NAO日和

ピアノ講師NAOの日々感じた事を本音でトーク♪
コーギー・B'z・グルメ話あり
映画の点数は自分の満足度で評価

「素晴らしきかな、人生」

2017年03月11日 | 洋画

~人生ドン底の男を救ったのは、3人の奇妙な男女だった~

2016年  アメリカ映画  (2017.02.25公開)
配給:ワーナー・ブラザース映画     上映時間:1時間37分
監督:デヴィッド・フランケル
製作:マイケル・シュガー
音楽:セオドア・シャピロ
出演:ウィル・スミス/ヘレン・ミレン/ケイト・ウィンレット/エドワード・ノートン
    マイケル・ベーニャ/キーラ・ナイトレイ

<見どころ>
『プラダを着た悪魔』などのデヴィッド・フランケル監督が手掛けたヒューマンドラマ。
愛する者を失い仕事も私生活も行き詰まった男が、クセのある舞台俳優たちとの
交流を経て人生を見つめ直す。『幸せのちから』などのウィル・スミスを筆頭に、
ケイト・ウィンスレット、キーラ・ナイトレイ、エドワード・ノートン、ヘレン・ミレンら
豪華俳優陣が出演。温かなストーリー、女優たちが身にまとう華麗なファッションの
数々に注目。

<ストーリー>
広告代理店の代表として成功してきたハワード(ウィル・スミス)だったが、愛する
人を失ったのを機に仕事も私生活もままならなくなってしまう。やがて会社の業績も
悪化し、社員たち(ケイト・ウィンスレット、エドワード・ノートン、マイケル・ペーニャ)も
気が気ではない。そんな中、ハワードは舞台俳優たち(キーラ・ナイトレイ、ヘレン・ミレン)
との出会いによって、少しずつ変化していき……。

<感想>
タイトルですっかり騙されたな。名作「素晴らしき哉、人生」のリメイク思ったじゃないか。
こんな名作タイトルと同じ邦題にするなよ!!(怒)
でもって、グダグダな内容と、恐ろしいまでの豪華俳優の無駄遣い。

 
冒頭、主人公が社員の前で熱弁するシーンがあって、私はいろいろ苦難があったが
結果、今こうやって朗々と語っている自分がいるのかな?と思って観てたんです。

しかし、それが始まりで、そこからずーーーっと暗い。

最愛の娘が亡くなって、破滅的に落ち込むのはわかるんだが、それにしても
会社のCEOが、それを理由に会社を破たんさせるほどやる気なくしちゃ
だめじゃないのかなぁ・・・。

ずーーーっとそんな感じで、タイトルと違って、気が滅入るばかり。

 
ドミノも意味不明だし、第一、しゃべらないウィル・スミスはつまらん!

仕事をあそこまで放棄してたら、さっさと解任出来るでしょうに。

まだ3月ですが、早くもワースト?って感じの残念な映画でした。

点数:3点 (10点中)

『映画DVD(レビュー感想)』 ジャンルのランキング
コメント (2)   トラックバック (2)   この記事についてブログを書く
« 久々に購入 | トップ | 4年間の集大成 »

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (mig)
2017-04-30 10:18:57
あら。これ私好きでしたよー
キャストの共演が良かったし!
あそこで気になっちゃうとダメですねー
そして妻だったのもえーってなったけど
全体的には芝居とか面白かったので 笑
migさんへ (NAO)
2017-04-30 16:28:44
そうそう、私はあのあたりで気になってしまい
もぅそこからダメでした^^;;;;;;

俳優さんたちは、好きな方ばかり出てたんだけどなぁ。。。。
ひたすら、エドワード・ノートンばっかり目で追ってました^^;

コメントを投稿

洋画」カテゴリの最新記事

2 トラックバック

素晴らしきかな、人生★★★ (パピとママ映画のblog)
ウィル・スミスが最愛の娘を失い絶望の淵に立たされた男を演じる異色のヒューマン・ドラマ。共演はエドワード・ノートン、マイケル・ペーニャ、ケイト・ウィンスレット、キーラ・......
素晴らしきかな、人生/COLLATERAL BEAUTY (我想一個人映画美的女人blog)
邦題がどうかしちゃってるウィルの新作 この邦題はどう考えても映画ファンなら「素晴らしき哉、人生」(1946年、フランク・キャプラ監督作) のリメイクか?と思う。(でも別......