gardening2

 我が家の花木と昆虫たちです。

 「コメントをもっと見る▼」の時は
  ▼を押して下さい。

アジサイとペチュニアほか♪

2017-05-31 06:45:21 | Weblog

アジサイです。生け花のアジサイの挿し芽からです。小さな球だったのに、大きなのも咲きます。上は、走りの小さな球、ほかは色が微かに見えているだけです。

柏葉アジサイです。一重ですが賑やかに咲いてきました。

葉や茎でマメ科とは分かっていたのですが、花が咲いてきました。近い花はソラマメですが、蒔いた覚えがないのです。実が出来たら分かるでしょう。気が付いた時点では落花生?、それなら嬉しいなと思っていましたが、落花生の花は黄色です。1つ外れです。雑草よりは上等に見えたので残していました、さて~~。

ユスラウメをほぼ収穫しました。生で少しずつ食べようかな?です。赤い実が綺麗です。白実は熟すのが遅いですし、じっと見ないと分からない、実の数も少ないです。疲れが収まってからでも間に合うでしょう。

先日買ったペチュニアたちです。僅かに株が大きくなったように思います。次の花が咲いてきました。

マガリケムシヒキです。小昆虫を狩るアブです。私を襲ってくることはありません。昨日5/30よりはマシに写ったかな、それでも鮮明とまではです。もちろん別個体です。複数で飛んでる気がします。

ミツバチに見えたのですが、一見、ハエには見えなかったから日本ミツバチではないと思います。ミツバチとしたら西洋かなと思っています。
「セイヨウミツバチかニホンミツバチかは、翅脈を見れば簡単に分かる」と次のサイトです。
https://plaza.rakuten.co.jp/wolffia/diary/201103060000/

6:45の室温は23度、湿度は55%です。外気温は20度、湿度は81%です。西の風で曇り、夕方に一時雨、所により昼過ぎから雷を伴う、最高31度予報です。

コメント (23)

マルバハギが咲いてきました♪

2017-05-30 09:16:00 | Weblog

マルバハギが元気にしています。丸い葉、図案の萩の葉はこの萩と思っています。小さい花の先端が紫なのも可愛いです。
我が家の萩は3種類、江戸絞りは7月に咲きそうですが、飛鳥野萩、今年もあまり元気ではありません。

次郎柿の赤ちゃんです。生理落果しても、それなりに残ってほしいです。

アルストロメリアです。草丈の短い品種でやっと生き残って咲いています。沢山あったとしても切り花向きではありません。今春も根茎を買ったのに芽が出ませんでした。

我が家のバラでも咲き加減が良かったら綺麗です。バラの香りも近くでは良い香りです。少しでも咲くと嬉しいです。

ガクアジサイ・墨田の花火です。買った時は純白、この状態だったのかもしれません。この場所は装飾花が、咲くにつれてピンクっぽくなります。

マガリケムシヒキです。若い山の芋の葉に居ます。スマートです。日光が強すぎて、証拠写真です。小昆虫を捕食します。

手前、中央の3匹が前回よりの追加、オオスズメバチが3匹もです。うち1匹は、飛んでいるから蜂取りボトルに入ってほしいと願っていました。残り2匹は飛んでるのを見てないのに入っていました。それにしてもオオスズメバチが5匹もですよ。5/27朝にスズメバチの羽音を聞いてから、飛ぶ姿を見ていません。もう来ないでほしいです。今朝はボトルには入っていませんでした。

9:15の室温は21.5度、湿度は54%です。水やりをしてきました。外気温は23度、湿度は57%です。西の風で晴れ、最高32度予報ですって。暑くなりますよ~。

 

コメント (10)

ビワと格闘しています♪

2017-05-29 11:45:47 | Weblog

今朝食べました。砂糖を入れて煮たビワ果肉の寒天寄せです。

鍋で粉寒天を煮溶かして、別に煮たビワ果肉を入れて朝までそのままに。当然、鍋くっついて出せませんから、周囲をゴムベラで回して、更に端を切ってひっくり返しました。小さな種が混じっています~。まだビワ果肉を煮たのが残っています。ビワも残っていますし、木にも残っています。

ビワの実です。砂糖で煮ました。栗のような味がします。種を煮たのは大昔、久しぶりに挑戦です。本当は皮をむいてから煮るのですが、果肉と種を別にして、それだけの手間でも疲れ果てます。そうそう、果肉に砂糖を乗せてそのままにしていたら、果汁が出ていたので、1リットルペットボトルに半分ほどありました。炭酸で割って飲みましょうか。もちろん冷蔵庫です。ネットでは皮をむいた種を焼酎に浸けたのが載っていました。今回作るつもりはないですが、ビワの種の焼酎付けには多種の薬効があると載っています。
ビワの葉茶は大寒に摘んだのが良いとか。枝ごと切ったビワの葉、乾かしています。入浴剤にでもと思っています。

昨日、採ったのは全部持ち帰ったと思っていたら、残っていたので写しました。小粒で全部に傷がついています。味は濃くて美味しいです。採った日か翌日までしか酸味が残りません。その酸味も美味しいものですよ。ビワの缶詰はあってもビワジャムは無いですね。ビワが小さいから当然種も小さいです。小さなビワに1-2個の種ではなくて5個も入ってるのもありますから。

モンシロチョウです。ビワを採り終えるまで南側廊下に入れていました。しばらくバタバタしていましたが、手乗りになってくれましたよ。で、何枚も撮ってから表に出しました。害虫でも殺せません。

ミニのカーネーションです。¥108×2ポットです。それなら、お買い得でしょう。(笑い)

花紫の小輪クレマチスです。たまたま白のホットリップスが傍に有って、比較になってくれます。葉も小さくて蕾も細くて小さいです。

宿根バーベナ・ピンクパフェです。長く咲き続けて良い子です。上は5/10に、下は5/27に撮りました。三尺バーベナを除いては、このピンクパフェだけが1年以上生きています。もっと貧相なのでも長くは生きてくれませんでしたのに。

11:45の室温は22度、湿度は54%です。外気温は26度、湿度は34%です。宿根バーベナ・ピンクパフェ 西の風で晴れ、最高31度予報です。

コメント (8)

ブドウの葉で巻いたものも♪

2017-05-28 09:42:11 | Weblog

若いブドウの葉で巻いた料理、もっと細く巻いて、ぎっしりと敷き詰めて蒸すか煮るかしたものがトルコ料理です。楊枝は使わないのですが、私は下手でこの姿です。うんと昔に、トルコ人と結婚された方のブログにブドウの葉の料理が載っていました。短期間でブログを止められました。その時に真似をして、確か餅米だけを入れて巻いたのが1回目です。蒸したのかスープで煮たのかも思い出せません。
で、彼女に珍しいものをと思った私、今回が2度目、上の料理になりました。ブドウは巨峰の若葉を使いました。ブドウの花が咲き出して、若葉の時期、今なら使えます。
もち米は前日に洗っておきました。オージービーフのステーキ肉を細かく切って砂糖をまぶし、極小の塩と醤油で1番冷蔵庫です。肉類に砂糖をまぶすと多少柔らかくなってジューシーになります。国産黒毛和牛の最高は何もしなくても美味しいですが、滅多に買いませんし、買えません。
昨朝、もち米に牛肉とごく少量の玉ねぎの微塵切り、ピーマン2個のみじん切りを加えて、包み込んで楊枝で止めて、コンソメ キューブ1個、胡椒少々、水をひたひた程度に入れて弱火で長めに煮ました。私は先に2個味見して、これならいけると思ったので上を土産に用意しました。13時到着、昼食は済ませてきた彼女ですが、次の一仕事を終えたのち、6個ずつだったかな、美味しいと言って食べましたよ。もちろん初めてですって。ネットでトルコ料理ではブドウの葉を使う料理があると、そこに出ていたのはピラフを巻いたレシピでした。なんだってアレンジ、無国籍料理でも、美味しければです。残った2個は夕食に食べました。
到着後、一服もさせずに、小さなビニール袋に、一昨日のホタルブクロと一緒に写っていた山椒の葉を、蝶の幼虫よりも空っぽにして渡しました。若い葉でも、しごいて固めの軸はそのまま残して。
次に、ジューンベリーの収穫、私は脚立で、彼女は届く範囲を、あそこにもここにもと、赤くなってる殆どを採りました。まあ良いかです。その次は赤いユスラウメの収穫、私は足場の悪い方です。撮りながら口にも運んで、お互いに(笑い)。白いユスラウメは3個だけ、熟すのは遅いですが、今年も白実は実りが悪いです。
その間に、私はコモンマロウ・モルチアナの収穫です。数回分はあるから、全部を採る余裕もないですし、さほど保存も効かないでしょう。
次はビワの収穫です。メインをどちらにするかと迷っていました。天気と彼女の都合で昨日土曜になって、3種類の収穫が可能になりました。ビワもかなり熟しています。熟したのから食べて、熟さないのは種だけでも使ってねと。ビワの種を焼酎に浸けて、ビワを砂糖で煮ると栗の味になるよと。ネットではビワの種を杏仁豆腐にもと使えるとありました。杏仁はアンズの種ですが、同じバラ科、近い仲間ですものね。
で、やっと家に戻って、ウエルカムドリンクはマロウティーでした。実演開始ですよ。マロンブルーも見せて、柚果汁で赤くなったのを供しました。柚果汁も残っていると言っていました。ネットではレモンです。それも見せました。
もう1度庭と雑草園に出て、欲しいものを探しましたよ。ゴーヤー、ヘチマ、ヒマワリを1ポットずつ、オオセンナリを数株。切り花は柏葉アジサイ、ヤマアジサイ・シチダンカと伊予の花火、湿地性カラーです。で、シチダンカの苗があると言ったら欲しいと彼女、一緒に鉢に入っていたのが傍にある種が落ちた球根性のカラーです。それも一緒に。別に湿地性カラーと思う苗も入れましたよ。大荷物です。
ジューンベリーとユスラウメはつぶれないように、持ってきてくれたリコピントマトの箱に丁寧に詰めしていました。
ご主人が買ってきてくださったという美味しいお菓子、いろいろ土産を貰いました。店で売ってないものがあるときに、彼女を誘うようにしています。

クワイの葉です。私は苦いクワイを食べたことがないです。クワイの味は大好き、ほとんど感じない軽いエグミが信条と思っています。彼女も、このクワイは苦くないと言います。抜いて持って帰っても良いよと言いましたが、それはしませんでした。
2度目に雑草園に出た後は、彼女からホットケーキで良いとリクエストでしたが、お好み焼きにしました。ヤマノイモの量が多すぎて焼くのに苦労して、見た目はイマイチでしたが美味しかったです。薄力粉+水+卵2個+すり下ろした山の芋+キャベツの微塵切り+塩少々を混ぜて生地の完成、トンカツ用の豚肉を小さく切って先に炒めてその上に生地を載せて蓋をして焼きました。ソースを塗って、アミエビ+とアオサノリ+花カツオを振りました。分厚く大きいのを半分ずつです。彼女も私も全部は食べられませんでした。ほんの少し粉を多めにすれば焼きやすかったかも、今頃思っています。口当たりが柔らかでほんとに美味しかったですが。
その前に彼女にはチンしたホテイチクに甘い山椒味噌と小さな山椒の葉を添えて出しました。それも初めてだったそうです。コサンダケと呼んで九州や奄美地方で食べられてるとネットも見せました。一昨日に採ってチンしたのを土産にしました。彼女に供したのはその前に採っておいたもので一昨日にチンしなおしたものです。山椒味噌は残ってると言っていました。
マロウティーを飲んでから、豌豆ご飯をガスで炊きました。今のガス台は一定の温度で消えます。そろそろかなと見に行ったら消えていました。5合+もち米一握り+豌豆+塩少々、しばらく蒸らしてから、半分か多めかな、上のブドウの葉巻きと同じ容器に2個入れて土産にしました。我が家のありもしない豌豆ご飯の2回目です。残りは種用だけになりました。それでも我が家のエンドウの味、他では味わえません。父と作っていた時に彼女宅に採りたてを運んだ昔もありました。我が家のを食べてから豌豆ご飯が好きになったと彼女です。

小輪のクレマチスです。細い小さな蕾、葉も小さいです。そろそろ咲くかなとは思っていましたが、彼女とあちこち見て回っているとき、昨日午後に見つけて撮りました。一昨日載せたピンクのクレマチス、3輪目が咲いてきました。

ルビーネックレスと書いていました。茎先に黄色の小さな花が咲きましたが、撮るのを失しています。買ったままの小さなポット、植え替えなくてはです。
http://kobacho-niwaijiri.at.webry.info/201111/article_9.html
検索すると、この緑の玉が赤紫の綺麗な色になっています。この株がそうなるのかどうかは?として、もし赤紫になったら嬉しいです。

サラサヤンマです。一昨日の夕方、台所に入るとガサガサと軽い音がします。チエ♀でないので、何かなと探しました。窓近くでサラサヤンマを見つけました。滅多に見ないトンボです。それに今年初めてのトンボです。背中の更紗模様からの命名とか。ヤンマにしては小さくて細いと思います。モデルの後は外に出しました。メインは背中の模様ですが、目も綺麗、横の模様も尻尾も面白いです。何枚かのうちから4枚選びました。

快晴です。9:40の室温は18度、湿度は54%です。外気温は21度で、湿度は46%です。北西の風で晴れ、最高26度予報です。

コメント (15)

ガーデンヒペリカムが実になった♪

2017-05-27 10:42:11 | Weblog

ガーデンヒペリカム・エンビーフレアの実です。先日、花が咲いて花弁が落ちただけなのに、朝日に輝いています。ほかの10本の枝はまだ蕾なのに、早々とです。一番乗りで威張ってるかもしれません。(笑い)

ミズヒキです。3色入ったのは少ないですが、数株はあります。買った時は白の斑入り葉でした。沢山自生しています。昔の緑葉ミズヒキが消えたのが不思議な気持ちです。

花ぐるま様に戴いたホタルブクロ、大株になって、この辺りの雰囲気が良くなりました。若い山椒の木の葉は、大きな葉が出ます。後で出た若い葉なので、まだ使えます。友達が来るので、この葉を先に摘んでもらいましょう。後でと言っていて忘れたら、あ~あ、ですから。

白八重のゼラニュームです。黄緑から白に変化すると、白が一層白く感じますね。今、とても元気で沢山咲いてきました。

ムシトリナデシコです。別の株です。上は5/23に、下は5/24に撮りました。一斉に咲いて賑やかになっています。

ヒエンソウ=チドリソウです。見る方向で光って色変化するブルーです。見た目もっと青いのですよ。写らないのが残念ですが、1割ほどの確率で咲きます。

八重咲きオオキンケイギクです。キンケイギクは特定外来生物に指定されています。10年ほど前にはまだ種が売っていました。満員御礼の我が家では、一応自生更新していますが、1-3株、とても一面というわけにはいきません。一重から半八重のキンケイギクが1畔にずらりと咲いてるのを数日前に見ましたが、咲く場所がないので増えないです。

先日、咲き出してるのを見つけて喜んだピンク系のクレマチスです。2輪目が咲いてきました。

10:40の室温は19.5度、湿度は52%です。外気温は21度で、湿度は40%です。西の風で晴れ、昼過ぎから時々曇り、最高23度予報です。友達が午後来る予定です。

 

 

コメント (14)

スイレンボクとアジサイたち♪

2017-05-26 10:05:16 | Weblog

スイレンボクです。ごく小さなポット植えの苗木を先日買いました。挿し芽株と思っています。まさか咲いてくるとはです。昨日午後に気付いて撮りました。夕方には閉じていて今朝が下の状態です。2日咲くのか?ですが、右後ろに蕾が2個写っています。もう3個別のところにも蕾です。こんなに小さな木でも咲くとは嬉しいびっくりです。

ドクダミです。奈良ではジュウヤク(十薬)と呼ぶことも多いです。民間薬だからです。上は八重のドクダミ、可愛いですよ。花ぐるま様に戴きました。葉に赤や黄色が入るドクダミを友達ブログで拝見したことがあります。ゴシキドクダミというそうです。
http://garden-vision.net/flower/kagyo/houttuynia_cordata.html
下は従来のドクダミ、せっせと引いていたのに、洩れ落ちたのが咲いたら写していますよ。(笑い)

明日友達が来るので、水揚げしています。ヤマアジサイ2種と柏葉アジサイです。

ヤマアジサイ・シチダンカです。小さな花ですが、賑やかです。今、剪定を兼ねて切れば捨てずに済みます。

ヤマアジサイ・伊予の花火です。装飾花の切れ込みが好きです。咲き終わるころには、鮮やかな濃いピンクに染まります。こちらも大きくなり過ぎたので、上の切り花に入れました。

名無しの山アジサイです。我が家の山アジサイは3種類です。

ベゴニア・センパーフローレンスです。この花だけは20年来、自生更新して生きています。

黒いのはタケノホソクロバです。今年2匹目です。我が家では主に熊笹に発生して、年末の切り花に使えなくなったりです。もちろん格闘していますが負けています。ホテイチクの一部にも付くことがあります。上のタケノホソクロバはフランスギクに止まっていました。小さな虫3匹は毛織物を食害するヒメマルカツオブシムシです。幼虫が家に入らなければと思いながら、最近虫干ししていません。
大昔、痛くて痒くて皮膚科通いしたのは、椿類に発生するチャドクガのせいでした。このタケノホソクロバの幼虫・毛虫にもかぶれる方がおられるそうですよ。チャドクガ、そろそろ発生時期です。先日から気を付けていますが、今のところは大丈夫です。毛虫の毛が触れないようにして殺虫剤散布、雨の後に枝ごと切って新聞紙にくるんでビニールに入れてゴミ出しです。収集してくださる方に被害が出ては困りますから。

今、来客があって、「直ぐに帰られるなら花を持って行られますか」と。柏葉アジサイ2本、伊予の花火1本、シチダンカ3本を上げました。少なくなった分は切り足しました。湿地性カラー蕾4・花1・葉5、ヒエンソウ5本を別の容器に入れました。彼女、欲しいだけ持って帰るはずです。かなりな量ですが全部でももちろんOKですし。

雨露が残っていて足元が濡れてしまいました。晴れてきています。西の風で曇り、昼過ぎから晴れ、所により明け方に雨、最高28度予報です。外気温は23度、湿度は69%です。10:05の室温は21度、湿度は62%です。

コメント (7)

ブルースターとフランネルソウほか♪

2017-05-25 05:46:46 | Weblog

オキシペタラム・ブルースター(ルリトウワタ)です。花弁が綺麗な水色で咲くときもあります。今は白っぽいです。中心の王冠部分が好きな花です。

フランネルソウ・スイセンノウが咲いてきました。上は5/24に、下は5/23に撮りました。白い短い毛が全草を覆って、フランネルの雰囲気からの名前でしょう。絶えかけて慌てましたが、今は数株あります。種を採りたいと思っています。古い品種は売ってないでしょう。大昔に戴いたものです。

紫のアヤメの花数が増えてきました。少しずつ2か所にあります。アヤメは1茎に2輪咲くのが普通かなと思っています。上は2輪同時に咲いていて、撮ってみたいと思いました。

ムラサキツユクサです。20本以上の大株を2か所、数本まで減らしました。たまたま中心の綿毛に朝日が当たって綺麗だったので5/20に撮りました。フワフワが写っていて嬉しいです。

コモンマロウです。先日から数回マロウティーにしています。この株は、盛大に花を咲かせ始めました。もっとびっしり咲いたときもありますが、今年では一番多かったので撮りました。宿根もしますが、2-3年の寿命かと思っています。

カンパニュラ・アルペンピンクです。藤色ですが、アルペンブルーに対してのピンクです。賑やかに咲いています。画面でも蕾が沢山あります。もうしばらく楽しめます。

極小の天道虫、キイロテントウです。下に写ってるのは私の指先です。ネットによると3.5-5.1mmと出ていますが、3mmあったかなと思っています。「成虫・幼虫ともに、植物につくウドンコ病菌などの菌類を食べる」、益虫です。背中が光っています。参考サイトです。
http://www.insects.jp/kon-tentoukiiro.htm

上はヒメコスカシバ♂です。写しながらスカシバ蛾の仲間らしいと思いました。スカシバガ科スカシバガ亜科の蛾です。下のブドウスカシバを思い出したからです。参考サイトです。
http://www.jpmoth.org/Sesiidae/Sesiinae/Synanthedon_tenuis.html
開張♂14-19・♀16-21で♂が小さいです。体長は1cmほど、コモンマロウの葉の上に止まりました。翅の透け具合からスカシバで探しました。
下はブドウスカシバです。2007.5.20に撮りました。このブドウスカシバは、蛾と分かるまでは蜂に見えましたよ。
ヒメコスカシバは初めて撮りました。今まで出会っていたのかも不明です。

昨夕から雨です。しとしと雨は嬉しいです。長く降っていません。遣り水と違って、まんべんなく浸みてくれるでしょう。雨は土を柔らかく、遣り水は固くすると思っています。
5:45の室温は22度、湿度は59%です。外気温は18度、湿度は98%です。東の風で日中は南の風で雨、昼過ぎから夜のはじめ頃は曇り、最高23度予報です。

 

 

コメント (20)

花も虫も♪

2017-05-24 08:55:58 | Weblog

レースフラワーが咲きました。ホワイトレースフラワーとも。セリ科までは良いのです。和名がドクゼリモドキ、ドクゼリモドキ属ですって。ドクゼリにはまだ出会っていません。

原種サルビアです。サルビア・コクシネア・レディインレッド(ベニバナサルビア)です。最初は苗で買いましたが自生更新です。

マツバギクです。徐々に花数が増えています。光った花弁の質感が好きです。

キンカンの花が1つだけ咲きました。走りです。蕾も見当たりませんのにアワテンボウです。

ヤマアジサイ・シチダンカです。かなり咲いてきて賑やかになってきました。

ラミーカミキリです。手に持つと噛みついてきますよ。我が家ではムクゲに発生して、コモンマロウにも来ます。5/22の朝に撮りました。今朝も含めて14匹捕殺しました。ラミー麻の害虫だそうです。温暖化による北上らしいです。水色の虫は少ないですね。小さくてじっと探して捕っています。一番最初に自生したムクゲが枯れました。この虫が原因の1つかもしれません。

5/23に撮りました。5/22に下の5匹を捕殺です。別に捕殺の1匹とで計10匹です。下の5匹のうちオオスズメバチが1匹、コガタスズメバチが4匹です。オオスズメバチとコガタスズメバチ1匹は蜂取りボトルに入って自殺していました。残り3匹は捕虫網で捕って、殺虫剤を掛けました。さらに1昼夜あまり水中に置きました。今は9匹、網袋の中に入れています。もちろん動きません。5/22昼前から5/23昼まではスズメバチの羽音はしませんでした。5/23夕方、お寺の手伝いから帰って雑草園に出ると大きなスズメバチです。捕虫網が使える位置に来ませんでした。今朝も来ました。同じ蜂かは不明です。

初めて撮る蝶・サトキマダラヒカゲです。なんと、小さな口しか開けていない蜂取りボトルに入っていたのを、昨夕見つけました。出すときに翅を傷めてしまいました。タテハチョウ科キマダラヒカゲ属です。キマダラヒカゲは、サトとヤマに分かれるそうです。滅多に来ない蝶です。初めての出会いと思います。表翅も撮りたかったのですが開こうとしません。モデルの後は外に出しました。地味ですが綺麗な翅は、参考サイトでご覧ください。
http://insects.life.coocan.jp/Janome/Yamakima_Satokima.htm
キマダラモドキという蝶もネットで見ました。見間違いそうなほど似ています。
http://www.h2.dion.ne.jp/~lev.1000/kimadaramo.htm

曇っています。8:55の室温は22.5度、湿度は54%です。外気温は22度、湿度は57%です。北の風のち西の風で曇り、夜は雨、最高26度予報です。

 

 



 

コメント (11)

アヤメと初めての蝶2種♪

2017-05-23 05:41:23 | Weblog

紫のアヤメです。アヤメの花は3枚ずつの花弁が3組ですね。その2番目の花弁の裏も写してみました。我が家の白花は細い花弁でアヤメ模様がはっきりしない品種で、紫と交代するように咲き終わりました。

数年前に買ったクレマチスです。細長い蕾も良いです。下2枚は5/21に、上は5/22に撮りました。開いた花は日に照らされて綺麗でしたが、咲き掛けの色の方が好きです。

クレマチス・マダム・ヴァンフォーテ、一番最初に買ったクレマチスで、白の巨大輪です。咲き始めよりも、だんだんと大きくなります。何回も嫁入りしました。今は増やしていませんが。

自生した親株は枯れて、挿し芽が苗床でずっと生きています。さらに挿し芽と思うのですが、以後は着きません。今年も挑戦します。

クリスマスホーリーの名前で買いました。チャイニーズホーリーの流通名がクリスマスホーリーとネットです。セイヨウヒイラギが本来のクリスマスホーリーのはずですね。花の時期に撮り忘れました。小さな実になったのを見つけて、5/17に撮りました。

プリムラ・シネンシスです。1度咲き終わってから出た短い花茎2本も咲き終わり近しになりました。上は5/14に撮って、もっと咲きそろった頃にもと思っていたのに撮り忘れました。下は5/22に撮りました。種が出来ていれば嬉しいのですが。

ウラナミシジミです。初めて撮りました。シジミチョウ科シジミチョウ亜科です。下翅の目玉模様の部分の先にしっぽがあります。ヤマトシジミよりわずかに大きい?と感じます。しっぽのないヤマトシジミも飛んでいますが、捕らせてくれません。ベニシジミ、今年はまだ見ていません。参考サイトです。
http://www.insects.jp/kon-tyouranamisi.htm

ヒメウラナミジャノメです。タテハチョウ科ジャノメチョウ亜科です。こちらの蝶も初めて撮ります。近日中に今まで撮ったことのない蝶が2匹も見つかって嬉しいです。捕虫網で捕って、玄関内に放して撮りました。参考サイトです。
http://www.insects.jp/kon-tyohimeura.htm

午後はお寺の手伝いです。5:40の室温は23度、湿度は50%です。外気温は17度、湿度は82%です。東の風、日中は西の風、晴れで最高30度予報です。

 



コメント (12)

ホタルブクロとびっくりグミ♪

2017-05-22 09:56:39 | Weblog

花ぐるま様が前に送ってくださったホタルブクロが咲きました。大好きなホタルブクロです。こちらの草丈は長くてお辞儀しています。花の中も写しましたよ。
我が家のも別の場所で自生したのがあります。白と赤紫と前に咲きましたが、今年はどちらが咲くでしょう。まだ蕾は見えません。

上がガーデンヒペリカム・エンビーフレアの花です。先日に1個咲き終わって、今朝は3個咲いています。小さな花が咲いて小さな実がなります。下は2014.8.14に撮った実です。野草のオトギリソウの仲間です。

ビックリグミです。赤くなってきたので見つけました。赤は強しです。今朝撮りました。去年は強剪定したので1つだけかもしれません。赤くなって主張しないと分かりません。ほかのグミより葉も大きいです。最高に実った年でも50個ほどでした。綺麗な実でしょう。大きいので、1個でも甘くて食べ応えがあります。まだ採っていません。

ビワの実です。微かに黄色くなり始めてきました。熟すのは5月末から6月初めです。11月下旬から2月まで花の時期なのに、熟す時期は同じです。株が生理摘果して1枝に1-2個になると、それなりの実の大きさになります。この枝にも、20個以上の花が咲いたと思います。ビワの花の香り、美味しい匂いですよ。

アルストロメリアたちです。良い品種から消えます。1枚目は沢山咲くので切り花にも重宝しています。下の色も良いでしょう。1株ずつで、やっと生きている状態です。

庭植えのサツキツツジが、今年はとても賑やかに咲いています。

アメリカハナノキRed Mapleです。我が家では長い間モミジ類は育ちませんでした。一重にゴマダラカミキリの食害と思っています。かなり伸びてきました。樹液を採るなら太く大きくなのですが、その場所は~無理です。新芽は綺麗です。昨日5/19も撮りました。今朝も負けてない青空です。 

ナミテントウです。ナナホシテントウは律儀にどの個体も同じ星模様ですが、ナミテントウは同じ個体かなと思うほど星の数に違いがあって、地色の違いもです。背中が光っていて動物食、益虫です。沢山アブラムシを食べてね~~。前に撮ったナミテントウをHPに載せています。次の頁の23-42枚目までです。その上がナナホシテントウです。天道虫は次の頁と2枚です。
http://kazuyoo.web.fc2.com/90tentou.html

9:55の室温は22度、湿度は52%です。外気温は24度、湿度は47%です。昨日の最高気温は30.8度だったそうです。南の風のち西の風で晴れ、最高29度予報です。

 

コメント (13)

豌豆ご飯とスズメバチ♪

2017-05-21 09:00:48 | Weblog

昨朝、豌豆の初採りです。夕食に豌豆ご飯を炊きました。馴染んだ味、とても美味しいです。ままごとのエンドウ作りです。たった360gの収穫です。3合のご飯になりました。豆を最初から入れて炊いても、このきれいな色に炊けました。早くから豌豆が売っていても買いませんでした。

昨朝、2匹目のスズメバチです。コガタスズメバチの女王3cmです。女王蜂で25~30mmとネットです。口の上の形からコガタスズメバチと判別です。先にボトルに入ったオオスズメバチ女4.5cmとの比較、見た目でも随分と違うでしょう。太さ、長さ、重さですものね。オオスズメバチらしいのが昨日も飛びました。

こちらは今朝5/21に撮りました。ボトルに2匹入っていたのを水洗いして並べて写しました。多分コガタスズメバチと思います。
今朝、捕殺した1匹は、葉に止まってじっとしていたので、捕虫網で捕まえて殺しました。計5匹です。飛んでるときに捕虫網を振り回しては危険ですので。その後に小さいスズメバチが飛びました。昨日見た大きいスズメバチと2匹は、また来るでしょう。私の知らないうちに蜂取りボトルに入ってほしいです。

ヤマアジサイ・シチダンカです。ヤマアジサイの八重品種、ネットでは何種類か見つけていますが、シチダンカはシーボルトが国に持ち帰ったアジサイの1つです。わずかに装飾花の色が見えてきました。

上はヤマアジサイ・伊予の花火です。下は柏葉アジサイです。両方、咲きかける準備を始めました。

上がジューンベリーで、下がユスラウメです。どちらも小さな実です。ユスラウメは1粒口に入れましたよ。この味!この味です。サクランボの前を通り過ぎたような、いつもの味です。
ジューンベリーは赤紫になったら食べ頃です。ほぼ同じ時期に熟してきます。木の上の方に1個、ビワの実が黄色くなっていますが、ほかは緑のままです。あと10日すれば、熟し始めると思います。

ごく小さな蜂がクレソンの花に来ています。クレソンの花は小さいです。ヤマトツヤハナバチ?かなと思っています。

小さなヒラタアブです。ミナミヒメヒラタアブ?ではと思います。お日様に照らされて光っています。昨日に撮りました。

9:00の室温は22度、湿度は52%です。外気温は23度、湿度は47%です。昨日も水やりに時間を取られました。今朝の朝刊には、昨日の最高気温は30.1度と書いていました。西の風で晴れ、最高気温は31度予報ですよ~~。あ~あ。

コメント (17)

ヒエンソウとホテイチクの筍♪

2017-05-20 08:17:15 | Weblog

ヒエンソウ=チドリソウが咲いてきました。花の姿を鳥に例えた名前ですね。青系統が残っています。花の姿もですが、葉が涼しげで好きです。

アブチロンたちです。もう1種類2色2鉢あります。上がチロリアンランプ、下の小品名は分かりません。小さなチロリアンランプ、これからもう少し大きくなってくれるかな?、鉢替えは秋かな、来春かなと思っています。先日から遅々と進みませんが、鉢替えを少しずつです。

カランコエの八重です。まだ十分綺麗に咲き続けています。

マロウティーです。1杯に15個目安で花を摘んで熱湯をかけると、薄青い色になります。綺麗な色とは言えません。一般にはレモン果汁ですが、私は柚果汁を使っています。綺麗な赤い色に変わる程度に入れます。で、花を1輪浮かべました。

ドラゴンフルーツです。 森林性サボテンの一種の実とネットです。
https://lovegreen.net/library/fruit-tree/p88982/
種ごと食べます。この小さな種から発芽するそうですよ。耐寒性・耐暑性が強いとか。ウチワサボテンはサボテンステーキにするから、その実かなと思っていたのが違ったんですよ~。皮を反転させて実を食べて、皮にわずかに残った極小の種を洗いました。さて発芽するかな?、まずはトライです。
半分は暑くて逃げ帰ったときに、残りは夕方に、疲れたな~と思った時は一段と美味しいです。次に出会ったら、また買います。毎年2個以上は食べています。

ホテイチクのタケノコです。ホテイチクは、奈良では園芸用の竹です。親竹を1-2本残して、次の親になる太めの筍を残します。そのうち生える予定にしています。狭い場所しかやれませんが、地下茎が縦横に広がっています。はみ出した場所に生えた筍は根元から切ります。食べ頃のがやっと4本です。茹でるほどもないのでチンして、甘い山椒味噌です。絶品です。今年もう1度食べられるか?は未定です。
下は2007.5.21の記事に使った画像です。当日か前日に撮ったはずです。10年前には筍の出方が多かったです。地際の親竹の節が短いでしょう。

.

アメリカミズアブです。ネットでは体長15-18mmと書いています。細長いアブです。日に照らされて黒い翅が光っていました。http://www.hegurinosato.sakura.ne.jp/2bangura/vi_abu_hae/americamizuabu.htm

気持ち悪い虫ですが、ナミナナホシテントウの幼虫です。桃の葉にアブラムシが沢山発生しています。天敵に期待です。天道虫やほかの益虫さん、頑張れ~です。

山茶花の葉が膨らんで変形しています。検索したら”もち病”だそうです。虫が寄生したのかなと思ったのですが病気でした。病変した葉を取り除いてるだけですが。サツキツツジの葉も膨らむので取り除いています。参考サイトです。
https://www.shuminoengei.jp/?a=page_s_sickbug_detail30

8:15の室温は19度、湿度は48%です。外気温は17度で、湿度は60%です。東の風、日中は西の風で晴れ、最高29度予報です。暑さとの闘い、水やりもです~。

 

コメント (13)

ハナキリンやカラーほか♪

2017-05-19 08:26:13 | Weblog

ハナキリンです。南側廊下で冬越ししました。枯れたと諦めていたのに、春に外に出してから葉が生き返ってきました。続いて赤い花が見えてきました。5/16に撮っています。

湿地性カラーです。同じく5/16に撮りました。今朝は一段と賑やかです。咲き終わり1、咲いてる花12、蕾11です。狭い場所ですので密に咲いています。

アザレアです。これ以上大きな鉢は買ってなくて、地面に下ろしました。キンモクセイの下なので冬越し出来そうです。念のため挿し芽しておきましょう。

キウイの雄花です。1本結実と書いていたのに雄花しか咲かずに、こちらは挿し芽株、親株は枯れました。特別綺麗というほどではないですが、フェンス際なので残しています。

三尺バーベナ(宿根バーベナ)です。三尺どころではなくて、身長以上高く伸びた先に花が咲いていますよ。咲き終わり花がない分、今は綺麗です。

マツバギクです。歩道花壇にもこのピンクのマツバギクです。2011.4.1に撮ったオレンジ色マツバギクの、次に出会ったら買いたいです。ブログ内に残っている画像を探して載せました。ブログ人からgooブログに移行したときに消えた画像もあります。

ギョリュウバイです。今までで一番賑やかに咲いて、輝いて見えた朝でした。日光が当たって、鮮やかさを増しました。上は5/12に撮りました。

小さな三つ葉の花です。鮮明に撮りたいのにダメ、証拠写真です。その小さな花に、ヒメマルカツオブシムシです。幼虫は毛織物を食害します。三つ葉で見つけたのは初めてです。フランスギクに居ることが多いです。

毛深くて丸っこいハナバチです。チェリーセージホットリップスの蜜を舐めてるようです。1-2匹かなと思うのですが忙しく働いています。

ササグモです。別個体です。頭の若草色の部分が半透明に見える気がしました。若草色が綺麗でした。小さな蜘蛛たち頑張れ~です。

8:25の室温は17.5度、湿度は52%です。外気温は16度、湿度は61%です。西の風で晴れ、最高28度予報です。明日明後日の最高は29度予報です。全国的に高い気温になる予報でしたね。

 

コメント (11)

柿の花とキアゲハほか♪

2017-05-18 06:31:13 | Weblog

次郎柿の花です。次郎柿は甘柿です。蕾は下の色を淡くした色です。白っぽく咲いて下の色になって、上の色になって、茶色くなって極小の実の上で乾燥してから落ちます。今年の花数は多そうです。さて歩留まりは~です。次郎柿は富有柿よりも収量は少ないと思います。次郎柿の方が流通は少ないですが好きなので昔から見つければ買っていました。奈良で一番多く流通してるのは平種無しの合わせ柿です。

トケイソウ・セルレアです。毎日次々と咲いて、昨日では30個以上咲いていたと思います。蕾も次々と大きくなっています。

流通名はヤマホロシで、その名前で買いました。ツルハナナスが標準和名のようです。上が買った時の斑入り葉の花です。斑入り葉が好きで買ったのです。緑葉のヤマホロシは紫~白の花が咲きますから、賑やかで良いですよ。先日から伸びてきたツル、何かなと思っていたら、なんと同じ花、斑入り葉が緑葉に先祖帰りです。なのに、花は白のままです~。(苦笑)
玄関前軒下、フレームを外したままで整理が出来かねています。株の途中から新しいツルなのか、新株なのか確認しなくてはです。意識するほどの種は出来てないのですが。

カンパニュラ・アルペンピンクです。アルペンブルーと一緒に買って残ったのはアルペンピンクです。数年生きています。カンパニュラ類、何種類も買いましたが残ってるのはこれだけです。

ワイルドストロベリーが赤くなってきましたよ。載せたので食べてきます。ストロベリーの原種とか、香りは負けません。小さいけれど味も良く甘いです。

コエビソウです。上が赤で、下が白です。白の方が先から我が家の住人です。エビのしっぽのような苞です。苞の間から花が咲きます。5/12に赤い方を撮って、白い方は昨日5/17に見つけました。まだ咲きかけです。

キアゲハです。ナミアゲハはほぼ毎日見るようになりましたが、キアゲハは滅多に来ません。表翅の上翅の上部付け根部分が黒いのがキアゲハです。春型で小さなキアゲハですが、春型ナミアゲハよりは多少大きく感じました。昨日5/17に撮りました。上から撮った順番に並べています。上3枚は玄関内で、最後は玄関の外で写しました。

ハリカメムシです。初めて撮りました。カメムシ目ヘリカメムシ科ヘリカメムシ亜科です。ヘリカメムシだとは撮る前から分かっていましたが、取り込んでから鋭い針を見つけました。体がさほど細くないこと、針、そして背中の白い紋で判別しました。参考サイトです。
http://www.insects.jp/kon-kamehari.htm

ニジュウヤホシテントウです。背中が光ってるナナホシテントウなどは動物食で益虫、光らないニジュウヤホシテントウなどは植物食で害虫です。我が家ではホオズキの葉と袋を食べてレースにします。昨日見て回って、この虫1匹だけ見つけました。その前に捕殺した1匹がいますが、隠れてるはずですし、生まれてくるでしょう。格闘していつも負けています。ナス科の害虫で、クコの葉も食べます。ナスは下手で作りませんが、トマトの葉も食べます。左下は私の左手親指の先端です。ホウズキの葉を1枚取って、その上に載せて撮りました。動き回ってピントが合わず~~、やっと写りました。

6:30の室温は16.5度、湿度は52%です。外気温は12度で、湿度は81%です。今も乾燥注意報中なのに。気温が上がれば湿度が下がるのでしょう。北西の風のち東の風で晴れ、最高26度予報です。



 

コメント (14)

オオスズメバチの女王とホオズキほか♪

2017-05-17 09:51:33 | Weblog

ホオズキが数本咲き出しています。中央の黄緑の模様が好きです。老眼では見えていない花弁周囲の短い毛も!。小さな花ですが咲くのを待ちます。葉が食べられ始めたのもあります。虫との格闘、先日も少し退治しました。

グリーンネックレスです。以前に枯れたのは丸かったです。こちらは上が尖っています。昔のは1m以上も伸びましたし、今のも60㎝ほどに伸びています。何枚も撮って、まぐれで小さな花が写りました。枝垂れた茎に直接、緑の玉が出来るのではなくて、短い軸があります。花の軸はこの3倍あって、その先端に花ですが、玉も一緒に写したくて細工しています。

今年のトップはオオスズメバチから始まりました。昨朝、鉢取りボトル内で動かなくなっていたのを見つけました。動かないのを何度も確認して液を漉してオオスズメバチはバケツの水に浸けておいて洗いました。上は濡れたままの状態で撮りました。体長4.5cmもあります。さすがにオオスズメバチの女王です。スズメバチの見分けは口の上の形です。背中部分に濃黄茶色の長四角の紋が2-4個あるのが多いですが、かすかに痕跡が見えるだけです。口に何かを咥えています。引き離そうとしましたが、がっちり咥えて取れませんでした。下2枚は乾かしてから、夕方に撮りました。その後、蜂を入れて上から網蓋をしておきました。で、今朝、動かないはずと網蓋を取ったら、なんと腹部の先端が上下に動いています。前にも生き返ったことがあったのです。びっくりしてバケツの水の中に入れて上から蓋をして完全に水没状態にしています。昨日散々触っていたのにです。改めてスズメバチの強靭さを思っています。
ネットによると、オオスズメバチは土手や樹洞に巣を作るそうです。幸いまだ出会ったことはありません。これで1個の巣は無くなりました。先日から飛んでいたスズメバチがこの蜂なら良いのですが、別の蜂かもしれません。7月末までに退治出来るのが一番です。我が家で飛んでは困りますから。 

ハクチョウゲです。見た目の花は白です。小さな葉と小さな花です。撮るのに、いつも苦労します。

ベニキジラミです。カメムシ目キジラミ科です。こちらも小さい虫です。ネットによると体長1.6~2.2mmと書いています。こちらも何枚ものうちの2枚です。見た目、赤いアブラムシです。アケビの汁を吸うそうです。アケビのツル、新芽の先に居ます。写ってやっと見える翅もあります。参考サイトです。
http://mushinavi.com/navi-insect/data-kijirami_beni.htm

痩せたバラです。縁取りとグラデーション、挿し芽鉢のままです。狭いです。植える場所もないまま数年です。

フランスギクです。大昔に買った種の袋にはシャスタ―デージーと印字でした。一区画も咲かせたときもありましたが、今は絶えない程度にしています。

ハコネウツギが咲いています。白で咲き出して、淡いピンクに、さらに赤くなって、花弁先が傷むころには赤紫になって落花します。既に落花を始めた株もあります。

9:50の室温は17度、湿度は55%です。外気温は18度、湿度は49%です。昨夜の天気予報、奈良県に乾燥注意報が出ていました。北の風で晴れ、昼過ぎから時々曇り、所により昼過ぎから夜のはじめ頃に雨で雷を伴う、最高23度予報です。

 

コメント (22)