gardening2

 我が家の花木と昆虫たちです。

過去の記事は、カレンダーやバックナンバーをポイントなさって、ご覧ください。

アブチロンとナミアゲハ4齢幼虫♪

2018-12-09 08:15:15 | Weblog

南側廊下に入れたアブチロンが咲いていました。この花姿のアブチロンは、この色と濃い赤があります。

ピンクのアブチロンです。2鉢と挿し芽株です。上よりも小さな花です。上の花も挿し芽したはずが咲かないから、根付かなかったのでしょう。

ブルーベリーの紅葉です。次の木枯らしで全部落ちてしまうかな?です。

緑葉のオモトです。1か所の株で2茎が実を着けていました。少ない実でも我が家では滅多にないことです。

カランコエ・ラクシフローラ (胡蝶の舞)kalanchoe laxifloraの蕾です。これから、先端の蕾や小さな葉がピンクに染まってきます。咲くのは3月になります。後ろはアロエです。南側廊下に入れています。アロエも奈良では凍ったら、溶けるように腐りますので。下が2018.3.15に撮ったラクシフローラです。花もですが、蕾の時期が長くて、それを楽しんでいます。

オウバイモドキ=雲南オウバイです。旬外れに1-2輪咲いて喜ばせてくれます。花の大きさは旬と同じで、日本のオウバイよりも大きな花です。

ナミアゲハの幼虫です。下の参考サイトによると4齢幼虫らしいです。右上の方が大きいです。山椒よりも強烈な匂いを放つカラスザンショウの葉で見つけました。1年前はもっと大量にいました。葉も多かったですので。今秋の強剪定で少ない葉でも、ちゃんと産み付けに来ています。
5齢を経てサナギになって春までです。春一番のナミアゲハが、春型のうちでも、より小さい理由が分かります。遅く生まれて十分育っていないからでしょう。ちゃんとサナギになるかな、この幼虫たち。
http://hayao.air-nifty.com/blog/2012/09/post-724f.html←参考サイトです。

8:15の室温は9.1度、湿度は63%です。外気温度は2度、湿度は67%です。「西の風 後 北西の風 くもり 時々 晴れ 最高9度」予報です。日の出の時間は2度以下だったのでしょう。冷たい朝です。予報通り、一気に真冬です。

 

コメント (10)

ソシンロウバイの蕾と椿♪

2018-12-08 10:50:17 | Weblog

ソシンロウバイの蕾です。やっと綺麗な黄色が見えてきました。数日で咲いてくれるかな?。今年はここ数年のうちでは遅いです。一番遅かったのはクリスマス頃に最初の開花、一番早かったのは11/20過ぎの開花、ほぼ1カ月のずれがあります。

マユミの葉が落葉を始めていますが、残った葉は真っ赤になりました。

地味なレンギョウの葉の紅葉です。冷えてくると赤紫色の葉に変ります。いずれ落葉します。

カリンの葉もそれなりの紅葉です。こんなカーテン柄も良いのではと思う色合いです。

細い蕾の白椿のすぐそばに生えた子株です。今までは白地に小さなピンク斑が入る椿と思っていました。無地の赤が同じ木に咲きました。赤い花が咲いたのは、今年初めてです。枝が弱いので、何もしなければうつむいて咲いています。鳥は容赦なくぶら下がって蜜を吸っていますよ。白っぽいのがメインの花に赤が咲いたり、反対も有って、ツバキたちは楽しませてくれます。花を寄せてきて撮りました。

斑入り葉のヤツデの花です。上の方から咲き進んで、花が落ちたのか、鳥に食べられたのか、です。若い実に、オバケのQ太郎のように、毛が3本のも見えますが、4本以上のが多いです。紫色にまでなった実を付けた年もありますが、殆どはそれまでに食べられてしまいます。昨日、緑葉のヤツデを見つけましたが抜きました。

ジンジャーリリーです。苞の下から順番に咲いて、どうやら最後の花になったようです。残り花がちゃんと咲いてくれて有難うです。

10:50の室温は12.0度、湿度は68%です。外気温度は9度、湿度は53%です。「西の風 くもり 時々 晴れ 最高11度」予報です。今朝の最低予報は4度、明日は3度予報です。

 

 

コメント (15)

先日買った内から♪

2018-12-07 08:05:17 | Weblog

西洋桜草を2株買いました。まだ買ったポットのままです。栽培農家の方は、4カ月も早く咲かされています。太った元気な株です。

その前に買ったパンジーです。深い紫が気に入っています。

先日寄せ植えしたナデシコが綺麗です。手前のビオラも花数を増やしてきました。

自生のインパチェンスです。この色で数株の芽が出ました。最後に発芽して、ごく短い草丈で咲いています。去年の株が意識の外ですが、この辺りに置いていたのは確かなのでしょう。水色の入れ物は挿し芽用に使っています。この場所にも2本出て、その1本です。インパチェンス、よそのお宅では自生しても、我が家では初めてのこと、驚きながらも嬉しいです。花の画像ストックが無くなりました。何なりと写してこなくては。

8:05の室温は13.8度、湿度は82%です。外気温度は12月度、湿度は77%です。「西の風 後 北西の風 くもり 最高15度」予報です。今日から晴れマークもあったのにです。外に陽射しはゼロ、冬の暗さです。雨も降らなくてはですが、明るい陽射しが良いです。

 

コメント (13)

ミニ椿炉開きとオモトの実♪

2018-12-06 09:45:38 | Weblog

(追加は黄色部分)ミニ椿・炉開きです。苗は何年も前に近くの園芸店で買いました。お茶と雪椿の自然交雑種です。お茶の葉でもなく椿の葉でもなくです。傷んでしまって、2輪目の花です。種は出来たことがありません。もう1個蕾が残っていますが、今冬は不作です。
参考サイト http://aquiya.skr.jp/zukan/Camellia_cvs.html炉開きは一番下にあります。
花の咲く時期が重なる時は?です。稀有な出会いで誕生したようですよ。片親の雪椿の開花は4-6月だそうですし、奈良でお茶の花が咲くは10-12月です。新潟県栃尾市に炉開きの原木があります。葉にお茶の成分が含まれてるそうですが、勿体なくて試せません。

お茶の花です。傷んでいたのが回復してきて、今年は10輪以上咲きました。そろそろ終わり近しです。蕾の時に寒さに当たるか触れるかすれば、花弁に傷が残ります。風かな?と思います。

お茶の花を写しに行って見つけました。我が家のオモトは殆ど実を付けません。斑入り葉は2種類あって、こちらは縁が白いだけのオモトです。毎年も実りませんし、1個の時もあります。

トケイソウ・セルレアです。奈良では常緑です。暖かい時期のように旺盛には伸びません。今は葉もツルも間延びせずに可愛いです。9月までは花が咲いていた記憶です。クルクルの巻きツルが好きです。旬の葉よりもうんと小さくて、それも今の楽しみです。

変わりツバキと勝手に呼んでいる椿です。一重の花弁に長短が出て、変形した花になっています。黄色のシベが薄色なので咲き始めです。咲き進むとオシベが茶色っぽくなって、ポトリと花が落ちます。

ゼラニュームです。だんだんと花の種類が少なくなってきました。少しの赤でも見つけると嬉しいです。蕾もそれなりにあります。

9:45の室温は14.8度、湿度は76%です。外気温度は12度、湿度は77%です。「北東の風 後 北西の風 くもり 昼過ぎ から 雨 最高14度」予報です。一気に冬に戻ります。まだ、平均気温12.2度よりは高いです。1日おきに雨です。明日から4日は晴れ予報です。

 

コメント (6)

マユミと斑入り椿と募金♪

2018-12-05 08:50:31 | Weblog

一部のマユミが爆ぜました。爆ぜたばかりなのに実が食べられて、無くなってるのもあります。落ち始めた葉も赤くて、日が当たったら株全体が燃えるようです。12/1に撮りました。
昨夕、暗くなってから強い雷が2度、久しぶりにびっくりの強い雨が降って、終わったかなと思っても、また強めの雨が降ったので、結構な量が降ったと思います。昨夕の嵐でマユミの葉が、かなり落ちたのではと思います。既に次郎柿の葉はありません。
今朝の新聞に昨日の奈良も夏日だったと出ていていました。外出した時に夏日の中を歩いていたようです。汗になりました。暑かったです。薄い長袖ではなくて、厚めでした。勿論上着は来てませんでしたが。

斑入り椿で、大き目の花です。沢山咲いていても、傷のないのを探すのが難しいです。ふっくら蕾も好きです。

細い蕾の白椿ミニジャングルの仲間です。細かい斑入りと、少しだけ小さめの花が咲く斑入りとあります。下画像は上向きでやっと撮りました。

ミニ葉ボタンです。年末までにもう少し育ってほしいです。供花の根締めに使おうと思って買いました。

サツキツツジです。この部分は、石化(帯化・せっか)の1つと思います。葉の中心に蕾の袋が既に出来ています。が、過密な部分があります。きっと花も小さめになるはず、葉もわずかにあって蕾は正常のものと遜色ない大きさです。'おしくらまんじゅう’しています。

昨日、僅かですが寄付してきました。NHK歳末助け合い募金です。3通同じ趣旨のが届きましたが、全部は出来ません。

久しぶりに小さなステーキを食べました。
私だって少しくらいは人並みに。(爆笑)

8:50の室温は17.5度、湿度は83%です。外気温度は15度、湿度は82%です。「北の風 くもり 昼過ぎ から 時々 晴れ 最高16度」予報です。12/7-11の最低気温は1-3度予報です。最高は8-13度、冬になります。

コメント (12)