のんびりしようよ!

ちょいとひとやすみ

伝説の試合

2017-09-26 23:49:58 | 野球
とうとうその日がきた。きてしまった、井口の引退試合。
あれから1週間、まだなんだかフワフワした気分でいる。
とても充実した幸せな時間だったという満足感と喪失感。

あの日は、朝起きたときから何かが違ってた。
マリンに行きたいが、行ってしまったら何かを失ってしまうのではないかという感覚。

試合開始3時間前に到着するも、引退記念グッズを購入する長蛇の列が。。。
並ぶか悩んだけど、なんだろう心落ち着いて試合開始を迎えたくて、並ぶのやめました。

井口の顔が見える(笑)


撮影ポイントですね


最初にグラウンドに出てきたのは背番号6、、、ん?
あの頭は福浦先生では?
全員の背番号が6というサプライズでした!

福浦だよねー


6がたくさん!!


懐かしい映像から始まり、ファンが思い出に浸れる演出が盛りだくさん!
第1打席でレフト前ヒットが出て盛り上がり&ホッとして。
涌井が初回から飛ばしまくって神ピッチ!
勝てるんじゃないかと思い始めた矢先、アクシデントで涌井が降板。
嫌な予感が的中してあっさり逆転されて苦しい展開に。

2点ビハインドで最終回、井口の最終打席になるかもしれないと誰しも感じたと思う。
ここから伝説が始まる。
代打の清田が必死に繋いで井口に回る。
そしてセンターに伸びる打球、失速せずに伸びてそのままスタンドイン!

熱狂、歓喜、抱擁、そして涙。
マリンに集った3万人が感情を爆発させた瞬間!
野球の神様は本当にいるんだ、と初めてそう思った。
信じられない出来事だった。

井口の打席は、ほぼ全球ストレートだったのは気付いていた。
それでも引退試合で打てる選手はそういないと思う。
この日のためにトレーニングを積んできた結果が、最高の形で花開いたのだろう。

伝説の始まり


サヨナラで引退試合に花を添える


試合後のセレモニーでは、よく撮ってこれたなというメッセージの数々など、球団はできる限りのことをやってくれたと思います。
井口本人、選手、球団関係者、すべての人が全力を出し切って最高の引退試合になりました。

あのホームランの光景は、恐らく生涯忘れないでしょう。
伝説の試合でした。
あの場所に立ち会えたことは最高に幸せです。

笑顔での別れ


最後は胴上げ


井口がマリーンズに来ると知ったときの驚きといったらなかったなぁ。
そして嬉しかったなぁ、やっと補強してくれたって(笑)
マリーンズに来てくれてありがとう!
第2の目標、監督やるんだろうね。
戦力的に厳しいだろうけど、やりたいこと思いっきりやって欲しい。
応援します。

そして、負け試合にもかかわらず最後まで残ってくれたファイターズファンに感謝します。
ありがとう!
試合に勝ったこと以上に嬉しかったですよ。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 熊本城のいま | トップ | レコルトで乾杯! »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

野球」カテゴリの最新記事