NAO日和

ピアノ講師NAOの日々感じた事を本音でトーク♪
コーギー・B'z・グルメ話あり
映画の点数は自分の満足度で評価

「マスカレード・ナイト」

2021年10月01日 | 邦画

~容疑者、500人。 タイムリミットは24時間~

2021年  日本映画  (2021.09.17公開)
配給:東宝   上映時間:129分
監督:鈴木雅之
原作:東野圭吾 
脚本:岡田道尚
音楽:佐藤直紀
衣装:黒沢和子
出演:木村拓哉/長澤まさみ/小日向文世/梶原善/泉澤祐希/東根作寿英
   石川恋/中村アン/石黒賢/田中みな実/沢村一樹/勝村正信/木村佳乃
   凰稀かなめ/麻生久美子/高岡早紀/博多華丸/鶴見慎吾/篠井英介
   石橋凌/渡部篤郎

<見どころ>
東野圭吾のミステリー小説シリーズを、木村拓哉と長澤まさみの共演で映画化した
『マスカレード・ホテル』の続編。カウントダウン仮装パーティーが開催される
ホテルを舞台に、招待客の中に紛れ込んだ殺人犯を逮捕すべく、破天荒な潜入
捜査官と優秀なホテルマンが奮闘する。メガホンを取るのは前作に続き『HERO』
シリーズなどの鈴木雅之。そのほか小日向文世、梶原善、石橋凌、渡部篤郎と
いった前作からのキャストをはじめ、中村アン、田中みな実、石黒賢、沢村一樹、
勝村政信らが新たに出演する。

<ストーリー>
ある日、警察に匿名の密告状が届く。それはホテル・コルテシア東京で大みそかに
開催されるカウントダウンパーティー“マスカレード・ナイト”に、数日前に起きた
殺人事件の犯人が現れるというものだった。パーティー当日、捜査のため再び
フロントクラークとしてホテルに潜入した刑事・新田浩介(木村拓哉)は、優秀な
ホテルマン・山岸尚美(長澤まさみ)の協力を得て任務に当たる。しかし、500人の
招待客は全員仮装し顔を仮面で隠しており、二人は殺人犯の特定に苦戦する。

<感想>
2019年に公開された「マスカレード・ホテル」の続編。

 
今回も豪華俳優陣を揃えてなので、それだけでも非常に見ごたえが
ありましたし、前作より推理が難しく、カメラを撮っていた人物などは
早い段階でわかったのですが、犯人は最後までわからなかったです。

  
犯人の殺害動機には、いささか無理矢理感を感じますが、俳優さんたちの
演技力で不満も薄まった感が。個人的にはベルボーイ役を演じた泉澤祐希君が
良かったですね

  
あと、冒頭のダンスシーンって必要でした?(ーー;)
キムタクファンへのサービスだとしてもいらないでしょ~。

前作未鑑賞でも楽しめる作品。
第3弾はロスで。。。ってあるのかな?(笑)

点数:7点/10


コメント (2)   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 「先生、私の隣に座っていた... | トップ | 毎日格闘 »

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
無難~ (cyaz)
2021-10-01 14:22:37
NAOさん、こんにちは^^

やはり東野原作がしっかりしていると、
正直キムタクでなくても作品は活きてくるのかなぁ(笑)
ホテルロビーでの異常に刑事の多い配置や、
沢村一樹のゴリ押し客の設定はちょっといただけない所もあったけど、
全体的には楽しめた作品になってました。

>キムタクファンへのサービスだとしてもいらないでしょ~。
ダンスは柔軟性がないと、あの硬さでは(笑)
日産のCMでもムーンウォークを後ろから捉えた姿はいただけません(笑)
cyazさんへ (NAO)
2021-10-01 15:17:34
こんにちは~cyazさん♪

正直、私もキムタクでなくてもいいように思います。
東野圭吾作品は好きなのでけっこう読んでいますが
マスカレードシリーズは未読なので、ぜひ読みたいです。

>日産のCMでもムーンウォークを後ろから捉えた姿はいただけません(笑)

同感です。
ムーンウォークは、ジャニーズだとやはり東山くんか
あと、俳優の窪田正孝さんのムーンウォークは素晴らしいですよ!(ダンスもめっちゃくちゃうまい!)

コメントを投稿

邦画」カテゴリの最新記事