現代日本語百科   けふも  お元気ですか

gooブログはじめました!日本語百科です。
現代日本語百科 ⓒ2013gooksky




CVID

2018-06-12 12:31:35 | ほんとうのところは

完全かつ検証可能で不可逆的な解体 Complete, Verifiable and Irreversible Dismantlement  
完全かつ検証可能で不可逆的な非核化  Complete, Verifiable and Irreversible Denuclearization
北朝鮮核問題における米国の交渉目標  歴史会談は、CVIDという政策を唯一の交渉としている米国と、段階的に進めるという北朝鮮との、シンガポールでの話し合いが始まった。




https://www.nikkei.com/article/DGKKZO31007560W8A520C1EA2000/
(きょうのことば)CVID 日米が目指す非核化の原則
きょうのことば
CVID 日米が目指す非核化の原則
2018/5/26付
>complete,verifiable,irreversible,dismantlementの略で、「完全で検証可能かつ不可逆的な非核化」などと訳される。日米などが目指す北朝鮮の非核化の原則。2004年ごろの6カ国協議で関係諸国の間で市民権を得たが、北朝鮮自身の反対で当時の声明には盛り込めなかった。
>米国内には北朝鮮の核問題解決のプロセスで、CVIDが実現した段階で経済制裁の解除や援助を行う「リビア方式」を主張する意見がある。ただ、北朝鮮は結果的に体制が崩壊したリビアを失敗の教訓とみている。

https://imidas.jp/genre/detail/D-111-0006.html
時事用語事典 > 国際情勢 > 朝鮮半島 > 6者協議共同声明後の朝鮮半島情勢 > CVID(朝鮮半島)
>高濃縮ウラン(HEU→「北朝鮮核開発問題」)計画は、北朝鮮が過去、核問題に関して交わしたすべての取り決めに違反するとして、平和利用を含む一切の核計画を認めないとするアメリカの立場を示したものであり、2004年2月の第2回6者協議以降定着した。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 異常気象終息 | トップ | 歴史会談 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

ほんとうのところは」カテゴリの最新記事