NAO日和

ピアノ講師NAOの日々感じた事を本音でトーク♪
コーギー・B'z・グルメ話あり
映画の点数は自分の満足度で評価

「空母いぶき」

2019年06月16日 | 邦画

~ここは、もはや戦場だ~

2019年  日本映画  (2019.05.24公開)
配給:キノフィルムズ        上映時間:134分
監督:若松節朗
原作:かわぐちけいじ
脚本:伊藤和典/長谷川康夫
監修:かわぐちけいじ
音楽:岩代太郎
出演:西島秀俊/佐々木蔵之介/本田翼/小倉久寛/高嶋政宏/玉木宏
   戸次重幸/市原隼人/堂珍嘉邦/片桐仁/和田正人/土村芳
   中井貴一/村上淳/吉田栄作/工藤俊作/益岡徹/斉藤由貴
   藤竜也/佐藤浩市

<見どころ>
「沈黙の艦隊」「ジパング」などのかわぐちかいじのコミックを原作にした
ミリタリーサスペンス。波留間群島の一部占領を受け、現場に向かう航空機搭載
護衛艦の乗組員の運命を多角的に映し出す。監督は『沈まぬ太陽』などの若松節朗。
『MOZU』シリーズなどの西島秀俊、『超高速!参勤交代』シリーズなどの佐々木
蔵之介らが出演。日本の置かれている状況を反映したドラマに引き込まれる。

<ストーリー>
20XX年。日本最南端沖で国籍不明の漁船20隻が発砲を開始し、波留間群島の一部を
占領して海上保安庁の隊員を捕らえる。日本政府は、航空機搭載護衛艦いぶきを
メインにした艦隊を派遣。お互いをライバルとして意識してきた航空自衛隊出身の
いぶきの艦長・秋津竜太(西島秀俊)と海上自衛隊出身の副長・新波歳也
(佐々木蔵之介)
は、この未曽有の事態を収束しようとする。

<感想>
原作はマンガ本1巻だけ既読。
公開前に、佐藤浩市さんの件でちょっと物議が出たりして、どんなものかと
思いながら鑑賞しましたが、思ってたよりは悪くなかったです。

 
こういう戦闘ものの話は、どうしても女性人物が少なくなってしまうので
エンタメ上、本田翼さんのキャスティングやそれぞれの場面で多少の女性を
起用したのはバランスとれてよかったです。

 
自衛隊、政府、報道、一般人、それぞれの立場を対比して撮っているのは
観ていてわかりやすかったです。日本に都合の良いきれいなまとめ方で
終わっているけれど、「戦闘」と「戦争」は違う、ということはとても納得。

主役の西島秀俊さん、佐々木蔵之介さんの演技は秀逸。そのほかの俳優さんも
好演されていて、この点は満足☆
「戦争を経験したあなたが、簡単にいくさという言葉を使うべきではない」
というセリフは、けっこう響きました。

日本のアジア近海情勢も混沌としている現実、実際にこのような状況に
陥った場合、現政権はどういう決断を下すんでしょう。

そういや若い議員さんで軽々しく発言した方いましたね。
その議員さんはこの映画や原作を観たり読んだりしたのでしょうか?
未読未見でしたら、触れてほしいですね。

点数:7点 (10点中)


コメント (4)   この記事についてブログを書く
« 「居眠り磐音」 | トップ | 父の日でした »

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (jasmine)
2019-06-16 09:14:53
これを観てすぐにホルムズ海峡での被弾でしたから、政府の対応など、新聞やニュースをいつもより真剣に見ました。

ロケ地がほとんどなく、ずーっと狭いセットの中でCGに合わせて迫真の演技ができる俳優さんたちってすごいなって思いました。空自パイロットなんかマスクつけてるから目だけの演技ですものね。「天神」読んでたのでなんとなくわかりましたが。
「いぶき」は読んだことありませんが、スエズ運河で練習艦に乗せてもらったことがあるので狭い感じはわかりました。
jasmineさんへ (NAO)
2019-06-17 16:42:51
まぁ!スエズ運河で!
とても貴重な体験されましたね。

私は、横須賀で海上自衛隊の護衛艦やイージス艦を
間近で見る機会がありましたが、船体が大きくても
中はとても狭いんですね。

現場から遠いところでああだこうだ言う分には
容易いけれど、現場では映画以上の緊迫感が
あるわけで・・・。任務についている自衛官の
方々には頭が下がるばかり。
最近の世界情勢をみていると対岸の火事では
なくなってきたのかもしれません。
心配~ (cyaz)
2019-06-17 18:04:05
NAOさん、こんにちは^^

この映画、昨日観て来ました。
なかなか軸のしっかりした映画だったと思いますが、
出てくるミサイルや迎撃弾の解説が、
少し文字情報としてほしかったですね(笑)
誰が見方で誰が敵なのか・・・。
世界情勢の中で、日本がどの立ち位置にいるのか、
この映画を観ていたら心配になりました(笑)
cyazさんへ (NAO)
2019-06-18 14:26:40
こんにちは~cyazさん♪

確かに、専門用語が多かったので、
補足の文字情報が欲しかったですね^^

尖閣諸島や竹島問題とか海上情勢が不安な昨今。
映画のようにうまく?行けばいいのですが
現実はかなり厳しいですね・・・。

コメントを投稿

邦画」カテゴリの最新記事