り残し部分をジョニデとジュード・ロウとコリン・ファレルが演じて完成させた、 涙ぐましい作品として、世に語り...
評判にバラツキがありますが... (たまごのなかみ)
春休みなので 王子をお供に... 『Dr.パルナサスの鏡』(2/16 劇場にて) 原題:THE IMAGINARIUM OF DOCTOR PARNASSUS 制作国:イギリス カナダ(2009年) 監督:テリ-・ギリアム 脚本:テリー・ギリアム、チャールズ・マッケオン 出演:ヒース・レジャー(トニー)  ...
『Dr.パルナサスの鏡』は亀なのか? (映画のブログ)
 【ネタバレ注意】  『Dr.パルナサスの鏡』の主人公は、テリー・ギリアム監督である。  なにしろテリー・ギリアム自身が「僕自身に関す...