gardening2

 我が家の花木と昆虫たちです。

過去の記事は、カレンダーやバックナンバーをポイントなさって、ご覧ください。

伊勢ナデシコほか[E:tulip]

2012-05-31 08:33:16 | 日記・エッセイ・コラム

120524kiku 120524wat


左上は先日買った夏菊です。先端は虫に刺されて枯れてしまって、次の花です。

右上はワットソニア・ワトソニア・ヒオウギズイセンです。多い部分を処分して、今年はほんの少しです。強い花ですので消えることはないと思います。


120526ise1 120526ise2


120528ise1 120528ise2


120530ise伊勢ナデシコです。上行は5/26.下行は5/28、下は5/30に撮りました。河原ナデシコが昨年枯れる前に買ったのが、過ぎたるは~の伊勢ナデシコです。咲き始めもそれなりに面白いですが--、花弁が長すぎて、中心部を見せるために手助けなのですよ。


120521sent 120528hime



左上はセントーレア・ギムノカルバ(ピンクダスティーミラー)、白い葉も楽しいアザミを小さくした花型です。

右上、蔓性のヒメノボタンも沢山の花を咲かせてきました。小さな葉と花が可愛いです。


120526ga120526kiberikubihosohamusi


左上はマエアカスカシノメイガ(ツトガ科ノメイガ亜科)です。ヤマホロシに来て止まりました。何度も見てるので載せてると思っていましたが初めてです。キンモクセイやヒイラギを食害するそうです。参考サイトです。
http://www.jpmoth.org/Crambidae/Pyraustinae/Palpita_nigropunctalis.html

右上はキベリクビボソハムシ(ハムシ科クビボソハムシ亜科)5.5mmです。ヤマイモの葉を食害するそうです。同じヤマイモの葉を食害するヤマイモハムシ←(クリック)は、とても多くて見つけたら捕殺です。右上の個体は少なくて、証拠写真です。参考サイトです。
http://www.insects.jp/kon-hamusikiberikubi.htm

昼過ぎから雷雨予報です。今は曇っています。8:30の室温は21度、最高は25度予報です。

コメント (27)

ビックリグミほか[E:tulip]

2012-05-30 09:04:30 | 日記・エッセイ・コラム

120529gumi1 120529gumi2


120529gumi3 びっくりグミです。数年ぶりの豊作です。桃もサクランボも全滅、ユスラウメも数粒ですが。赤くなってきたら実の在り処を主張します。下の小さな実はジューンベリーです。 6個食べて10個手の上、もう少しだけ残っています。たったそれだけでも我が家では豊作なのです。

グミ特有の渋みはありません。大きい分、果肉もあって甘いです。


120525hien 120528hien


ヒエンソウ・チドリソウです。左上は5/25、右上は5/28に撮りました。紫の方が多めに咲きます。自生更新する可愛い花です。


120528hakurei 120528iyonohanabi


左上はクレマチス・白麗:インテグリフォリア系です。今年も咲きだしました。

右上は先日買った山アジサイ・伊予の花火です。装飾花の色が出始めました。咲き進むと名札のようなピンクになるのかな。楽しみにしましょう。


120528tuge 120528zera


左上はイヌツゲの花です。極小の花で偶然に写りました。ダルマツゲと呼んでいたのはマメイヌツゲでした。さらに、これらはツゲ科ツゲ属ではなくてモチノキ科モチノキ属と分かりました。あ~あです。クサツゲと呼んでいたのがツゲ科ツゲ属のようです。

右上は最後に買ったモミジバゼラニュームです。小さくなったその前に買った株と2株生きています。この株に咲くのは買ってから初めてです。


120529hi1 120529hi2


ヒメジャノメ(タテハチョウ科コジャノメ属)です。毎年見ていますから、我が家の付近で孵ってるはずです。蛇の目蝶の仲間は涼しい谷川の流れる付近の印象なのですが、全く異なる我が家のような場所にもです。

ヒメジャノメの食草はススキやカヤツリグサだそうですから、生きられないことはないです。蛇の目蝶の仲間、こんなにいるのですよ。参考サイトです。
http://homepage3.nifty.com/papilio/janome_shasin.html


120526kame 120526hirata


左上はマルシラホシカメムシ(5mm)だそうです。小さくてただ黒っぽいだけの印象でしたが、写ったら、2つの白い斑があります。臭いカメムシの一つです。参考サイトです。
http://aoki2.si.gunma-u.ac.jp/youtyuu/HTMLs/marusiraosikamemusi.html

右上は再度登場のホソヒラタアブです。目が影になりましたが、先日の個体よりも小さめで多数派の茶色の目です。参考サイトです。
http://chigaku.ed.gifu-u.ac.jp/chigakuhp/html/kyo/seibutsu/doubutsu/07hae/hirataabu/hosohirataabu/index.html

昨日昼過ぎの雷雨にはびっくりしました。雨が止んで14:40に家を出て15:00から9月に行われる法要の打ち合わせがお寺でありました。帰ったのは17:00過ぎ、その時も弱い雨と雷は終わってたのかな。一転にわかにかき曇りを地で行く--、出かけなくてはならないのにと心配でした。

9:00の室温は20度です。今日は晴と曇マーク、最高26度予報です。パソコンから離れる時はスリープにしていますが、雷が多くなるとパソコン電源を落として、電話とルーター電源も落として出かける方が安全かなと思います。

コメント (22)

ミツバの花ほか[E:tulip]

2012-05-29 09:07:46 | 日記・エッセイ・コラム

120523mituba 120525mituba


三つ葉の花が咲くともう食用には向きません。ご存じの通り極小の花、トライして負け続けです。今年は何度も食べて重宝しました。うんと昔に種を買って蒔いた三つ葉が自生更新です。


120521bara_2 120527bara


バラも咲き頃を撮ると、綺麗さが際立ちます。左上は安い花束のバラの挿し芽、1本だけ着いた黄色のバラ、我が家の住人になってかなりたちます。右上は挿し芽を頂いたのかな?、苗床のままで細々と生きています。


120519kbery120526kuranbery


クランベリーの花が咲き始めました。去年は実りませんでした。何株目かのこの株は数年生き続けています。腰水にしています。さほど美味しいとは言えない実ですが、今年は実るかな?。120525monsiro 120526monsiro


モンシロチョウです。2ペア以上飛んでいます。画像では分かりませんが、左上の羽の黒い紋は反対側の紋が透けて見えてるようです。左上は5/25、右上は5/26に撮りました。


120527hasujikatuo1 120527hasujikatuo2


120527hasujikatuo3 ハスジカツオゾウムシ(ゾウムシ科カツオゾウムシ亜科)です。ヨモギやキクの葉を食害するそうです。自然界では役に立ってるとしても、我が家の雑草園では困った害虫の一つです。足を掴んでパチリです。例によって指先の汚れは加工しました。

参考サイトです。
http://mushinavi.com/navi-insect/data-zou_katuo_hasuji.htm

9:05の室温は22.5度です。昨日雷雨はありませんでした。今日も不安定らしいです。曇と晴れマークで最高25度予報ですが、雷雨も起こるかもしれないと今朝のテレビでした。

コメント (26)

八重のアマリリスほか[E:tulip]

2012-05-28 07:23:34 | 日記・エッセイ・コラム

120526amariris

120526amariris2


アマリリスです。高かったけれど、欲しくて鉢植えになった球根を昨年買って家で咲きました。まさか今年も咲くとは思わなかったのです。2本立ちで2つずつの蕾があります。とても大きな花です。特別な手入れもせずに、買った鉢のまま先日まででした。花芽らしいのが見えて、慌てて植え替えて肥料もやりました。


120526jbery120526yusura


左上はジューンベリーです。まだ小さな木が2本です。この株の方はそれなりにですが、もう1本は実の付いた枝が枯れこんできて、たった2個の実しかありません。 生きてはいますが--。

右上は赤実のユスラウメです。木が大きくなっていますが不作です。可愛い小果実、どちらも美味しいですよ~。サクランボは実が付かず、桃も実が残りませんでした。


120526kosmos1 120526kosmos2


チョコレートコスモス’チョカモカ’です。もちろん名札のような赤い色では咲きません。深い色が綺麗です。小さい花なのに、ベルベットの質感なのですよ。


120526doku 120526sitidan


左上はドクダミです。今年最初の花です。ドクダミ茶にしたこともありました。今年も花の場所では引いています。たまたま、葉の縁が赤いのに当たりましたよ。

右上は綺麗な色が出てきた山アジサイ・シチダンカです。花はガクアジサイを小さくした形ですが、葉は大きなアジサイとは雰囲気が違います。


120526kama 120525yamato


左上はジューンベリーの葉にいたカマキリの子供です。威嚇のポーズ?でしょう。2cmあったかな?。ちっとも怖くはないのに。

右上はヤマトシジミです。小さい虫たちも賑やかな雑草園です。

晴と曇りマーク、最高が28度予報です。明日も27度予報です。昨日も暑かったです。寒気が上空に流れ込んでいるとか、雷雨予報もです。7:20の室温は22度です。

コメント (22)

アルペンピンク他[E:tulip]

2012-05-27 08:33:11 | 日記・エッセイ・コラム

120524arpen1 120524arpen2


カンパニュラ・アルペンピンクです。昨年、カンパニュラ・アルペンブルーと2株買って同じ鉢に植えました。アルペンブルーが咲きません。極小株がもしかしたら?。アルペンピンクは大株になっています。


120512erige120524erigeron120524gigan1120524gigan2


久しぶりに昨秋、アリウム・ギガンチュームの球根を植えました。4本の茎、2本が先に咲き始めました。咲き進むと一回り大きな球になります。大きなネギ坊主です。


120524nami1120524nami2


(訂正)シマハナアブナミハナアブです。同じ個体です。一生懸命蜜をなめてるのかも?です。シマハナアブナミハナアブの胸部の背側は横筋模様です。一番分化が進んだのが昆虫、植物ではランと聞きますが??。

今回もミミの父様に教えてもらいました。検索をさぼりました。


120525rami1 120525rami2


ラミーカミキリです。小さなカミキリムシです。我が家ではムクゲを食害します。サクランボや百日紅の傍でも見つけるので、それらもややこしいのです。1.5cmほどです。今年は5/24に1匹、5/25に上の1匹、9/26に6匹見つけました。残念なことに、9/26うち2匹が逃げました。小さくてもブルー系は目立ちます。足を掴んでパチリです。(指先の汚れ隠しに加工しました)
参考サイトです。http://kanon1001.web.fc2.com/data_musi/koutyuu/K_kamikiri_musi/rami_kamikiri/rami_kamikiri.htm

先ほど洗濯物を干しました。外は強い日光です。降水確率は低いですが、夕方に雷雨予報もです。最高27度予報、8:30の室温は21度です。

コメント (14)

ブルーエルフィン他[E:tulip]

2012-05-26 09:05:16 | 日記・エッセイ・コラム

120514noth 120523kure


左上はノースポール(クリサンセマム・ノースポール)です。珍しく自生して沢山の花を咲かせています。

右上は自生のクレマチスの挿し芽株、2輪近くに咲いていたのでパチリです。もっと淡い藤色かなですが。咲き進むと薄くなるようです。


120523kiui キウイの雄花です。1本で結実するはずのキウイ(通販)だったのですが雄株でした。それから雌雄株が送られてきたのですが、それも消えました。何度かキウイ苗を追加で買ってますが育ちません。今、雌株らしいのはまだ小さくて、我が家でキウイを口にできそうにないです。強剪定で数年間、花が咲きませんでした。


120523kurero1 120523kurero2


クレロデンドルム・ウガンデンセ(ブルーエルフィン)です。小さな紫の蝶の印象です。沢山咲いてきました。冬は南側廊下で過ごしました。


120516kinsenk_2120524kinkri


左上はキンセンカです。細々と咲いています。

右上はオオキンケイギク・八重咲きです。種を買った翌々年あたりから販売・栽培禁止(特定外来生物指定)になっています。とはいえ、場所をもらえない我が家では増えもしません。細々と自生更新、多年草です。


120524kumo 120524hati


左上はクモの子です。アジサイの株で2か所で孵っていました。1つの巣には300~500匹居る?と思われます。写そうとしたら、ぐ~っと広がりました。何匹大きくなるでしょう。害虫退治しっかりしてね。

右上は10mmあるかな?、小さなハナバチの仲間です。検索しましたが候補だけです。

キバナヒメハナバチ◆ヒメハナバチ科
http://mu4q.net/k/?q=1000395
ヤマトツヤハナバチ◆コシブトハナバチ科
http://mitikusakuttemiyo.web.fc2.com/hachi._kohanabachi.html


120525hosohirata 昨日午後に出会いました。ホソヒラタアブ(ハナアブ科ホソヒラタアブ属)の雄かと思います。眼がとても赤く感じたので撮りました。たまたま、近くに止まってくれました。11mmほどらしいですが、大きめに感じました。眼に焦点が合えばと--、下手だから仕方ないです。

参考サイトです。
http://www.hegurinosato.sakura.ne.jp/2bangura/vi_abu_hae/hosohirataabu.htm

肌寒く感じますが、9:00の室温は20度です。降水確率0%、最高26度予報です。

コメント (20)

幻でない七段花[E:tulip]

2012-05-25 09:01:21 | 日記・エッセイ・コラム

120519hakutyo 120521sitidan


左上はハクチョウゲです。沢山咲いてきました。見た目は白ですが、いつになく淡い藤色の筋が濃い目に写ってくれました。

右上、山アジサイ・シチダンカ(七段花)です。小さな装飾花に色が見え始めました。例のシーボルトが収集して西洋に持ち帰っていたシチダンカです。神戸で見つかるまで、一時は幻の花だったそうです。買って数年になり、挿し芽株も花を付けています。


120521arus120521beni


左上は3種類目のアルストロメリアです。4個の蕾ですが、次の花も虫食いですので載せます。

右上は、ほとんど咲終りの紅更紗ドウダンです。咲き進むと赤い筋が見えてきましたよ。口紅更紗ドウダンと名札の付いたのが園芸店にありました。同時に出会ってたら口紅更紗を買ったと思います。
http://s.webry.info/sp/eijimikami.at.webry.info/201005/article_6.html


120523yuki

ユキノシタが賑やかに咲いています。こんなのでも咲いてるとほっこりとします。あちこちで茂っています。引くのは簡単なので雑草除けの効果もありますが、日陰になって消えたりするものがあるときは注意です。


120523yanagihamusi1120523yanagihamusi2


120523yanagihamusi3 120523yanagihamusi4


今までも居たはずですが、気が付きませんでした。ヤナギハムシ(ハムシ科ハムシ亜科)、1cmほどです。鮮やかな色の小さな虫です。ヒメヤナギで見つけました。甲虫と分かっても何の仲間なのか?です。検索して名前が分かりました。未熟なのは黄色に黒い斑点、成熟するとミカン色に黒い斑点になるそうです。このヒメヤナギを食べて羽化後それほど経ってないのでしょう。参考サイトです。
http://www.insects.jp/kon-hamusiyanagi.htm

http://homepage2.nifty.com/ueda1221/newpageyanagi.htm

9:00の室温は21度です。弱い雨です。最高は20度予報です。

コメント (21)

コモンマロウほか[E:tulip]

2012-05-24 08:42:14 | 日記・エッセイ・コラム

120516beby 120519baby


ベビーサンローズ・ハナツルソウ・ハナツルクサ(ツルナ科アブテニア属)が咲き始めました。小さな花で多肉です。


120517nanten これだけだとなんだかお分かりにならないと思いますが、赤実ナンテンの蕾です。この部分が綺麗だったので撮りました。


120519kingyo 120520kingyo



金魚草です。弱そうでもこの場所で数年生きています。白いキンギョソウしかありません。


120520marou120523tokei


左上はコモンマロウ・モルチアナです。マロウティーの材料です。5/20、今年初めての花、結構濃い色で咲きました。今朝は10個ほど咲いています。少なめでもマロウティーにしましょう。

1カップで15個程度かな、それにレモンなどの柑橘酢を入れるとピンクの綺麗なハーブティーになります。

右上、トケイソウ・セルレアが咲きだしてるのを見つけました。昼前です。今朝も別の株で咲いています。咲終りが2個見つかりましたから、数日前から咲いていたようです。


120521haraguro1 120521haraguro2


120521haraguro3 ハラグロオオテントウです。日本で一番大きなテントウ虫だそうです。 今回で2度目の遭遇、2011.6.29には腹←(クリック)も撮っていました。見た目ナナホシテントウの4倍はありそうです。12~13mmでしょうか。

8:40の室温は19度です。午後は曇りで最高26度予報です。

コメント (16)

甘い~~[E:tulip]

2012-05-23 08:03:45 | 日記・エッセイ・コラム

120522itigo1 120522itigo2


120522itigo3 クサイチゴの実です。右上のように1~2粒しか着かないのが多い中、この2つは、滅多にない綺麗な実です。この実を見たら、何十粒か集まって1つの赤いイチゴになってるのが分かります。甘くて美味しかったですよ~。棘の多い木イチゴ、邪魔だなと思い始めていたけれど、たとえ1粒でも食べられたとなると~です。


120521bugen 120522bugen


南側廊下で冬越しさせて、軒下に出したブーゲンビレアです。赤い蕾(苞)があちこちに出始めています。綺麗な色です。


120521hae1

ギボウシの葉に3匹いました。青黒い方がキンバエ(クロバエ科)です。赤銅色もクロバエの仲間と思います。小さな黒い虫はヤマイモハムシです。

120521hae2


何もハエまでなのですが、小さな画面に収まる範囲に3匹です。クリックしてくださると大きめの画像になります。

ヤマイモハムシはヤマノイモの葉を食害します。見つけては退治しいますが、いったい何百匹いるのでしょう。


120522kure クレマチス:マダム・ヴァンフォーテです。大きく咲きましが、もう一回りも大きくなります。たまに小さな花弁が出ることがありますが一重大輪です。

8:00の室温は19.5度で気持ちの良い光です。夜は曇るようですが、最高26度予報です。

コメント (18)

西洋芍薬が咲きました[E:tulip]

2012-05-22 07:47:27 | 日記・エッセイ・コラム

120516syak 120517syak


120519syaku 一番古くからある西洋芍薬です。通販で3種買って残った1株です。細々と生きていて、今年は3茎咲きます。左上は5/16咲始め、右上は5/17、下は5/19に撮りました。大きな花です。

ボタンは木で株元は木質ですし、芍薬は多年草で冬に地上部は無くなります。


120517kara1畳の池の一角に植えている湿地性のカラーです。沢山咲いています。良い香りがして上等の花です。

今までから下の虫に似た小さな虫がカラーの花粉や苞の上にいたのです。同じかもしれないと遅まきながら退治を始めました。


120519himemarukatuo フランスギクにヒメマルカツオブシムシです。小さな虫がキク科の花に集まって食害です。2mmもあるかなと思うほど小さな虫です。調べたら、幼虫が絹や毛織物を食べるそうですよ。困った虫です。見つけたら即、もっと厳重にします。参考サイトです。
http://mushinavi.com/navi-insect/data-kouchu_katuo_himemaru.htm


120520musi1 120520musi2


120520musi3 2cm程度の虫です。カミキリムシの仲間かなと調べるのですが見つけられません。ゴミムシの仲間かもしれません。意識して見るのは初めてかもしれない甲虫です。

アリスアトキリゴミムシ?(オサムシ科)

http://www.lbm.go.jp/emuseum/zukan/gomimushi/arisuatokirigomimushi.html

(訂正)今回もミミの父様に教えてもらって、ジョウカイボンと確認しました。ジョウカイボン科の虫は140種もいるそうです。参考サイトです。
http://members.jcom.home.ne.jp/fukumitu_mura/syu_k/koucyu8_.html#_kaibon_

7:45の室温は21度で、小雨が降っています。午後は晴れて最高23度予報です。

コメント (24)

ノボタンほか[E:tulip]

2012-05-21 10:28:47 | 日記・エッセイ・コラム

120517miyako1 120517miyako2


紫のミヤコワスレです。先から咲いていたのですが虫が花弁を食べて撮れませんでした。


120517nbotan1 120517nbotan2


左上はノボタン・コートダジュール←(クリック)の新芽です。株が枯れたと思っていたのです。 寒さに弱いことは承知でした。前にも枯らした経験があります。一応、軒下で簡易フレームには入れていませんでした。

右上はヒメノボタンです。ツル性の小さな花です。これが咲いたので、たまたま見に行ったら、コートダジュールの新芽を見つけてルンルンです。今年はちゃんと南側廊下にでも取り込みます。ヒメノボタンは簡易フレームでの冬越しでした。


120517sent1

120517sent2


左上はセントーレア・ギムノカルバ(ピンクダスティーミラー)です。アザミを小さくしたような花が咲きます。棘のない銀葉です。


120512koba 120517hrip


左上はコバノランタナです。極度の寒さでは全くの戸外では枯れます。南側の陽だまり、家の傍では越冬しています。

右上、チェリーセージ・ホットリップスに白が出て来ました。やっぱり白が出る方が可愛いと思います。

今朝はものの見事に失敗です。日蝕は見られませんでした。日蝕メガネを買いそびれました。テレビではそれなりに見ましたが。自業自得ですし、仕方ありません。10:25の室温は22度です。

コメント (25)

越の赤富士ほか[E:tulip]

2012-05-20 08:07:31 | 日記・エッセイ・コラム

120516kosino 120518syak1


120518syak2 何本買っても枯らすので止めておこうと思っていたのに、誘惑に負けて先日シャクナゲを買いました。越の赤富士です。検索すると予想通り西洋シャクナゲです。左上が5/16、ほかは5/18に撮りました。葉には細かい斑がかすかに入っています。蕾の時に買いました。


120518kure大好きな自生のクレマチスの挿し芽株です。苗床のまま、淡い藤色に咲きました。この予備をと思って挿し芽するのですが、まだ着きません。親株が枯れてしまって2年になるのかな?。沢山咲いて綺麗だったのです。


120516nemrsiaネメシアです。簡易フレームの中でも咲いていましたし、滅多になく元気に咲き続けています。ネメシアにしては大きめの花で色も好きです。

曇マークで最高23度予報、8:05の室温は21度です。

コメント (19)

モンシロ蝶と柿の花[E:tulip]

2012-05-19 08:04:22 | 日記・エッセイ・コラム

120516monsiro1 120516monsiro2


モンシロチョウです。 お腹を反らせて交尾拒否行動をしてるのに、何度も近寄ってきていました。それにしても、凄い反り具合です。かなり昔にこんな蝶に出会いました。


120511alus 120516arus


アルストロメリアです。左上は何茎も咲いていますが、右上の赤は2茎だけかもしれません。細々と生きています。もう1色あるのです。3株買い足した内、1色が生きています。今蕾に色が出始めています。


120516rabradorika ラブラドリカという名前の小さなスミレです。赤紫色の画像!、珍しいと思って買ったら、普通の紫です。ショボンです~。


120516hakone 120516musitori


左上はハコネウツギ、ピンクも赤紫も咲いてきました。切って仏間に入れておいたら、部屋に良い香りです。レンゲソウのような匂いなのですよ。今まで戸外では気が付かなかったのです。

右上はムシトリナデシコです。ずっと自生更新しています。咲始めは可愛いです。


120517jiro 120517kureson


左上は柿・次郎柿の花です。ガクが立派でしょう。白い蕾が咲き進むと茶色っぽくなります。ヘタ虫で何年も実が落ちていました。青い実が出来たらせっせとヘタ部分に殺虫剤を掛けて、去年初めて味見しました。昔、我が家にあったトヨカという原種系の柿でしたら、何もしなくても沢山の実を付けましたが。

右上はクレソンの花です。小さい花です。スーパーで買った子孫です。クレソンは先日、天麩羅にしました。

8:00の室温は18度、ちょっと肌寒いです。晴れています。最高26度予報です。

5/21の日蝕、曇りになる確率が高いとか、日蝕メガネは買ってませんが。滅多にない機会です。多くの方の願いが届いて短時間でも見られると良いですね。

コメント (18)

エンドウ粥を[E:tulip]

2012-05-18 08:52:00 | 日記・エッセイ・コラム

120514wvery120517itigo


ワイルドストロベリーです。まだ花も咲いていますが、小さな実が熟してきました。今朝は5粒食べました。爽やかな甘さです。次はいつ食べられるかな?。左上は5/14、右上は5/17に撮りました。


120515jiris



120516jiris


左上は5/15に右上は5/16に撮りました。ジャーマンアイリス・バニティーズチャイルドです。嬉しくてまた撮りました。花の咲いた茎は枯れてしまいます。花茎のない葉が次の花芽を付けます。大丈夫かな?。


120516yuzu1 120516yuzu2


花柚の木は2本あります。5/16親木の方が先に咲きだしました。5/17昨夕には、私が採り木した方にも花が咲き始めました。白い花が綺麗です。


120516bbery120512sent


左上は、強いはずのブラックベリーですが、少し勢力が弱くなってきたのかな。長いシュートの枝(幹?)は1~2年で枯れて更新するようですね。白い花が咲き始めました。

右上はベゴニア・センパーフローレンスです。黄緑の葉にピンクの花、ありふれたベゴニアも咲き始めは可愛いです。極度の寒さでは消えてしまいますが、10年余り自生更新しています。


120517endo1120517endo2


左上はグリンピースです。連作障害を起こすエンドウ、狭いですから僅かな本数しか植えられません。今年は不作です。それに初採りで僅かです。エンドウ入りの塩粥です。エンドウご飯も美味しいですが、粥も美味しいですよ。お試しください。昨夕と今朝、食べました。

昨夜一瞬でしたが強い雨音、雷も鳴りましたし、ヒョウかなと見に出たら大粒の雨でした。テレビにはヒョウの降ったところも写っていました。起きた時は青空でした。今は雲が多めです。降水確率10%晴れマークで最高23度予報です。8:50の室温は20度です。

コメント (29)

オステオスペルマムほか[E:tulip]

2012-05-17 11:21:42 | 日記・エッセイ・コラム

120512oobako 120514kure2


左上は 斑入りのオオバコです。こんなものにまで斑です。綺麗な斑が出ています。短い花茎が出ているのが、パソコンに取り込んでから分かりました。母が貰ってきてから、20年も経つでしょうか。自生更新です。

右上は八重のクレマチスのはずです。昨日午後見たら、蕾が数個ある茎が折れて枯れていました。1期咲だったら株が生きていても来年まで花が見られません。


120512osteos 120513osteos


オステオスペルマムです。 鉢植えにしてマキの木の株もとに鉢植えで放置、2年目になります。生き残って咲いてるのを見つけました。ラッキーです。左上は5/12、右上は5/13に撮りました。お日様が出ないと完全には開きません。


120514tuyukusa 120515tuyukusa


赤い方のムラサキツユクサです。もちろん自生更新です。左上は5/14、右上は5/15に撮りました。今年は赤みが強いです。株ごとに色が違う気がします。としても、どんどん抜いていかないと、狭い雑草園です。


120513beni マーガレットコスモスに止まったベニシジミです。閉じた羽が一瞬見えて、赤みが強いと見えたのに、写った色は~。かろうじてこの1枚だけ写っていました。


120514asti1 120514asti2


120516asti1 120516asti2


左右列上下は同じ花です。 上行は咲始め5/14に、下行は5/16に撮りました。

(追記)花の名前はアスチルベです。近くの園芸店で買ったので小品名はありません。

曇と雨のマークですが、今は気持ち良い陽射しです。11:20の室温は21度、最高27度予報です。

コメント (18)