人生なんとかなるさの日記

強気な娘の子育てとネガティブな自分の成長日記

オモチャを独り占めして他の子を寄せ付けない娘

2017-10-05 21:35:53 | 
こんばんは

久しぶりに娘の現状について


娘はクスクス成長し

毎日お喋りも達者になり 

そろそろ秋だね
寒くなってかたからかぜひかないようにしなくちゃね 

などと
大人顔負けのセリフを
ご近所のママたちに向かっていっている


3歳児健診もなんなく終え

自作の歌を大声で歌いながら
躍り狂ったりしている


自転車にのったり

最近では文字に興味を持ちはじめて

一生懸命自分の名前を練習している

まだまだ形にはならないことが多いけど

色んなことに好奇心をもってチャレンジする姿は見ていて楽しい


 
ただ、お友達との関係というか

距離感は相変わらずつかめていない



毎週行っている児童センターでの

2、3歳児クラスで


身体を使って遊んでいるときは
仲良くできるんだけど


オモチャを使った遊びになると

どうしても貸し借りができず

貸し借りどころか

全てのオモチャは娘のもの!!

という勢いで

他を寄せ付けない


ジャイアン的な娘なのだ


今日も
娘が一人でままごとをしていると
男の子が
「ぼくもお弁当つくるー」
と近付いてきたら

「だめーーーーー!」
「ひとりでするのーーーーー!」


と凄い大きな声で叫び


私が
「ひとりでするより皆でしたほうがたのしいよ
一緒に遊ぼう!」

と言ったら

その声かけが火に油を注いだらしく

「だめーーー!ぜっーーーーったいにだめーーーー!!」

と怒り狂っていた


男の子はどうしても遊びたかったらしく
強行突破でオモチャを取りに行こうとしたら

手で払いのけて押し倒そうとした



さすがに暴力は良くないので
娘の腕を静止させ

出来るだけ感情的にならないように

「ひとりであそびたいんだね、
でもここはみんなの遊ぶ場所だから
ひとりで遊びたいなら
お家に帰って遊ぼう」

と言い聞かせてみたものの

全く効果がなく

一度スイッチの入った娘は

私の腕のなかで何かを叫び訴えながら荒ぶるマグロのように暴れていた


さすがに3歳ともなると

動きを制しながら
その場を強制退場させるのも
難しくなってきた


できなくはないが

ものすごくみっともない事になるし

それをすることで
余計に娘を怒らせ
結局さらに激しくヒートアップしてしまう

下手をすれば
離れて連れてきた場所から
私の隙を見て同じ場所へダッシュで戻り
相手の子を突き飛ばしかねない…


改めて文にすると
娘恐すぎ(笑)


まぁこれもかなり慣れてきたから

相手の子には本当に悪いと思うんだけど

荒ぶる娘をその場で宥めつつ
相手の子が折れて
他の事に気が逸れるのを待ってしまったりしている

とにかくその場を終わらせて

娘が落ち着いたところで
退場

抱っこしたり
あやしたりして

さらに涙が治まったところで

再度諭す
どうして怒られたのか
何が悪かったのか
どうすれば良かったのか


今日はなかなか激しい爆発だったので

平然を取り戻すまでに
絵本を読んだりパズルをしたりして

時間が掛かったが

帰る時間になって

再度

「お友達一緒に遊ぼうって言ってくれてたよね
○○がダメっていって押したから
悲しい顔してたよ」
「最後にごめんねして帰ろう」

と話をした


それでも娘は
「ごめんねは言えない」
と何度も言うので


「わかった
じゃあお母さんがごめんね言ってあげる
○○が、またあそんでねって言える?」
と聞いてみると

それは出来ると「うん」と言った


押してしまった二人の男の子に
一人ずつ回って

「今日はごめんね」と私が言うと
「また遊ぼうね」と娘が一人で言えた


相手の男の子も
「うん!いまから一緒にあそぼ」
と言ってくれたが

娘「だめーーー!」

ッテオイ!!娘よ!
そこは一緒にあそぼだろ!
って思ったが


今は遊びたくない気分だったのも分かるし
また今度あそぼうという気持ちに嘘がなかったから
私の後に続いて言えたんだと思う



ふぅーー
まだまだ難しいなぁ娘


でも今日は失敗した割には
ちゃんと失敗から親子共々学んで成長できたきがする

これも同じ年の子が集まるクラスに通っているおかげ

時々衝突する子は決まっていて

娘と同じように
成長が早い活発なタイプの子

お互い様って雰囲気もあって

違う日には他の子が
大きく荒れてお母さんが大変そうにしていたり

そういう姿を見せ合っているから


自分の娘がギャーーーってなったときにも
他のお母さんたちの目を気にしすぎる事なく

娘に集中して対処できる気がする


お互い様


この言葉に最近凄く救われている

やられてもやってもお互い様

同じタイプの子は
お母さんもみんな同じことで苦労してる


分かるよって空気のなかで子育てできると凄く楽


少し前までは
支援センターに行っても

同じ月齢の子と過ごすことが少なかったせいか

他の子と娘の成長を比べて見ることしかできずに

あの子はあんなことができる

あの子はこんな風にできるのに
うちの子は出来てないからダメだとか

比べることしかしなかった


でも新居に引っ越してきて

周りも同じ年の子供たちが沢山いて

色んなタイプの子を親戚の子のように
可愛がって遊んでいたら


それぞれの個性が見えてきて

成長度合いが気にならなくなってきた


特に3歳ともなると
成長度合いよりも
個性が際立ってくる時期だからってものあると思うけど


そのおかげで
娘の個性にも寛容になれてきた気がする

いつかは出来る

トライ&エラーの繰り返しで
気づけば出来るようになっているはずだから

もう一歳から悩み続けている
娘の気性の荒らさだけど

もう諦めの境地で

そのうち波に揉まれてどうにかなるだろう

それまでは
気心の知れた安全な児童センターで

小さな集団生活を体験させてもらおうと思う
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 人と比べる時間があったら自... | トップ | お久しぶりです 新生活スター... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

」カテゴリの最新記事