NAO日和

ピアノ講師NAOの日々感じた事を本音でトーク♪
コーギー・B'z・グルメ話あり
映画の点数は自分の満足度で評価

「機動戦士ガンダムOO」~まとめ感想

2009年03月30日 | アニメ

「機動戦士ガンダムOO~セカンドシーズン」が29日に最終回。

セカンド初回の感想はこちら→クリック

簡単な感想を。。。

=============================

2シーズンで延べ50話を費やして描かれたが、結局ほとんど進展していない
ような気がします。

結局、ソレスタルビーイングは活動を続行。ガンダムマイスターもそのまま
いるし。アロウズは解体されたが、連邦軍はそのままあるし。
極めツケが、「2010年、劇場版 機動戦士ガンダムOO公開」ですと。
笑うしかないです。。。。。。

============================
●刹那 
「行こう。俺たちには、まだやることがある」

セカンドでは、ずいぶん成長したように感じますが、う~んやっぱり
主人公としては、いまいち物足りなさがぬぐえない。
淡々としすぎて、面白くない。もっともがき苦しみながら成長してほしかった。
おまけに、イノベイターの純粋種ときた。 理由がはっきり語られないまま
こんなこと言われても、ぜーんぜん視聴者は理解不能。
この辺が、劇場版で明らかにされるのか?

●ロックオン(ライル)
「そっちへ行くのはもう少し先だ。その時まで待っててくれよな、アニュー」

最終回、ニールと同じ目を負傷したのはなにかの縁?
でもって、アニューといつからいい仲になったんでしょ?
このあたりも、視聴者おいてけぼり・・・。でも、生きてて良かった。
「OO」で、数少ない好きなキャラだったので。

●アレルヤ
「見つけるんだ。ぼくたちが生きる意味を、その答えを」

結局、ハレルヤの人格は残ったまま共存共栄みたいな形なのかしら?
セカンドは、マリーが来てから、なんだか骨抜き状態のような感じ。^^;
最後は、ソレスタルビーイングを抜けてマリーと巡礼のような旅にでも
でたという形なのかしらねぇ~。まぁ、マリーとはお似合いだから仲良く
やっていってもらいたいです。

●ティエリア
「ヴェーダの一部となり、君たちを見守ることにしよう。来るべき対話の時まで」

最後、ヴェーダと完全融合に。
イノベイターにイノベイドに純粋種。いろんな言葉が出てきたけど、結局
NAOさん、いまいちこの区別が理解できず・・・っていうか、説明もなにも
ないからわかるわけないじゃん。
実体ないままのティエリア・・・・劇場版ではどうするんでしょうかね?

●リボンズ
「下等な人類と一緒に・・その気はないよ!」

結局、彼は死亡したのか?なんだか、死亡していないような気が・・・・・。
劇場版で、何食わぬ顔して出てきそうな予感がします。
彼も作られた人だったようで、(誰に作られたんじゃ?)だからこそ
神のような存在になりたかったんでしょうかね~。
これも、劇場版で答えが出るのかどうか・・・(そんなんばっかり

●マリナ
「私は小さな平和を広げてゆくわ。歌が人の心に染み入るように」

姫キャラになれなかったキャラ・・・・こんなのも珍しい。
この方、いてもいなくてもど~でもよかったんじゃ・・・。
刹那と絡むのか?と思ったら、ぜーんぜん。
セカンドのOP映像で散々期待させといて、これですか?
おまけに“歌”ですと。「マクロス」かい?と思いましたよ。。。。
ほんと、花のないキャラでしたわ。

●沙慈
「過去は変えられなくても未来は変えられる。僕たちの望む世界へ」

もがき苦しんでいる姿は、ある意味主人公のようにも見えました。
イライラする場面も多々ありましたが、刹那があまりにも淡々としすぎてたので
かぇってこっちのほうがリアリティがあったかも?

●ブシドー(グラハム)
結局、おまえは何がしたかったんじゃい?
最終回なのに、セリフなし! ビリーの後ろに立っていただけ。。。。
せっかくの仮面キャラだったのに、過去ガンダムシリーズでも
こんな中途半端な仮面キャラいないのでは・・・・。

●コーラサワー
「不死身のコーラサワー改め、幸せのコーラサワーになりました~」

でっきり死亡フラグがたった・・・と思いきや、生きてたんですかい?
でもって、マネキンさんと結婚!
一番ど~でもいいキャラが、こんな幸せな終わり方でいいのかっ!?

===============================

当初から、話のスケールが小さいのが気になっていましたが、最大の要因は
スケールが小さいのに、登場キャラが多すぎた。。ということ。

おまけに、各キャラそれぞれに背負う背景が多い且つ重たすぎて、
かわいちょうに、途中でいじるだけいじっといて煮詰まったら、死亡退場・・
というのが多すぎです。
トリニティ3兄妹、アリー、王瑠美、リジェネなどがいい例です。
ブシドー、マリナに関しては、半分放置キャラかい?と思ってしまいましたよ。

モビルスーツにしても、そう。
ちょっとしか出てこないMSばっかりだから、愛着がぜんぜんわかん。
最終回の「リボンズキャノン」には笑っちまいましたよ。

まぁ、でも、この終わり方は一応想定範囲内の終わり方でした。
こういう終わり方しか出来ないでしょう~。
「平和」というのは、答えが出にくい・・・ということだけわかった「OO」でした。

一番想定外だったのが、やはり「劇場版」になるということ。
これにつきます。

4月からは、いよいよ「ハガレン」。
日曜の5時・・・・って、ほんと忘れやすいですが、
これは、きっちり観たいと思います。 「ハガレン」楽しみ~♪

『アニメ』 ジャンルのランキング
コメント (4)   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
« 譜読み | トップ | 病院~3月編その② »

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
最終回・・・ (アバン)
2009-03-30 15:32:10
ず~っと見ていましたが、最終回、ハードディスクの容量がたらず最初の2~3分しか録れていませんでした(爆)

最近のガンダムは死んだと思っていたやつが生きているっていう、キン肉マンから始まったとされるこの悪しき習慣に侵食されていますよね。

そしてSEEDからそうなんですが、補足はガンダムエースを読んでねって事です。読まない人は置いてけぼりの世界ですね。劇場版は舞台挨拶があれば行きますかね~もちろんスメラギさんの。NAOさんをお誘いします。間違いなくプラチナチケットですけど・・・
アバンさんへ (NAO)
2009-03-30 16:08:02
ほんと、この生き返る。。っていう反則ワザ
どうにかしてほしいです。--;

>補足はガンダムエースを読んでね

これも勘弁してほしいです。
本と抱き合わせだなんて・・・・商魂みえみえで私、あんまり好きじゃない(><)
ほんと、置いてけぼりでしたよ~(おーい)

劇場版、なんだかんだ言ってもいきますっ!
やっぱり声優陣魅力だし。

>NAOさんをお誘いします

わ~い。ぜひ、よろしくお願いします
お美しい本名さんも生のお姿みたいし、男性は、やっぱ三木眞ですねっ。
久々です。 (ダイヤ)
2009-04-01 14:48:41
00は最後エクシアが出てくる等予想外な展開があって面白かったです。前作SEEDはOPで大体予想出来ましたから。
>商魂みえみえで私、あんまり好きじゃない
これは仕方がないと思います。でも00はレグナント、リボーンズ、エクシアR2といった機体を積極的に商品化してくれる事は凄いです。スパロボへの参戦も楽しみ。

それとエピローグで見られたイノベイドらしき人物は今月のガンダムエースで連載されている公式外伝00Fで分かるそうです。外伝漫画も主人公意外性あって面白いし、本編と繋がって見てて楽しめました。
ダイヤさんへ (NAO)
2009-04-02 01:14:00
ダイヤさん、お久しぶりです♪
終わっちゃいましたね~。映画は予想外でした。^^;
やっぱり、商魂は仕方ないんでしょうかね。
ガンダムエースは、あまり読んでいないので
今度本屋さんに寄ってみます。
でないと、本編があまりにもつながらなくて。^^;;;

コメントを投稿

アニメ」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

トラックバック

【リボーンズガンダム】機動戦士ガンダム00 2nd season 第25話「再生」【感想】 (失われた何か)
いよいよ最終回!! そして2010年に映画化決定!! 最近、流行ってますな。最終回放映後の映画化報告・・・。 全体的にすっごく綺麗に...