喫茶店で瞑想して、 銭湯で元気になる

日本中の素敵な建物たちを見て歩き

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

大阪1日歩き 帝塚山のヴォーリズ

2005-12-20 | 建築

帝塚山の町をいくと、煉瓦塀に囲まれて、煙突がある建物が見えてきます。ああ、ヴォーリズだなあ、とつい口に出してしまいました。ここは旧ウィルミナ女学校の創設にかかわったへール宣教師邸。登録文化財に登録され、今も大切にされている幸せな建物。1922年築で、松本にある同じ宣教師館のヘニガー邸の1年あとに建てられました。
『大阪府』 ジャンルのランキング
コメント (3)   この記事についてブログを書く
« 大阪1日歩き 自分を写す | トップ | 大阪1日歩き 青い小さなおうち »
最近の画像もっと見る

3 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
帝塚山はええね (ひろ009)
2005-12-21 00:20:01
帝塚山には親戚の家があって、幼い頃からよく遊びに行きました。でも、もち論このような洋風建築のことはつゆ知らずでした。

ここは電柱もあってなかなか写真におさめづらいのですが、バックが青空で綺麗に撮れていますね。確か西向かいの家も味わいがあったと思います。

大阪の色やねん (aoi_color)
2005-12-21 19:44:50
大阪シリーズ楽しく見させて頂いております。

ちょっと昔の東京にも古くても立派な建物がたくさんあったのに関西方面はまだまだ現役でありますね。
帝塚山 (小道)
2005-12-21 23:24:25
素敵なお宅がたくさんありました。ちょうどお掃除中で、じろじろ見ることができないお宅では、ぐるぐる何度も回って、もっと怪しい人になってしまいました。

コメントを投稿

建築」カテゴリの最新記事